« 耳かき店員ら殺害の公判、裁判員初の死刑求刑も | トップページ | 2女性殺害、二審も死刑=「責任この上なく重い」―大阪高裁 »

2010年10月15日 (金)

「死をもって償うのか、答え出せていない」被告が裁判員に揺れる心情吐露

カナロコ 10月15日(金)9時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101015-00000011-kana-l14

 「どう反省するか。死をもって償うしかないのか。今もその答えは出せていない」。前半区分審理の最後の意見陳述、裁判員を前に池田被告が吐露したのは、自分の犯した罪と向き合い続け、なおも揺れる心情だった。

 とつとつとした語りは10分以上に及んだ。「死をもって償うよりも、生きて償うことは、なおつらいことかもしれない」。直立不動で、そんな言葉も口にした。

 逮捕から1年3カ月。反省や償いの形を考え続けてきたという。

 警察の取り調べでは「おまえの人生の幕は下りたな、と言われた」。弁護団からは「無期懲役になり生きて償うという道もある」と諭された。今年4月には「事件をどう受け止め、公判を待つべきか分からない。指示を頂きたい」という内容の手紙を朝山裁判長に送ったという。

 マージャン店経営をめぐるトラブルから男性2人を殺害したことについて、この日、「2人の命を奪っている」とはっきり認めた。逮捕直後に死刑の可能性があることを理解し、その重みに精神的に追い詰められ、留置場で警察官への暴行に及んだこともあったが、現在の心境は「自分を見詰める時間が必要だと思うところまで至った」と説明した。

 6人の裁判員に対しては、まっすぐ見詰め、「判決が答えを頂くきっかけになれば」。さらに「皆さんの貴重な時間を頂いたことを謝罪させていただきたい」とも述べた。

 後半の区分審理は11月1日に始まり、判決は同16日。問われる強盗殺人罪の法定刑は原則で無期懲役か死刑だ。池田被告は「自分がやったことなので、どんな判決が出ても誰も恨まない。死刑ならば『自分の犯した罪である』と受け入れる。(心の)準備をしていくつもり」と述べ、「(裁判員の)皆さまからの導きをお願いします」と締めくくった。

 深々と頭を下げる被告の姿をある裁判員はうつむきながら、別の裁判員はしっかりと見詰め続けた。

|

« 耳かき店員ら殺害の公判、裁判員初の死刑求刑も | トップページ | 2女性殺害、二審も死刑=「責任この上なく重い」―大阪高裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/37290759

この記事へのトラックバック一覧です: 「死をもって償うのか、答え出せていない」被告が裁判員に揺れる心情吐露:

« 耳かき店員ら殺害の公判、裁判員初の死刑求刑も | トップページ | 2女性殺害、二審も死刑=「責任この上なく重い」―大阪高裁 »