« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 元市公安局課長に猶予付き死刑=収賄、事件でっち上げ―北京 »

2010年8月21日 (土)

<モリのアサガオ>刑務官と死刑囚の友情描く 伊藤淳史主演で連続ドラマに

8月21日18時0分配信 まんたんウェブ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100821-00000011-mantan-ent

新人刑務官と死刑囚の禁断の友情を描いた郷田マモラさんのマンガ「モリのアサガオ」が、テレビ東京系で連続ドラマ化されることが明らかになった。俳優の伊藤淳史さんが新人刑務官・及川直樹を演じ、直樹と深い絆(きずな)で結ばれる死刑囚・渡瀬満を民放の連続ドラマ初出演となるARATAさん、直樹の恋人で新聞記者の沢崎麻美役で香椎由宇さんも出演する。テレビ東京が新設する月曜午後10時のドラマ枠の第1弾として10月から放送される。同局がプライムタイムに現代ドラマを放送するのは10年ぶり。

 「モリのアサガオ」は、若き女性監察医を描いた「きらきらひかる」などを描いた郷田さんが04年4月~07年4月、「漫画アクション」(双葉社)で連載。新人刑務官と死刑囚との交流を通じて、死刑制度のさまざまな問題を描き、07年度の文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。ドラマは、まるで深い“モリ”のように閉ざされた拘置所で、凶悪犯ばかりの死刑囚舎房に配属された温室育ちの刑務官の及川が、何の前触れもなく、当日の午前中のうちに執行されるため、自分たちのことを“アサガオ”のようだと称して、いつ訪れるとも分からない死の影におびえながら過ごす死刑囚たちと接するうちに、死刑の是非の間で揺れ動いていく……という社会派エンターテイメント。伊藤さんらのほか、谷村美月さん、柄本明さん、六平直政さん、温水洋一さん、大杉蓮さんらも出演する。

 伊藤さんは「拘置所の中のドラマだと聞いた時は、あまりに身近に感じてこなかった世界だと思いました。ただでさえ無力な社会人一年目の刑務官が、死刑囚たちにどう向き合っていけばいいのか、等身大の主人公が目の前の現実に驚き、そこでしかあり得ない生身のふれあいの中で悩み苦しむ姿を、ドラマを見てくださる方々に少しでも近い感覚で表現できたらと思っています。いままでにない、難しい職業の役柄で不安もありますが、スタッフ・キャストの皆さんと共に、心を込めて挑戦していきます」と意気込んでいる。

 森田昇プロデューサーは「死刑という、全く見えず、知られていない世界。新米刑務官を通し、この知られざる拘置所という世界と、死刑囚の実態、そしてそこで起きるさまざまな人間ドラマを描ければと思います。限られた命の人間と、それに携わる刑務官の生きざまは、我々の想像をはるかに超えた心揺さぶるものです。今までのテレビや映画で描かれてきた人間ドラマより、さらに強く深く我々の心に訴えてくる作品になると思います」とコメントしている。ドラマは10月から毎週月曜午後10時放送予定。(毎日新聞デジタル)

|

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 元市公安局課長に猶予付き死刑=収賄、事件でっち上げ―北京 »

コメント

amazonのアドレスです。
http://www.amazon.co.jp/モリのアサガオ―新人刑務官と或る死刑囚の物語-ACTION-COMICS-郷田-マモラ/dp/4575830402

自分は漫画は読みました。作品としてもおもしろく、綿密に取材されていると思います。漫画なので視覚的にもわかりやすく、死刑囚のことを知るにもちょうどいいと思います。ドラマ楽しみです。

投稿: ブログ管理人 | 2010年8月25日 (水) 15時10分

私はかなり前から全巻持っています。反省するのは当たり前、中には最期まで全く反省しない死刑囚もいますね。小田島はどちらかはわかりませんが、何の罪もない人を自分の欲望のためだけに殺害した事実は執行されるまで消えません。

投稿: C | 2010年8月24日 (火) 20時25分

つい最近 全巻を読ませていただいたばかりなので とても楽しみです。漫画を読まない私は 失礼ですが はじめは 漫画かぁ…と思い 期待せずに読み始めたのですが 見事に裏切ってくれる作品でした。死刑囚の心の移り変わりや他人には見せない内面、刑務官の苦悩、とてもわかりやすくて何度も泣いてしまいました。この作品が映像化されるのなら 一層 心に迫ってくるものがあるのではないかと思います。小田島に対して 反省の色がない と決めつけていらっしゃる方々に 是非 見ていただきたいと思います。死刑囚の心の内は 決して 言葉や文字にしたものが全てではないということが わかっていただけるのではないでしょうか。

投稿: A・M | 2010年8月24日 (火) 11時01分

非常に興味深いです。日本の死刑は、とても閉鎖的です。死刑だけではありませんが・・・。死刑と言うものが、どんなものか?死刑囚や色んな人の見方があると思います。ずっと気になっていた作品なので、是非観たいと思います。

投稿: S | 2010年8月23日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/36322031

この記事へのトラックバック一覧です: <モリのアサガオ>刑務官と死刑囚の友情描く 伊藤淳史主演で連続ドラマに:

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 元市公安局課長に猶予付き死刑=収賄、事件でっち上げ―北京 »