« 死刑執行、慎重かつ厳正に=柳田法相 | トップページ | 菅改造内閣:柳田氏が初入閣 「実績生かし活躍を」支援者ら祝福 /広島 »

2010年9月18日 (土)

「問題提起も道半ば」千葉法相が退任会見、落選閣僚の留任記録を大幅に更新

カナロコ 9月18日(土)2時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100918-00000012-kana-l14

 千葉景子法相が17日退任した。この1年の任期中には凶悪犯罪の公訴時効撤廃の実現、参院選落選、死刑執行、刑場公開など、さまざまな出来事が交錯した。辞表を提出し臨んだ最後の閣議後の会見で吹っ切れたような笑顔を見せたものの「問題提起はできたが、ほとんどが道半ば」と自身の仕事を厳しく総括した。

 「お別れ会見」となった同日の閣議後会見で法相は死刑制度をめぐり、「検証や見直しを行う」とする省内勉強会については「私の退任後も継続される。良い議論が続く」と説明。「法務行政の職責の重さには大変なものがある。それを感じたことについては、しゃべらないまま胸に置いておくものが、ないわけではない」との慎重な言い回しで、死刑をめぐっての心情の一端をのぞかせた。

 「選択的夫婦別姓」の導入など、実現に意欲を示してきた民法改正については「手は付けたが、進まなかったなあという感じ」と反省。それでも「社会の大きな流れとしては、決して否定されるものではない」と語気を強めた。

 退任後の過ごし方についての質問は「ご想像におまかせします」と笑顔でかわした。

 千葉法相の退任した17日は落選から68日目。国政選落選閣僚が留任したこれまでの記録(27日)を大幅に更新した。留任中には、死刑制度廃止論者ながら、2人の死刑を執行するとともに、省内で死刑制度の勉強会を発足。臨時国会の予算委員会(8月初旬)では、「国民の支持目当てに死刑を執行した」などと野党から批判を浴び、「法相の職務として遂行した」と反論した。

|

« 死刑執行、慎重かつ厳正に=柳田法相 | トップページ | 菅改造内閣:柳田氏が初入閣 「実績生かし活躍を」支援者ら祝福 /広島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36932159

この記事へのトラックバック一覧です: 「問題提起も道半ば」千葉法相が退任会見、落選閣僚の留任記録を大幅に更新:

« 死刑執行、慎重かつ厳正に=柳田法相 | トップページ | 菅改造内閣:柳田氏が初入閣 「実績生かし活躍を」支援者ら祝福 /広島 »