« 光母子殺害の実名本、元少年が差し止め提訴 | トップページ | 書籍化に関して »

2009年11月 4日 (水)

息子の写真

8/28のTobyの誕生日に合わせて、送金しましたが、9/16にRevyから写真5枚同封の手紙が届きました。

"Tobyは幼稚園に通っている。書くのが好き(字か絵か?)です。身長105cm、体重27kg、すごい大きいです"と書いてある通り、4才になったばかりのTobyの写真を見ると、とても四才児とは思えない位大きく見えて嬉しいかぎりです。

新聞で"9/26~27にかけて台風16号がマニラ近郊を直撃、豪雨のため河川の増水、洪水、土砂崩れで死亡300人超、57万人避難生活、被災者194万人。特にケソン、マリキナの被害大"の報。このマリキナはグリーンランドの隣町です。グリーンランドはまず大丈夫だと思いますが、レビーの親類が被災しなかったかだろうかを案じていました。

10月に入ったとたんにインドネシア等で地震津波のため大被害。これも温暖化の影響?
オリンピック開催誘致に数百億円使い、開催地になれず!この不景気の中で、馬鹿な金の使い方の見本のようなものだと、思うことしきりです。この中で回覧で見ることができる読売新聞を見ていると、読者に反民主党的感情を喚起させたい意向の記事が目立つ様に思います。購読料よりも広告料に経営を頼る新聞社としては、大口広告主の大企業優先政策をとる自民党復活を望んで必死なのか、と思います。

この中もすっかり涼しくなりました。今月中はすごしやすいです。
比嘉さんのお仕事は、他業種よりも一ヵ月早くから年末の忙しさが始まりますので、今月あたりから顕著になることと思います。寒くなると新型インフルエンザの流行が本格化するそうです。持病がある人や体調不良の人が感染すると重症化するようですので、ご多忙で大変な時期ですが呉々も体調万全にご注意下さい。
いつも本当にありがとうございます。
又、書きます。
2009.10.3
小田島鐵男

比嘉健二様

|

« 光母子殺害の実名本、元少年が差し止め提訴 | トップページ | 書籍化に関して »

コメント

私は死刑執行反対です。命に命をというのは、あまりにも原始的な考え方ではないですか?犯してしまった罪の重さを一生真剣にうけとめるよう、そしてその重さに気づいた時、はじめて犠牲者はうかばれるのでは。なくなってしまった命はどうしても帰ってきません。その命をうばってものが、その重さにも気づかずに死刑執行された時、本当の悲劇だと思います。

投稿: 命の重さ | 2009年12月30日 (水) 03時15分

英火さんへ

死刑賛成の理由は、感情で言えば私の一番嫌いな殺人を犯した人だから。

投稿: 四十路風俗嬢 | 2009年11月24日 (火) 14時02分

死刑賛成です。理由は単純に人を殺したらそいつの命で償うのは当たり前。小田島のような極悪犯は命がいくつあっても足りない。

投稿: かかし | 2009年11月21日 (土) 03時53分

四十路風俗嬢(11月20日(金)01時32分)さんへ。お返事ありがとうございました。"死刑は嫌だけど、殺人犯は死刑にすべき。でも理由らしい理由は口にできない"というのは、どこかで自分の気持ちを偽っているからではないでしょうか。

これは11月18日(水)01時47分の方などにも言えることですが、もう少し内面を掘り下げてなぜ自分は死刑に賛成しているのか、その理由は正当なものなのか、考えてみることも必要だと思います。私も四十路風俗嬢さんも主権者として、人間を殺す国家事業に加担しているのですから。

あと、私の名前は「英火」と言います、はじめまして。斜体になるからちょっと見難いですよね。携帯からだと勝手が違うのかもしれませんが、私の場合は宛名はいつもコピペです。

投稿: 英火 | 2009年11月20日 (金) 22時06分

栄火さんへ
私個人の気持ちは殺人にしても死刑にしても人を殺める事は嫌です。ただ、じゃあ死刑を無くしましょうとは考えられないのです。
今現在死刑があるからとかじゃなくて、殺人を犯した犯罪者に対する罰則は死刑なんじゃないのかなと個人的に思います。

投稿: 四十路風俗嬢 | 2009年11月20日 (金) 01時32分

別に難しく考えないで今この日本国の法律に従えばいいんじゃないの?死刑になったやつは早く死刑になるべき。法務大臣が死刑反対派なら執行のハンコおさないならなんの為に法律ってあるの?矛盾してない?

投稿: | 2009年11月18日 (水) 01時47分

四十路風俗嬢さん(11月16日(月)23時38分)へ。社会にとって価値のない人間やお荷物になる人間を排除してよいなどとまさか本気で考えているわけではないと思います。死刑を手放したくないという気持ちが先にあるからこそ、そういう理由を見つけてしまったのではないでしょうか。議論に勝つための理屈ではなく奥底にある本当の気持ちを聞かせてください。

投稿: 英火 | 2009年11月17日 (火) 19時15分

単純な話を必要以上に難しく感じさせるのは私の文章力がマズいからですね、ごめんなさい。

たとえば"死刑制度があるから執行すべき"と言いながら"法務大臣が執行判断する現行制度に反発するのはおかしいですよね。「○○を殺したい」という気持ちがあるから、そのようなダブルスタンダードが生まれるのではないでしょうか。

事案によって遺族感情を刑罰の理由にしたりしなかったりするのも、「○○を殺したい」という判断が先に立っているからだと思います。

と、そんな感じで、自分自身の願望をいつまでも自分以外のもののせいにしていては死刑に対する理解が一向に深まらないのではないかと心配しています。

投稿: 英火 | 2009年11月17日 (火) 17時44分

>>焔さんへ
コメントありがとうございます。そして読み方も教えてくださって、ありがとうございます。一部の死刑反対派の方々の、そういった行動をとられるだけで色んな意味で矛盾してると思いますね。死刑制度が、あるのなら執行するべきと言うのも、サインするのも非人間的なんかではないのですから。死刑賛成派と死刑反対派では、いくら話をしても平行線で終わってしまうのでは、ないでしょうか・・・。

投稿: S | 2009年11月17日 (火) 08時34分

英火さん あなたは難しい言葉を並べていますが内容が何を言いたいのかさっぱりわかりません。普通に分かりやすく何が言いたいのか説明してください。

投稿: 博士 | 2009年11月17日 (火) 00時07分

難しい事は解らないのでコメントするか迷いました。かけ離れていたらすみません。よく出てくる言葉で"更正"ってありますよね。"生きる価値"という言葉も。私はこの二つの言葉に尽きると思うのですが…。更正できれば死刑の判決は下されない。生きる価値がないから死刑…。問題は更正と生きる価値の判断基準ですよね?現在の基準は見直さなければいけないと思うのですが。大変難しいです。

投稿: 四十路風俗嬢 | 2009年11月16日 (月) 23時38分

ご遺族の心情を使った論調から果ては"制度があるから執行すべき"論まで、死刑執行すべき理由はいくらでも思いつくかもしれません。でも、自身の加虐願望を自分以外のものに転嫁するのはそろそろ止めにすべきだと思います。

私たちは本当に、ご遺族の心情を理由に刑罰を決めているでしょうか。たとえば罰金50万円(過失致死の最高刑)の"何の罪もない"被害者の価値がご遺族にとってその程度であるはずはありません。そもそもご遺族の悲しみや被害者の人間的価値に序列をつけるなど、不遜極まりないことです。であるならば、普段は被告人の社会的危険性に応じて量刑判断しているのに、特定の事件に限って遺族感情や償いを刑罰の理由に加えるのは(または評価の大きさを加減するのは)、ひとつの法体系として明らかに矛盾しています。

そうではなく単に現制度に追従するだけだというなら、検察が死刑を提案して大臣(その権限の正当性は民主政治の諸原則に裏打ちされています)が決裁する現制度の仕組をただ黙って認めればよいはずです。裁判の役目や訴訟上の問題については前回書きました。

というわけで、日本は衆愚政治を行う国ではなく、議会制民主主義の国です。最終判断が多数決に委ねられるとはいえ、そこでの判断は議論に耐え得る筋道の通ったものでなくてはなりません。付け焼刃であることが一見してわかる虚偽の理由付けをいつまでも繰り返していては埒が明かないと思います。

投稿: 英火 | 2009年11月16日 (月) 20時17分

死刑とは健康な人間が合法的に強制的に殺される刑。

死刑囚は毎日、いつ自分にお迎えがくるか、怯えている筈。

死刑囚は死刑そのものよりも、死刑を迎えるまでの期間が一番
恐いと聞いた事がある。

なので、死刑執行しなくても、死の恐怖は十分に味合わせる事ができる。(精神がおかしくなった死刑囚もいるみたい。)

そういう意味では、現法務大臣は、最も残酷な大臣と言えるかも(笑)

投稿: | 2009年11月16日 (月) 12時54分

何の罪もない人の命を残虐に奪った殺人鬼は死刑になるべき。現に光市母子殺人の被害者遺族である旦那さんが一人で頑張って、死刑になるように死に物狂いで頑張っている。被害者遺族は皆さんそう願いますよ。廃止派の人達はなぜ死刑は残虐だとか色々な考えがおこるのか不思議だ。誰が一番残虐なのか?人を一人殺したら自分の命で償うのは当然でしょう。

投稿: 法務大臣 | 2009年11月16日 (月) 00時33分

死刑というのは、出所したらまた身勝手な殺人を繰り返す可能性が高いからするのでしょう?
一般人が既に殺されていて、殺人犯を世の中に放ってまた被害者が数名出ると考えれば、それを事前に防ぐために殺人犯一人を死刑にすることの何がいけないのでしょうか。
次に殺されるのは自分や周囲の人間かもしれないのだから、当然の防衛行為でしょう。
犯罪者の人権なんてもののために、私やその他の人の命が脅かされるのは真っ平御免です。
それこそ一般人に対する人権の侵害でしょう。犯罪者の人権のために人の命が脅かされるなんて、あってはならないことです。

投稿: 事件とは無関係だが | 2009年11月15日 (日) 20時07分

死刑の賛成、反対、

これについては正直、自分の意見を持てないでいます。

ただ、現在、日本の法律には死刑があります。
そして、死刑という判決がくだるまで、何人もの人が法廷で議論を交わし、税金が使われ、そして、裁判官が死刑と判決をくだしたのを、大臣が反対派だからという理由だけで執行されない事に疑問を感じます。
裁判官、検察官、警察官、弁護士、etc.…
たくさんの方々の討論の結果を1人の権力者が無視してる事に憤りを感じます。

投稿: 小次郎 | 2009年11月15日 (日) 03時16分

Sさんへ
以前のコメントへの返事有難うございます。これで「エン」と読んで下さい。
廃止派の自称人権団体による拘置所職員への悪質な嫌がらせ等が有るみたいですね。在るケースでは御家族の方々めがけて「人殺しの家族」と罵ったり、別のケースでは子供を捕まえて「お前の親は悪魔だ」等々…。別に廃止派の方々を全否定はしませんが、こういう事実がある以上掲げられてることとかなりの矛盾がありませんか?加害者は加害者であり被害者ではありません。ましてや殉教者でもありません。非人道的と思われようが、執行は継続すべきです。

投稿: 焔 | 2009年11月15日 (日) 00時06分

死刑反対派の方にとっては、死刑賛成派のことは理解するのは難しいと思いますよ。その逆もありますし・・・。法務大臣がサインしなくても問題がないことも理解しています。私も全て死刑執行しろとは思っていません。(冤罪など) 死刑があっても犯罪はあると思います。犯罪は無くなることは、無いと思いますし。しかし、今の状態で被害者遺族は納得行くのでしょうか?死刑執行しても被害者遺族の無念は消えることは、ないでしょう。でも、死刑執行しないままで居れば余計だと思います。私は、被害者遺族ではありませんが、私がそういう立場になれば、死刑執行しろと強く思うでしょう。死刑がある⇒死刑確定してる⇒死刑執行するべきです。サインすることが非人間的であれば命を奪った犯罪者は、もっと非人間的です。

投稿: S | 2009年11月14日 (土) 08時06分

死刑の執行命令という職務は非常に残酷で非人間的です。これは、その命令が判決順であってもです(冤罪かもしれない、責任無能力かもしれないetc.)。そのような職務の存在は本来あってはならないはずなのに、職務だからヤレという意見がなぜいつも大勢を占めるのか私には理解できません。その点、本音と建前が使い分けられているのかな、という気もします。

あと、おそらくは死刑執行しろという意見の拠り所になっていると思われる刑事訴訟法第475条2項ですが、これは「死刑執行を待つ恐怖が長く続くことになって残酷(立法当時の司法委員会 1948年6月28日)」であることを理由に設けられた「違法の問題の生じない規定、すなわち法的拘束力のない訓示規定(平成10年3月20日東京地裁)」と解されています。従って、ここのコメント欄で書かれているような意見は法律的にもなんら正当性がありません。民事裁判でも基本的には同じですが、そもそも裁判所は紛争解決のための機関でしかありません。たとえ被告人が敗訴しても検察自ら(またはその上部機関が)刑の執行を停止することになんら問題は生じないはずです。

投稿: 英火 | 2009年11月13日 (金) 23時31分

私宛にコメントくださった方・・・ありがとうございます。恥ずかしながら、HNの漢字が読めなくてこのような形で申し訳なく思います。死刑執行命令にサインするのは確かに簡単なことでは、ありません。しかし死刑を執行しないために法務大臣になったのであれば、職務怠慢と思います。何故なら、日本には死刑があるのですから・・・。

投稿: S | 2009年11月11日 (水) 23時59分

死刑制度があって、死刑判決がきまったからには、法務大臣はそれに従わないといけないーと、単純に思います。
死刑制度の良し悪しは、また別の話で、これから議論していかないとならないですよね
処刑の順番て確定順ではないんですね。政治的意図?確定順のほうが納得できるし、諦めもつくような…

投稿: ピグモン | 2009年11月11日 (水) 20時51分

小田島さんがなにか人並みのことを書くたびに、「早く死刑執行しろ(殺せ)」みたいな生々しいコメントがたくさん寄せられるのは相変わらずですね。

死刑の執行停止について私見を書いてみます。小田島さんは来年早々の執行をも覚悟している様子でしたが、判決の順番からして小田島さんが処刑されるのはまだまだ先のはずです。なのになぜそのような覚悟を決めたのでしょうか。それは、今日"屠殺"する家畜を群れから選ぶのと同じように殺し易い囚人を死刑囚のなかから選ぶ作業が政治的に行われているからです。かなり不適切な喩えだったかもしれません。選ばれるのは動物ではなく私たちと同じ人格を持ったひとりの人間ですから。そのような作業を平然と他人に強いることができる方が多くいる現実を私は悲しく思っています。

投稿: 英火 | 2009年11月11日 (水) 19時06分

執行する意思が無いのであれば労働で社会に奉仕させるべきだと思います。

今の法務大臣も現行の死刑制度に従う意思がないのであれば中途半端な事をせず存廃の意思を明確にして国民(遺族)を納得させる動きを見せて欲しいです。

投稿: 土建屋41才 | 2009年11月10日 (火) 20時47分

Sさん
仰る通りです。個人的なものを公務に反映させる事は職務怠慢でしか有りません。何も無いまま任期を終えるのであれば、存在意義すら問われてもおかしくありません。在任中執行しない、法改正に着手しないならば着任すべきではなかった。

投稿: 焔 | 2009年11月10日 (火) 18時01分

死刑囚というのは死刑執行されることが罰、償いになるんですよね。それまでは、死刑を待っているだけで、収監されてはいるものの懲役ではないんですよね。このブログを読むようになって知りました。だから、死刑が執行されないということは、懲罰を受けてないに等しい?んでしょうか。無期とか、15年とかの懲役刑のほうが罰が重いことになりませんか…死刑は必ず執行されないといけないですよね。
たとえば、終身刑ができたとして、一生、刑務所で働くことになりますが、執行されない死刑囚というのは、それより恵まれてるような気がするんですー

投稿: ピグモン | 2009年11月10日 (火) 16時12分

自分の心情と法律は違うからね。
その事を政治家はわきまえないと。

投稿: | 2009年11月10日 (火) 04時00分

確かに法務大臣は死刑執行させることだけが仕事では、ありませんが今の法務大臣が法務大臣に適してるとは思いません。

投稿: S | 2009年11月10日 (火) 00時10分

その通りsign03

投稿: コテハン三郎 | 2009年11月 9日 (月) 17時53分

誰でもいいけど、法律捩曲げて、死刑執行しないのは
大臣失格だよ。
その人選んだ内閣も国民を代表する資格なし

投稿: | 2009年11月 9日 (月) 01時12分

遺族の事思うと早期の死刑執行を願います

投稿: 白菜 | 2009年11月 8日 (日) 19時09分

遺族の事思うと早期の執行を願います

投稿: 白菜 | 2009年11月 8日 (日) 19時07分

やはり鳩山さんが法務大臣に最高ですよ。

投稿: コテハン二郎 | 2009年11月 8日 (日) 06時52分

早く法務大臣が交代してくれて、執行されますように・・・。そして、交代した法務大臣がサイン出来る人になりますように・・・。

投稿: S | 2009年11月 6日 (金) 18時53分

随分と偉そうな事を書いてますね。おそらく自分の気持ちの中に余裕がでてきたのでしょうね、まだ当分は執行されないって・・・。法務大臣、税金の無駄を削除していって下さい。

投稿: ステハン太郎 | 2009年11月 6日 (金) 10時02分

何が税金の無駄なのか
死刑囚のほうが税金の無駄だ

投稿: キムチ大佐 | 2009年11月 5日 (木) 21時50分

二人ではなく四人もの罪なき人を殺害しています。

投稿: けいじ | 2009年11月 5日 (木) 12時52分

dog私も東京オリンピック招致税金と労力の
莫大な浪費だとは思いますが
余生を楽しむ2人もの人を殺害し,思い出ある建物を燃やし
税金で三食もらってる人間に,社会のことを
言われたくないなあ

投稿: 東郷ビール | 2009年11月 5日 (木) 09時50分

残念ながら、小田急さんは、今おかれている状態だから、普通の常識ある気持ちが、でるのだとつくづく伝わってきました。もし現在、捕まっていなかったら、どうしていたかと想像がついて怖いです。

投稿: なおみ | 2009年11月 5日 (木) 00時18分

Revyさんからの久々の手紙、嬉しいですね^^。小田島さんがそうであるようにご家族も、小田島さんの存在や言葉に勇気付けられることと思います。

投稿: 英火 | 2009年11月 4日 (水) 23時21分

法務大臣の件、Mの件、小田島氏相当安心してますね

投稿: | 2009年11月 4日 (水) 19時42分

民主党政権だから、手紙の内容に余裕が感じられますね。
死刑反対の法務大臣だから、シメシメと思ってるんでしょうね。

投稿: | 2009年11月 4日 (水) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/32065673

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の写真:

« 光母子殺害の実名本、元少年が差し止め提訴 | トップページ | 書籍化に関して »