« 裁判員裁判 耳かき店員ら殺害…被告「取り返しつかぬ」 | トップページ | 耳かき店員殺害 初の死刑求刑 検察「社会常識で判断を」 »

2010年10月19日 (火)

10/18 斉藤充功死刑囚面会レポート

斉藤充功 リポート映像
今日は10月18日月曜日、一ヵ月ぶりの面会で東京拘置所に来ました。小田島との面会時間は今日は意外と長くて、約25分。話が出来て、相変わらずといいますか、今日は前半の話では、まあ狭い部屋の中で生活して24時間、これだけ一日作業できたとか。あるいは本、雑誌に熱中しているとか。そういうことがでまして。

それであとは、後半になってくるとやっぱり彼はフィリピンに残しているトビーの話。これがほとんどでて、先月、九月彼女の方からトビーの足形手形を書いた便せんが送られてきたと。それを見て足が21cm、身長が115cmになったと。いうことで、ま、非常に彼はびっくりしていて。何かその、次回面会にくる時は、日本人の標準的な子供の体重とか身長とかそういうものが、あったら是非差入れして欲しいと。ま、ここでやはり死刑囚とはいえ、子供の親にはかわりない小田島ですから、子供の話になると顔がやはり穏やかになって、まフィリピンの話に話題が自然と移ってしまったと。

あとは自分の死期についてはもう覚悟をしているということで相棒の守田、これが年内には間違いなく、上告棄却の判決が出るだろう。すると自分としてももはや数カ月後には執行されるだろう。どんなに遅くとも来年の夏、には執行は間違いないだろうと。そのくだりになると非常に真剣な顔で、私の方に目線を向けて話をしてました。しかしまあ血色もよくて話は特に緊張感もなくて、執行されてもおかしくない立場にあってもあれほど強靭な精神力、平常心を持っているということは、まああらためて驚いたんですけど。

また来月、今度は11月に面会に来た時には、たぶん死刑の話が多くなると思うんですけど、まあいずれにしてももう時間がない、それについては覚悟ができてると。いうこと、そのことを今日さかんに言ってました。まあ面会の方も執行されるまで、来ると思うんでまた次回、どんな話がでるか、楽しみにしていて下さい。で、今日の面会の様子はこれで終りたいと思います。

|

« 裁判員裁判 耳かき店員ら殺害…被告「取り返しつかぬ」 | トップページ | 耳かき店員殺害 初の死刑求刑 検察「社会常識で判断を」 »

コメント

なんだかね。

土建屋45才になってもまだこのブログが続いてそーな
予感いっぱいの今日この頃です。

冠さん。。

同い年ですか。なんかうれしいです。

投稿: 土建屋42才 | 2010年10月29日 (金) 23時02分

土建屋さんが42才になられている。という事は我々はかれこれ2年、このブログを見ている事になる。ちなみに私も土建屋さんと同い年です。

投稿: 冠 | 2010年10月29日 (金) 07時21分

すいません。接続詞に、
まぁ、とか、ま~とか多くて読みづらいです。 そこは編集で切っても問題ないと思いますが…

投稿: ゆうじ | 2010年10月28日 (木) 01時16分

モリのアサガオを見て、小田島さんの気持ちを考えてしまいました。かなり精神的にタフですね!小田島さん。
何故、この様な人生になってしまったのでしょう。多分本人は、かなり後悔してると思います。人生をやり直したいと思っていると思います。
小田島さんの人生は、完全に否定され、ことごとく社会から、ゴミ以下扱いされ、存在そのものを忘れられ、晩年の唯一、話が出来る刑務官に処刑されて死ぬ。
自業自得だが、小田島さんの人生は、やり直せません。又、被害者の人生も、やり直せません。

投稿: | 2010年10月27日 (水) 21時15分

 
 「楽しかったフィリピンや息子への想い」のほか、死刑囚監房での暮らし(食事、排泄、性的欲求の処理等)は、ベールに覆われた死刑囚の日常を知ることとして無駄な情報ではないとは思います。

 でも、本当の最期が近づくなか、これまで語っていた「反省しても償いきれないから、しないまま逝く」ということとは別に「人を殺す(した)」ということについて、小田島がどう思っているのかを知りたいです。

「反省しないまま逝く」という考えは、「人を殺した」という事実について、向き合って考えた結果の意見のように見えて、その実、「人を殺した」という事実に触れたくなくて、素通りしているように感じてしまいます。

 「反省する・しないとかではなく、「人を殺した」ということをどう思っていますか?」

 酷な質問だとは思いますが…。もし出来るなら、書面ででも訊いてみて頂ければと思います。  

投稿: | 2010年10月26日 (火) 20時46分

そういうもんなんですよ。

世間は往々にして冷たくて・・。

投稿: 土建屋42才 | 2010年10月25日 (月) 23時25分

まだ、執行ないんだね・・・あーあー・・・早く死ねばいいのになあ。

投稿: 名乗るほどのものじゃない | 2010年10月25日 (月) 22時07分

私も最近感じてた・・コメント少ないですね~
まー懺悔も後悔も無くフィリピンねーちゃんと遊んだとか子供がどーだとか、最初は死刑囚の生の声に興味があったけど、今は本当小田島の事なんてどーでもいいよ

投稿: | 2010年10月25日 (月) 19時05分

コメント少ないですね〜批判より忘れ去れて死ぬ方が辛いですね。本人は日に日に深刻なのに、周りは日に日に小田島さんがどーでもよくなっていく、、、哀れな最期だ、、、

投稿: | 2010年10月24日 (日) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/37306276

この記事へのトラックバック一覧です: 10/18 斉藤充功死刑囚面会レポート:

« 裁判員裁判 耳かき店員ら殺害…被告「取り返しつかぬ」 | トップページ | 耳かき店員殺害 初の死刑求刑 検察「社会常識で判断を」 »