« 名張毒ぶどう酒事件 鑑定で主張対立 再審めど立たず | トップページ | 北朝鮮スパイとして服役、在日韓国人に無罪 »

2011年1月13日 (木)

広島高裁:中山長官が着任会見 「頼りがいある司法実現する」 /広島

毎日新聞 1月13日(木)16時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110113-00000270-mailo-l34

 広島高裁長官に就任(昨年12月27日付)した中山隆夫長官(62)は12日、着任会見をし、「国民にとって頼りがいのある司法の実現に努めたい」などと抱負を語った。
 裁判員裁判については「国民の方に協力していただいて順調に推移している」と評価。一方、裁判員が死刑を判断する裁判が出始めていることには「裁判員の心理的なケアをしていかなければならない」などと述べた。
 中山長官は北海道出身。東大法学部卒、那覇地裁判事や千葉地裁所長などを歴任した。趣味はガーデニング。【中里顕】

1月13日朝刊

|

« 名張毒ぶどう酒事件 鑑定で主張対立 再審めど立たず | トップページ | 北朝鮮スパイとして服役、在日韓国人に無罪 »

コメント

生駒市の依頼で、公共用地の適正取得のために、適正な評価事前相談に応じ、適正な鑑定評価手順を尽し、
適正な、正常・実測鑑定評価格を算定した鑑定評価書を、生駒市に作成・交付した、不動産鑑定士の高松です。
嘱託鑑定人と奈良地裁&裁判官によるテキセイ・テキセイ洗脳詐欺犯罪事件により冤罪をデッチアゲられ、基本的人権を撲殺された不動産鑑定士の高松です。ご検討して頂きたい文書があります。アドレスを教えて下さい。
奈良地裁&裁判官の社会制度的地位を悪用して、社会経済を、悉く洗脳(裁判所情報・澤野虚偽価格情報は正しい、正しい筈との非根拠な思い込み、インプリンティング;適正だろう、適正な筈だとミスリードされた成果)された。
下記のWeb記事は、澤野嘱託価格を適正価格,適正評価情報を測定するbenchmark,価値測定尺度であると仮定した場合に、始めて成立する記事内容です。
然し、澤野訴訟・三審判決等から、澤野価格は顕著な不当価格であり、高松価格は適正価格の合理的存在領域内の適正価格であることは、多重に検証確認されている客観的既定の事実です。
即ち、Web引用記事の指摘した事項は、高松範囲では、非存在の公金違法処理事件をデッチアゲした捏造記事となります。
http://kotobank.jp/word/%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E7%94%9F%E9%A7%92%E5%B8%82%E3%81%AE%E5%B1%B1%E6%9E%97%E5%85%88%E8%A1%8C%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8B%E8%83%8C%E4%BB%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

投稿: 高松茂喜 | 2014年3月19日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38464695

この記事へのトラックバック一覧です: 広島高裁:中山長官が着任会見 「頼りがいある司法実現する」 /広島:

« 名張毒ぶどう酒事件 鑑定で主張対立 再審めど立たず | トップページ | 北朝鮮スパイとして服役、在日韓国人に無罪 »