« 久々の小説 | トップページ | 生きている実感 »

2010年3月24日 (水)

3/24 小田島鐵男面会レポート

今日は3/24水曜日、東京は朝から雨でしたが、小田島に月一回の面会、今日も行ってきました。

今日の面会の時間は20分ぐらいでしたが、話の中で「おや?」と思う話が出て、ちょっと説明しておきます。一つは「弁護士を通じて再審請求を出す」という話を情報として私が得たもんで、そのことを今日本人に確認にいったことが一点。それからあとは日々のことについて聞いてきたんですが、まず一点目の再審査請求については小田島の話をまとめると、弁護士の方から再審請求というよりも、「控訴の取り下げについて無効」ということを改めて裁判所の方に出した方がいいんじゃないかと、積極的な働きかけが弁護士側から出た。

それに対して小田島は「そういうことは無理だろうけども、一応まあ弁護士がやってくれるんだったら書いてみたい」ということで書類を出した。と、基本的には「再審査請求のための弁護士との相談ではないんだ」ということと、弁護士からその話が出たのが面会に来て出たのが1月であると、それから2ヵ月を経過して今日に至っても弁護士から結果について連絡が来ないということで、本人もそれ自体については期待というか、それほど重用視していないようで、むしろ現状ではそのことよりも、いったん自分としては身辺整理、それは特にフィリピンに対する仕送りというか、お金を送ることもすべて終ったと。

あとは日々生活する最小限の日用品の購入について月、4〜5千円かかると。そのためには「房内で自弁作業をする」。それが始まった。具体的には紙袋作りで、のり付けの仕事、それからセロハンテープではる仕事、一日約2時間くらい働いて仕上げるのがだいたい80枚から100枚くらい。金額にすると300円前後。月に15、6日働いて4000円前後じゃないかと。それだけの月間の収入があれば日用品も含めてまかなえるということで「当分の間は房内作業をしていきます」と話していました。

それからあとは普段とまったく様子も変わらずに、本人はこちらの質問に冷静に答えていて、再審請求ということはむしろ自分としてはそれはあり得ないだろうと、いったようなことを説明していて、積極的に再審査請求に取り組んでいく気持はないと、話していました。あと前回の2月の面会と比べると、今日は意外と落ち込んでいる様子もなく、日常生活をいろいろと語ってくれました。そういうことで一番気にかかっていた、再審請求に関することは、まったくゆうよちがうことで本人は、出る段階ではまったく書類も出していない、そういう気持はないんだと、二度三度強調していました。今日は30分くらいの面会の中で最近ちょっと変わった小田島に関するニュースをして弁護士側が働きかけた、再審請求あるいは控訴無効ということについての、事実の確認をしたところが、前段説明したような答えが小田島の方から返ってきたということで、今日の久しぶりの、小田島の面会の報告はこれで終りたいと思います。

|

« 久々の小説 | トップページ | 生きている実感 »

コメント

>携帯からの方
レポートを字に起こしています。少々お待ちを…
携帯からちゃんと見る事ができるようにしないとですね。すいません。

>土建屋41才さん
麻原死刑囚ではありませんが、漫画ナックルズで「大牟田4人殺害事件」の犯人北村考綋死刑囚(上告中)に面会する企画はありました。
http://www.amazon.co.jp/日本裏現場-ミリオンコミックス-ナックルズコミック-25/dp/4813052436/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1270182866&sr=8-1-catcorr

麻原死刑囚の企画ができないか編集部にきいてみますね。

投稿: ブログ管理人 | 2010年4月 2日 (金) 13時36分

たまに「死刑は国家による殺人で残酷だから反対だ」という人がいますが、そういう意見を耳にする度に「じゃあ、死刑囚と違って何にも悪い事してないのに殺されたのは残酷ではないんですか?」と言いたくなります。悪い事したらそれ相応の罰がある。これ当然。檻の中で死にたくなきゃ、はじめから悪い事なんてしなけりゃいいんです。死刑反対の方は一番可哀想な被害者の存在を忘れていませんか?

投稿: | 2010年4月 2日 (金) 01時20分

レポート、携帯からだと見れないので、文字に起こして欲しいです…。

投稿: | 2010年3月27日 (土) 08時41分

小田島死刑囚の近況も興味があるところですが
麻原死刑囚の近況が知りたい。

たまにそういう企画は出来ないのでしょうか。

投稿: 土建屋41才 | 2010年3月25日 (木) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/33922929

この記事へのトラックバック一覧です: 3/24 小田島鐵男面会レポート:

« 久々の小説 | トップページ | 生きている実感 »