« ジグザグかがわ:犯罪被害者ら、自助グループ目指し模索 NPOが仲介 /香川 | トップページ | <モリのアサガオ>撮影終了 伊藤淳史「役者人生の財産」、死刑囚役ARATAは「全身全霊懸けた」 »

2010年12月 4日 (土)

京都弁護士会:「死刑を考える日」 11日、講演と映画上映 /京都

毎日新聞 12月4日(土)15時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000203-mailo-l26

 京都弁護士会は11日、京都弁護士会館(京都市中京区)で死刑の制度や実態について考える講演と映画上映会「死刑を考える日」を開く。裁判員裁判で死刑判決が2件言い渡され死刑に対する関心が高まる中、同会は「死刑制度を深く考えるきっかけにしてほしい」と話している。
 日本弁護士会の死刑執行停止法制定等提言・決議実現委員会委員長、小林修弁護士が講師。映画は、家族を殺害された遺族が犯人の死刑判決に対して抱いた葛藤を描いた韓国のドキュメンタリー「赦(ゆる)し その遥(はる)かなる道」を上映する。
 午後1~5時。無料。申し込みは不要。問い合わせは同会(電話075・231・2337)へ。【古屋敷尚子】

12月4日朝刊

|

« ジグザグかがわ:犯罪被害者ら、自助グループ目指し模索 NPOが仲介 /香川 | トップページ | <モリのアサガオ>撮影終了 伊藤淳史「役者人生の財産」、死刑囚役ARATAは「全身全霊懸けた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/37959163

この記事へのトラックバック一覧です: 京都弁護士会:「死刑を考える日」 11日、講演と映画上映 /京都:

« ジグザグかがわ:犯罪被害者ら、自助グループ目指し模索 NPOが仲介 /香川 | トップページ | <モリのアサガオ>撮影終了 伊藤淳史「役者人生の財産」、死刑囚役ARATAは「全身全霊懸けた」 »