« 執行減少で死刑制度が州予算圧迫、終身刑より経費かさむ | トップページ | <死刑囚病死>72歳、東京拘置所で »

2009年10月26日 (月)

最期の夏

最期の夏
マブチモーター事件強盗放火殺人犯 死刑囚獄中ブログ [文]小田島鐵男
11月20日発売予定
2002年8月5日に起きた「マブチモーター社長宅強盗放火殺人事件」の
犯人・小田島鐵男死刑囚(67)は現在、東京拘置所で死刑執行を待つ身。
彼が身元引き受け人であるノンフィクション作家・斎藤充功氏と交わした私信を
ブログとしてアップした「死刑囚獄中ブログ」は開始から丸二年が経ち、
今年3月18日には朝日新聞で取り上げられ、大きな波紋を呼んでおります。
金のために共犯男性とともに4人を無慈悲に殺害した彼は日々、
何を考え、思いながら死刑を待っているのか。
今日か、それとも明日か……”確実に来る死”と向き合う人間の恐怖や諦観、
自分が残した家族への思いが恐ろしいほどのリアリティをもって迫ってくる…
そんなブログが遂に書籍化!裁判員制度でも注目を浴びている”死刑”を
真っ向からとらえた究極のノンフィクションとして完成しました!

|

« 執行減少で死刑制度が州予算圧迫、終身刑より経費かさむ | トップページ | <死刑囚病死>72歳、東京拘置所で »

コメント

お金の問題って私達がどうのこうの言う事ではないと思うのですが…
死刑囚の心理、生活などの情報を知りたい方は情報料として書籍代を支払って情報を得る、情報を集めた人は労力、時間、神経、経費などを使っているんだから当然、情報に対して料金を取る。小田島は被害者への罪は自分の命をもって償う。父親の遺産は権利として子供が相続する…。
お金の行方を気にする人は購入しなければ良いだけではないでしょうか?

投稿: 葵 | 2009年11月 4日 (水) 23時59分

>エアロさん、その下の投稿者さん

売り上げの使途に関しては、ブログ管理人としましてはちょっとわかりかねます…商業的な観点で言うと、当ブログではお金的な利益はゼロなので(汗)かかる経費に対して補填されていくのではないでしょうか…被害者家族に損害賠償としてお渡しすることはないと思われます。

投稿: ブログ管理人 | 2009年11月 4日 (水) 20時33分

年内に執行されますように

投稿: チビデブ | 2009年11月 1日 (日) 21時48分

早く死刑執行されますように。

投稿: キムチ大佐 | 2009年10月30日 (金) 17時43分

小田島氏の所内での娯楽の為に消える金ならば買いませんがフィリピンの息子さんの為に使われるのであれば購入してもいいかな

投稿: エアロ | 2009年10月27日 (火) 21時27分

本の売上利益は、小田島死刑囚と斎藤氏との間で半々ですか? または、全額被害者家族に損害賠償という形で
お渡しするのですか?

投稿: | 2009年10月27日 (火) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/31952378

この記事へのトラックバック一覧です: 最期の夏:

« 執行減少で死刑制度が州予算圧迫、終身刑より経費かさむ | トップページ | <死刑囚病死>72歳、東京拘置所で »