« <死刑囚病死>72歳、東京拘置所で | トップページ | 飯塚事件 死刑執行に疑問 「DNA再鑑定認めた直後」 足利事件の弁護士講演 »

2009年10月27日 (火)

小田島Mからの手紙

9/25(金)、夕食直後にMからの手紙が届きました。封等表に赤字で"移送されました"と書いてあり、裏を見ると、住所がO県T市、T拘置支所となっており驚きました。

手紙によると"6/15に、O県M市のM警察署から刑事が証拠品押収のためTに来た。9/17、朝Tを発ち、CからOまで飛行機に乗り、空港から車で1時間、拘置所に着き、領置調べ等、入所手続きを終え、夕食がすむと7:30、減灯までに急いで書いている。詳しい事は次便(10月に入り次第に)にて。
移送された事を斎藤先生へ一報下さい"の由。

服役中の受刑者の身柄を拘置所に移送する以上、近々の逮捕は確実で、事件の内容にもよりますが、逮捕されると、身柄は警察署へ移され、勾留がつくと同時に、第一回後半が終わるまでの間、接見禁止(手紙、面会、本、新聞が駄目になります)になるかもしれないと思い、その場合は、「接見禁止の一部解除願」を提出するように、と28/月朝に返信を出しました。と、この日午後に、T簡易裁判所から勾留通知が届きました。9月25日付、被疑者、Kこと小田島Mは本日、下記のとおり勾留されました。1、罪名 詐欺、2、勾留所T拘置支所

というものでした。簡裁扱いの事件で警察署へ身柄移動せず、接禁もつかなかったようです。ですが前科者の宿命で、幾程か実刑判決を受けて、来年5月だった満期日が先に延びることになるのは確実です。斎藤先生へは9/29に一報しました。

|

« <死刑囚病死>72歳、東京拘置所で | トップページ | 飯塚事件 死刑執行に疑問 「DNA再鑑定認めた直後」 足利事件の弁護士講演 »

コメント

>>その場合は、「接見禁止の一部解除願」

何得意げに語ってんだこの馬鹿wwwwww
小田島さんものしり~!
SUGEEEEEEEEEEEEE!!!
とでも言って欲しいのかよw
わざわざ手紙に書いて報告することか馬鹿w
本当イライラするなw
虫歯がいて~だ、本頂戴だ、いい加減にしろってんだよ。
死んでいいよ。君。

投稿: 電撃戦隊オダジマン | 2009年11月28日 (土) 17時10分

出版を機に随分コメントが減りましたね

投稿: 田中 | 2009年11月 2日 (月) 00時02分

色々やってんなぁ…

投稿: エアロ | 2009年11月 1日 (日) 08時51分

あぁ。犯罪者から犯罪者への入れ知恵。

投稿: | 2009年10月28日 (水) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/31967048

この記事へのトラックバック一覧です: 小田島Mからの手紙:

« <死刑囚病死>72歳、東京拘置所で | トップページ | 飯塚事件 死刑執行に疑問 「DNA再鑑定認めた直後」 足利事件の弁護士講演 »