« 古本購入のお願い2 | トップページ | 米国で14年ぶり銃殺刑、射撃手5人が一斉発射 »

2010年6月16日 (水)

目標

3月下旬に東側の独房から西側に移り、当初は夕陽が外壁の太い柱の陰で日没し、室内にまったく陽が入りませんでした。

そのご陽脚が伸び5月始頃から日没前の夕陽が室内に入るようになりました。近頃は4時頃から日没まで夕陽が入ります。その分これから暑くなり大変ですが少しでも陽射しが入り室内が明るいのは気持が良いです。この数日前から5時の仮就寝頃から寝顔に夕陽が当たり暑いため、日曜(6/6)の今日、まだ寝ずにこの手紙を書いています。

死刑確定者として先(将来)に希望・目的というか目標がまったく無い檻の中の私は、昼食前に胴貼りを終らせて、午後の休憩時間までに角底を折り終わらせ、明朝には製品○○枚を納めたい、と思いながら毎日、一日の時間を細かく区切って作業の手を動かしています。そうしたとても目標などとは云えないようなことしか目標にすることがない、そう思うと何とも辛いものがあり、ともすればウツだけが日ごとに嵩じます。

それで目標を作ることにしました。さしあたって8月のTobyの5才の誕生日には何もしてやれません。それは仕方がありませんが、毎月3,000円残してXマスにTobyへ2万円(手数料2,000プラス)振込してやることを目標にすることにしました。その実現のためにも暑くなる前の6月は特に頑張って作業に励みたいと思っています。

梅雨入りも間近と思います。体調を崩しやすい時期ですので健康には呉々もお気をつけ下さい。

相変わらずとりとめのない乱文にて失礼致しました。本当にいつもありがとうございます。
又、書きます。

2010.6.6(日) 19:00.Pm
小田島鐵男 拝

比嘉健二様

|

« 古本購入のお願い2 | トップページ | 米国で14年ぶり銃殺刑、射撃手5人が一斉発射 »

コメント

やっぱし親なんだね
なんだか虚しいね

もう少し優しい気持ちが
芽生えてればちがかったのに

やった事は許されないけど
無期懲役になって子供の成長
被害者に対する反省の方が
この人にはあってるのかもね

大切な人、守りたい人が
できた時人は過去の過ちや
自分の愚かさが分かって
成長するんだもんね

投稿: | 2010年11月15日 (月) 04時26分

管理人さん、解答ありがとうございます。
ひと月分を纏めて封筒の裏に書いてくるようになったのですか…。全ては紙や切手など、節約のためなのでしょうね…。
食べたい物も買わずに 我慢しているのでしょうか…。
なぜ、外でもそのような堅実、謙虚な気持ちでいられなかったのか…。彼に、もう一度だけ 人生を生きなおすチャンスを与えてほしいと思ってしまいます。
管理人さん、このようなブログの管理をされることは、何かと大変かと思いますが、これからも是非続けて下さい。これから益々暑くなってまいりますが、どうぞお身体を大切になさって下さい。


投稿: A・M | 2010年6月22日 (火) 18時06分

>A・Mさま

こんにちは。ご質問ありがとうございます。以前の小田島死刑囚の手紙は「◯月◯日 〜をしました」という書き方でした。しかし最近は一月にあった出来事や思ったことをまとめて書くような手紙になりました。それを何回かにわけてアップしているので、当初と比べると更新の頻度が少なくなっております。できれば以前のような形で更新をしたいのですが、小田島死刑囚の手紙によるので仕方ないことと考えております。

手紙の書き方については、小田島死刑囚自身の心の変化が関係あるのかもしれません。最近は封筒に便せん何枚か、という形ではなく、封筒の内側に文章を書いていたりします。これは便せんの用紙の紙を節約しているのではないかと、比嘉が言っておりました。

投稿: ブログ管理人 | 2010年6月21日 (月) 20時37分

管理人さん、ブログの更新が遅れているようですが、彼に何かあったわけではないですよね?!
とても心配で、1日に何度もチェックしているのですが…。

投稿: A・M | 2010年6月21日 (月) 12時27分

今、一生懸命、励むことによって徳積みをし、悪い因縁を清められることが、今できることと思います。心の中で過去の行いを顧みたり、人を想い、喜怒哀楽することは人としての気持ちを豊にできると思います。孤独で切ない日もあるでしょうけど、どうか気持ちを清らかにして、自分にも思いやりをもって大事になさってください。自分を責めすぎても陰気になってしまうとおもいます。

投稿: yamamaru | 2010年6月20日 (日) 14時10分

最期のその時もTobyくんを想ってる事でしょう 批判は有るでしょうが生きている間 息子に送金する事は同じく比に子供が居る私には共感できます 小田島氏はもう二度と愛する息子には会えない これは身を切る思いでしょう 重大事件を起こしたにしても...

投稿: Bow | 2010年6月20日 (日) 12時48分

息子さんの件は自分自身区切りをつけたのだから、できたら息子さんへではなく、被害者のかた達の為に働いてほしいなと思いました。

投稿: 四十路風俗嬢 | 2010年6月18日 (金) 20時19分

彼は 汗水垂らして一生懸命働いて得た賃金の尊さ嬉しさを 今やっと知ったのかもしれませんね。ましてや それが 愛する我が子、愛する妻の為なら なおさら 労働することも苦ではなく、むしろ喜びでさえあると 気づいたのではないでしょうか。彼に、もう一度 人生を生き直すチャンスがあるなら、きっと 良き夫 良き父になってくれるのではないかと思います。

投稿: A・M | 2010年6月17日 (木) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/35298625

この記事へのトラックバック一覧です: 目標:

« 古本購入のお願い2 | トップページ | 米国で14年ぶり銃殺刑、射撃手5人が一斉発射 »