« 82歳の大女優ジャンヌ・モローが『死刑台のエレベーター』を語る | トップページ | 松本智津夫死刑囚 最高裁、再審認めず 特別抗告棄却 »

2010年9月14日 (火)

9/13 斉藤充功死刑囚面会レポート

今日は9月の13日月曜日です。相変わらず東京地方は暑くて、時間は14時をちょっとまわったところなんですが、やはり東京拘置所も34度近くの気温で、フーフー言ってます。で、今日も月一回の面会で、小田島と会ってきました。

前回、8月に面会した時は非常にそのシビアな話、死刑、執行、あるいは残り時間、という話が彼の口からずいぶん出たんですが、その時は非常に憔悴(しょうすい)というか、本人の顔も非常にこう、げっそりやせた感じを受けたんですが、今日は、一ヵ月少々、今月の今日の面会では前回と違って、非常に明るく言葉も彼の方から、まあフィリピンの話、あるいは部屋の中で作業しているまくろ張りのこと、あるいは雑誌小説の話、まあいろいろ彼の方から言葉が出まして、あの、ほっとしたんですが、まあ気持の上では非常にまあ一ヵ月近くたったんで、死刑と言うことについては頭からは決して消えないとは思うんですが、今日はそのことは一言もでませんでした。

まあそんな中で今日も作業をしていて大変だなーという話の中で、彼の方から「部屋の中は24時間監視カメラでわたしの生活なんてストイック状態なんですよ」なんて話がでて、私が「年は年とはいえども下の方も少しはむずむずしてくれる時もあるんじゃないか?」という言葉をだしたんですが、まあ、彼は笑ってまして「それは先生、監視カメラで24時間視られているんで、とてもとてもそんなことできませんよ」なんてちょっとニヤッとしてましたけど、要するに今オナニーをやってるかって話をしたんですが、その次彼はニヤッと笑って「いや〜もう、ちょっとできませんなっ」ていうような話がちょっとでました。

まああの、話そのものはたわいないことだったんですが、気持の上では少し、時間がたったんで死刑という問題については安心というか、彼も冷静になったようで今日は特にその言葉はでませんでした。ただまあ暑いのは相変わらずで体の方も特に悪いところはないと。まあ食事は歯の方も少し痛んできているので粥食になっていると。しかし「体重も一時よりも十数キロ減って今64キロですよ」ということで体調はすごくいいと。むしろ食事もお粥を食べている方がなんか、体の具合がいいみたいで「当分の間、お粥食を続けてみたい」というような話が出ました。

今日も面会の時にはフィリピンの方で買ってきたTシャツ、白いTシャツにフィリピンの絵をちょっとデザインしたやつを着てましたが、まあ着てるものはこざっぱり、非常に身ぎれいにしていて、感じも、非常にあれですね、不潔感も全然なくて、清潔だなーということで、ただ印象に残ったのはやはり、終日部屋の中にいるので陽がささない部屋にいるので、ま、非常に肌が白いということだけが、ちょっと今日は、特に印象に残りました。また次回、きた時にはどう変化するかわかりませんけども、小田島の内部をお伝えしたいと思います。

|

« 82歳の大女優ジャンヌ・モローが『死刑台のエレベーター』を語る | トップページ | 松本智津夫死刑囚 最高裁、再審認めず 特別抗告棄却 »

コメント

隣のおばちゃんさんが言っている様にフィリピリとの繋がりがなくなっているのでは?と感じてました。小田島は著作権をなぜ譲渡する事になったのですかね?その約束で毎月5万円の支援を受けていたのでしょうか?とても気になりました。

投稿: 葵 | 2010年9月27日 (月) 11時21分

私もそう思います。監視カメラに隠れてどうやってしているのでしょうね。

投稿: オッチョ | 2010年9月19日 (日) 17時54分

小田島死刑囚は自分の欲望を理性でコントロール出来ない故の成れの果で今があるんでしょうから性欲も旺盛のような印象が強いです。

そして同時に見栄やプライドも分相応以上に高いから、「はい。オナニーも隠れてしてますよ。」
なんて言わないでしょうね。

健康な男性であれば夢精もするでしょうしいい年して
パンツを汚すのもみっともないから隠れてしてそうな
気がしております。

投稿: 土建屋41才 | 2010年9月18日 (土) 13時51分

このブログ自体ドキュメンタリーであり
すべてリアルな訳だから管理人はそのまま変わらずありのままの小田島について伝えてください!
不快に思う人もいると思うが
スルーすれば良いだけだとおもいます。

投稿: 匿名 | 2010年9月18日 (土) 02時12分

面会してありのままの内容を教えてくれているのだから、逆にいいと思いますが。

投稿: オッチョ | 2010年9月17日 (金) 01時09分

最近、フィリピンの家族について触れていませんが、まだ手紙のやりとりは続いているのでしょうか?
《最期の夏》の著作権を譲渡するという話が以前でていたようなので、『金の切れ目が縁の切れ目なのかな』なんて考えたりしたのですが、今回の面会でフィリピンの話がでたのなら、小田島死刑囚の下半身事情よりも、そちらのほうが気になります。

投稿: 隣のおばちゃん | 2010年9月17日 (金) 00時10分

不快な気持にさせてしまった方々には申訳ありません。
ただ、ブログ管理人としましては、誤解を恐れずにいえば死刑囚も我々とおなじ人間なのだなと感じました。生物である以上本能的欲求はあるわけで、死刑囚であろうとそれは変わりはないと思います。

下世話で低俗な秘密ではあるかもしれませんが、これまで知られることのなかった死刑囚の生活の一部として、興味深いものがありました。

投稿: ブログ管理人 | 2010年9月16日 (木) 22時29分

今回の面会では 彼のほうから たくさん言葉が出たとのこと。
個人的な面会なのでしょうから お二人の会話の内容にまで 私が口を出すのは どうかとは思うのですが… 正直 オナニーの話までは聞きたくないかな…と思いました…。どうしても 不快な感じはありますね…。でも やはり個人的に面会をして 本人の知らないところでブログにのせているという状況ですから そのような会話になることもあるのかな…と思いました…。

投稿: A・M | 2010年9月16日 (木) 10時57分

この内容なんですか?不快感を感じます。

投稿: S | 2010年9月16日 (木) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36734784

この記事へのトラックバック一覧です: 9/13 斉藤充功死刑囚面会レポート:

« 82歳の大女優ジャンヌ・モローが『死刑台のエレベーター』を語る | トップページ | 松本智津夫死刑囚 最高裁、再審認めず 特別抗告棄却 »