« 裁判員裁判:池田被告初公判 覚せい剤密輸、弁護側「従属的」強調 /神奈川 | トップページ | 大阪地検特捜部 »

2010年10月13日 (水)

映画:被害者の立場から死刑考える 16日、下京区で上映会 /京都

毎日新聞 10月13日(水)13時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101013-00000180-mailo-l26

 殺人事件の被害者の立場から死刑制度について考えるドキュメンタリー映画「赦(ゆる)し--その遥(はる)かなる道」(08年韓国、100分)の上映会が16日午後6時半から、京都市下京区の「ひと・まち交流館 京都」で開かれる。
 作品には、妻と母、一人息子を殺され、絶望に苦しみつつ犯人を赦す(ゆる )道を選んだ男性や、3人の兄弟を殺され、消えることのない憎悪を糧に生きる男性が登場。残虐な事件の遺族に「赦す」ことが本当に可能かを問いかける。
 京都にんじんの会、ピースムービーメント実行委員会、アムネスティ京都グループの主催。上映後に意見交換会もある。参加費500円。問い合わせは京都にんじんの会の大須賀さん(090・2199・5208)へ。【太田裕之】

|

« 裁判員裁判:池田被告初公判 覚せい剤密輸、弁護側「従属的」強調 /神奈川 | トップページ | 大阪地検特捜部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/37248856

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:被害者の立場から死刑考える 16日、下京区で上映会 /京都:

« 裁判員裁判:池田被告初公判 覚せい剤密輸、弁護側「従属的」強調 /神奈川 | トップページ | 大阪地検特捜部 »