« <犯罪被害者>つらさ癒やして10年 自助の会「緒あしす」 | トップページ | 難問山積なのに「大臣替わりすぎ」と官僚苦言 菅改造内閣 »

2010年9月17日 (金)

最後の閣僚会見、千葉法相「重しとれた」

読売新聞 9月17日(金)18時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000898-yom-pol

 菅政権の発足から約100日。内閣改造前で最後となる閣議後の記者会見が17日午前開かれた。

 重責を解かれることにほっとした表情を浮かべる閣僚がいる一方、「道半ば」の政策を残念そうに振り返る声も聞かれた。

 「(前の鳩山内閣と合わせると)ちょうど1年、お世話になりました」

 7月の参院選で落選した後も、菅首相の要請で大臣にとどまった千葉法相。「非力な私だが、何とかここまで来られた。重しがとれたような気持ちがしている」と語った。

 死刑廃止論者でありながら、7月28日には2人の死刑を執行。これまで執行に踏み切った心境などをほとんど明かしておらず、この日も「大臣の職責の重さは大変なものがある」と述べるにとどめた。一方、刑場の公開など死刑制度の情報公開を進めてきたことについては、「裁判員制度が導入されていることを考えると、皆さんが知らないことが多いのはどうか。次の方も真剣に考えていただければ」と期待を表した。

|

« <犯罪被害者>つらさ癒やして10年 自助の会「緒あしす」 | トップページ | 難問山積なのに「大臣替わりすぎ」と官僚苦言 菅改造内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36932111

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の閣僚会見、千葉法相「重しとれた」:

« <犯罪被害者>つらさ癒やして10年 自助の会「緒あしす」 | トップページ | 難問山積なのに「大臣替わりすぎ」と官僚苦言 菅改造内閣 »