« 死刑制度存廃でヒアリングへ=法務省 | トップページ | 袴田事件:検察側開示は7項目 支援団体「すべて出すべきだ」 /静岡 »

2010年9月 7日 (火)

袴田事件:検察、証拠一部開示へ 弁護団「再審に向け前進」 /静岡

毎日新聞 9月7日(火)12時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100907-00000101-mailo-l22

 旧清水市(現静岡市清水区)で1966年、みそ製造会社の専務一家4人が殺害された「袴田事件」で、無実を訴えている袴田巌死刑囚(74)の第2次再審請求をめぐる静岡地裁、静岡地検、弁護団の3者協議で、検察側は13日の次回協議で証拠を一部開示する方針を固めた。3者協議にかかわる複数の関係者が6日、毎日新聞の取材に明らかにした。今回の開示で再審の道が開けるかどうかは不透明だが、証拠開示を求めてきた弁護側は「再審請求事件での証拠開示は全国的な流れで、法務省の姿勢が変わってきたと感じる」との見方を示した。【山田毅】
 昨年7月から始まった3者協議で弁護団は、▽犯行時の着衣とされる5点の衣類が発見された、みそタンクに当時残っていたみその量▽みそ工場の捜索時の写真や報告書--など13点の証拠開示を検察側に求めてきた。
 これに対し検察側は5月の前回協議で「3カ月ほど検討する時間がほしい。任意で開示できるものは開示したい」と述べ、開示の可能性に初めて言及していた。
 3者協議の関係者によると、検察側は6日、開示予定の証拠一覧を弁護団側に提示した。その際、一覧には当時の捜査報告書のほか、衣類5点の捜査にかかわった警察官、衣類の製造元や販売者の調書などが含まれ、事件当時の工場を撮影した写真なども項目に含まれていたという。
 弁護団関係者は「これまで検察側は一切、証拠の開示に応じてこなかった。証拠が開示されれば、内容から捜査当時の工場の様子が明らかになる可能性があり、再審に向けて大きな前進になる」と話した。

9月7日朝刊

|

« 死刑制度存廃でヒアリングへ=法務省 | トップページ | 袴田事件:検察側開示は7項目 支援団体「すべて出すべきだ」 /静岡 »

コメント

この人は間違いなく冤罪です

投稿: | 2010年9月 7日 (火) 22時19分

大体44年も裁判してる事自体異常極まりない。

時の経過と共に当時の記憶も証拠も朽ち果てて真実は逆に捻じ曲がっていくような気がしてならない。

投稿: 土建屋41才 | 2010年9月 7日 (火) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36592087

この記事へのトラックバック一覧です: 袴田事件:検察、証拠一部開示へ 弁護団「再審に向け前進」 /静岡:

« 死刑制度存廃でヒアリングへ=法務省 | トップページ | 袴田事件:検察側開示は7項目 支援団体「すべて出すべきだ」 /静岡 »