« 傍聴席向き、深々一礼=判決受け「申し訳ない」―法廷の池田被告・横浜地裁 | トップページ | 裁判員裁判で初、少年に死刑判決…石巻3人殺傷 »

2010年11月23日 (火)

逝く日にむけて

今月の面会で斉藤先生から「生きているうちに、これだけは読んでおきたい本を手紙で知らせるように」と言われ、有り難く思いました。

しかし私が、手元にお金の余裕があれば、購入として読みたいと思っている本は、日本人作家では2人とロマンティック・サスペンスの翻訳小説と小池遼一の劇画ですので、先生に言えば怒られること必至な類の本ばかり、とても言えたものではありません。

やっと涼しくなりましたので、今まで以上に作業に精を出して、それで一冊でも好きな本を多く買って読み、逝く日を静かな気持で待ちたいと思っています。

朝夕は急に肌寒くなりました。年末にむけて来月に入ると増々お仕事ご多忙になる事と思いますが寒さに向かう季節柄、呉々も体調万全にお気をつけて下さい。

毎月本当にありがとうございます。心から感謝しております。相変わらずの乱文乱筆にて失礼いたしました。

                        2010.10.23
                        小田島 鐵男拝

比嘉健二様

PS.比のタレント・ビザの件、何か小さな事でもお耳に入りましたなら、ご一報を宜しくお願い致します。
10月の今日現在まだ守田の確定がないので一応、今年のXマス・正月はこのまま生きて迎えることができるようだと思っています。毎日、回覧される新聞を読む時には、守田の棄却の記事の有無を確かめていますが、記事を見た時には御一報を下さいますようお願い致します。
いつもありがとうございます。
ご高配には心より感謝しております。

|

« 傍聴席向き、深々一礼=判決受け「申し訳ない」―法廷の池田被告・横浜地裁 | トップページ | 裁判員裁判で初、少年に死刑判決…石巻3人殺傷 »

コメント

今迄凶悪犯は死刑が妥当だと思ってましたが森のアサガオを見て考えが少し変わって来ました。でも、被害者の親族や友人の立場に成ればマブチモーターの事件を筆頭に残虐な殺人行為は痛いですね。
死刑に対しては何とも言えないが、残された余生を頑張って生きて下さい。今年の冬は寒いから品質の良いグンゼの肌着を来て冬を越して下さい。
ブログの更新もよろしくお願いします。

投稿: 森のアサガオ | 2010年12月22日 (水) 01時47分

法相更迭されました。後任には民間から勝谷誠彦を推します。
待機囚は半分に減るでしょう。

投稿: | 2010年11月27日 (土) 12時23分

死刑は必要なのかなくしたほうがいいのか、わかりません。

今までは、殺人犯は当然死刑にすべきだと思っていました。が、色んな本を読んだり、人と話し合ったり深く考えたり、歴史を調べたりするうちにわからなくなりました。

考えることを放棄することはしないようにしたいです。

投稿: 二週間で期末テスト | 2010年11月26日 (金) 23時16分

もし、フィリピンの彼女や息子が惨殺されたら、小田島も、やっと被害者の気持ちが分かるでしょう。
最低な考えですが、つい想像しました。

投稿: まり | 2010年11月26日 (金) 14時15分

刑務官の方のコメント投稿を見てみたいです

投稿: | 2010年11月25日 (木) 19時58分

今の状態では、年内の執行はないような気がしてならないです。今回の元法相には、せめてお仕事してから辞めていただきたかったです。でも、ないだろうと思っているのは私だけで、もしかしたら?と言うことも・・・。

投稿: S | 2010年11月25日 (木) 01時42分

その、逝く日までに自分の犯した罪の償いの言葉は聞けるのでしょうか?

投稿: 窓 | 2010年11月24日 (水) 22時38分

犯罪を犯すととんでもない人生が待っている。刑務所も拘置所も入りたく無いです。誤解の無い様に生きたいと思います。

投稿: | 2010年11月24日 (水) 20時40分

私の地元では
(モリのあさがお)は
放送されていません
昨晩にYouTubeで6話で視ましたが やはり
今の死刑制度に考えさせられます。
私は死刑については
賛成も反対もできませんが
ただ言える事は間違いなく 死刑は国家の
合法的 殺人です。
しかし それが

今の日本の法律です。

投稿: あ | 2010年11月24日 (水) 18時24分

こんばんは、初コメントさせて頂きます。

30代半ばの女性です。

小田島さんの文章を読む度、こんな結果になった事に残念な気持ちになりますthink

私も小田島さんと辿ってきた人生と、重なる部分があるからです…。

管理人さんにご質問ですが
東京拘置所に私がお手紙を出した場合
小田島さんの手元に、お手紙は届きますでしょうか?

教えて下さい

投稿: 海の物語 | 2010年11月24日 (水) 02時53分

民主党政権があまりにも不安定なので執行も2~3年はないような気がしております。

短期間の間に法相が3人も入れ替わってるし・・。

投稿: 土建屋42才 | 2010年11月23日 (火) 20時59分

死刑囚と言っても共犯の守田氏の確定がまだなので幾らかはまだ気持ちに余裕があるのかもしれないが、それでも上告から3年近い時間が経過するに従い、徐々に追い詰められてきた感は受ける。

守田氏の上告棄却が確定されて後の小田島氏の心境の移ろいがどうなっていくのか、興味深いところだ。

投稿: 傍観者 | 2010年11月23日 (火) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/37799610

この記事へのトラックバック一覧です: 逝く日にむけて:

« 傍聴席向き、深々一礼=判決受け「申し訳ない」―法廷の池田被告・横浜地裁 | トップページ | 裁判員裁判で初、少年に死刑判決…石巻3人殺傷 »