« 伏見・男性殺害で弁護側「死刑回避を」 求刑は無期 | トップページ | ジョニー・デップ、殺人事件の冤罪を訴えるコンサートにギタリストとして参加 »

2010年9月 1日 (水)

殺人冤罪で9年間服役、89万元賠償―広西自治区

サーチナ 9月1日(水)20時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100901-00000079-scn-cn

 広西チワン族自治区で殺人罪で執行猶予付きの死刑判決を受けた王子展元服役囚について、判決の取り消しと賠償金89万元の支払が決まった。同氏は冤罪のまま9年間服役していた。31日付北青網が報じた。

 王氏は9年前に起きた強盗殺人事件で犯人の嫌疑を掛けられたが、犯行を否定した上、事件の被害者だとの主張を続けていた。しかし、河池市中級法院と自治区高級人民法院は執行猶予付きの死刑判決を言い渡した。
 
 しかし、2007年に別の男が真犯人として名乗出た。今年8月、裁判所が検察庁の公訴取り消しを認める決定を出した。

 当初、王元服役囚は、75万元の賠償を求めていたが、双方による話し合いの結果、最終的には89万元で合意した。(編集担当:中岡秀夫)

|

« 伏見・男性殺害で弁護側「死刑回避を」 求刑は無期 | トップページ | ジョニー・デップ、殺人事件の冤罪を訴えるコンサートにギタリストとして参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36499745

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人冤罪で9年間服役、89万元賠償―広西自治区:

« 伏見・男性殺害で弁護側「死刑回避を」 求刑は無期 | トップページ | ジョニー・デップ、殺人事件の冤罪を訴えるコンサートにギタリストとして参加 »