« <松川事件>無罪判決から来年で50年 元被告らが集会 | トップページ | ひたちなかの放火殺人:家族への殺意認定 求刑通り無期懲役--水戸地裁判決 /茨城 »

2010年10月 6日 (水)

釈由美子、獄中結婚する難役で新境地 新ドラマ『モリのアサガオ』

オリコン 10月6日(水)6時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101003-00000000-oric-ent

 女優の釈由美子が、新人刑務官とある死刑囚の絆を描く伊藤淳史主演の新ドラマ『モリのアサガオ』(テレビ東京系 18日スタート)で、死刑確定囚と獄中結婚をする女性・西田夕子役としてゲスト出演することが5日、わかった。過去に犯した過ちを償うために意を決して行動する夕子に対し、釈は「私が同じ立場でも、死刑囚と獄中結婚はやっぱりできずに、ただ1人で罪を明かさず生きていくと思う」と語りながらも難役を受け止め、死刑制度について向き合っていく。

【写真】レギュラー出演する、伊藤淳史&香椎由宇との共演シーン

 釈演じる夕子は、中学生8人の命を奪った放火殺人犯で死刑確定囚の迫仁志(津田寛治)と、手紙のやり取りを行った末に獄中結婚。死刑確定囚とは通常、親族以外の人と面会することができないため、夕子は“妻”となり、事件に反省の色を見せない迫に愛情を注いでいく。

 釈は同作出演にあたり「あまりにも難しすぎるテーマで、テレビドラマで扱うには避けられてきた題材を、あえて正面から挑むことで、私も死刑制度について深く考えるきっかけになりました」と意欲を語る。

 さらに、複雑な心情を抱える夕子を「正義感の強い女性で、自分の罪をずっと責め続け、迫を救うことが、自分を救うことにもなる、重たいカルマを抱えた女性」と捉えた上で、「慈愛の気持ちで、迫に犯した罪を悔い改めてもらうよう精一杯の笑顔で尽くす夕子」とのギャップを念頭に、“女優・釈由美子”が新境地を開く。

 同局系10年ぶりのプライムタイム枠での現代劇ドラマ『モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語』は、10月18日(月)より毎週月曜午後10時より放送。釈は第4話、5話にゲスト出演する。

|

« <松川事件>無罪判決から来年で50年 元被告らが集会 | トップページ | ひたちなかの放火殺人:家族への殺意認定 求刑通り無期懲役--水戸地裁判決 /茨城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/37123444

この記事へのトラックバック一覧です: 釈由美子、獄中結婚する難役で新境地 新ドラマ『モリのアサガオ』:

« <松川事件>無罪判決から来年で50年 元被告らが集会 | トップページ | ひたちなかの放火殺人:家族への殺意認定 求刑通り無期懲役--水戸地裁判決 /茨城 »