« 死刑制度存廃でヒアリング=有識者4人から―法務省 | トップページ | 死刑の在り方勉強会開催、存廃有識者らから意見  »

2010年9月 9日 (木)

腐敗摘発トップに猶予付き死刑判決=広東省元高官で3人目―中国

時事通信 9月9日(木)18時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000121-jij-int

 【北京時事】新華社電によると、中国広東省と浙江省で腐敗取り締まり機関のトップを務め、収賄などの罪に問われた王華元被告(61)が9日、山東省棗荘市中級人民法院(地裁)で執行猶予2年の付いた死刑判決を言い渡された。
 昨年相次いで汚職で摘発された広東省の元高官で、執行猶予付きの死刑判決を受けたのは3人目。
 王被告は広東省と浙江省の各共産党委員会規律検査委員会書記を務めた1998~2009年の間、他人の企業経営や昇進、事件処理などで便宜を図った見返りとして、計約771万元(約9500万円)のわいろを受け取った。このほか、約894万元(約1億1000万円)の出所不明の財産を有していたことも罪に認定された。 

|

« 死刑制度存廃でヒアリング=有識者4人から―法務省 | トップページ | 死刑の在り方勉強会開催、存廃有識者らから意見  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36738484

この記事へのトラックバック一覧です: 腐敗摘発トップに猶予付き死刑判決=広東省元高官で3人目―中国:

« 死刑制度存廃でヒアリング=有識者4人から―法務省 | トップページ | 死刑の在り方勉強会開催、存廃有識者らから意見  »