« 林真須美死刑囚が再審請求 毒物カレー事件 | トップページ | 【中国の検索ワード】3年で2度凶悪犯生んだ大学に改善指示 »

2009年7月23日 (木)

東拘医療事情?

東拘は2,000人超の大函で、しかも未決ですから、医務の水準はそこそこだろうと思います。

それでも、超音波で手術する設備などはあるはずがありません。内蔵の手術で刑務所の中で出来るのは盲腸くらいだと思います。内蔵の病気で体調が悪く作業に耐えられないと診断されると入病させて薬を投与します。そして自所の治療で回復見込みが無いと判断されると八王子医療刑務所へ移送されますが、ほとんど八王子へ送られた、と聞くと、ああ、助からなかったのか、と死んだと同様に思い、事実、数ヶ月、数週間には、誰々は死んだ、という情報が受刑者間に流れるのが普通でした。

昨年から施行された新法で、重症者は社会の病院で治療できることを謳っていますので、幾分は改善されるかもしれませんが。ま、施設の医療は医者不足・設備もお粗末ですから、中で重い病気になれば助からないのが普通です。

|

« 林真須美死刑囚が再審請求 毒物カレー事件 | トップページ | 【中国の検索ワード】3年で2度凶悪犯生んだ大学に改善指示 »

コメント

裕子さん、悲しい人間なのは私たちの方なのでしょうか。

私はこのブログに出会って良かったと思えます。

小田島死刑囚は大罪を犯し、代償の時を私達が体験した事のない場所(精神的な意味も含め)で静かに待っています。

私は彼から後悔とは何か、教えてもらっているような気がするのです。

日々の生活の中で、当たり前すぎて気が付けない当たり前の幸せを教えてもらっているような、そんな気がします。

悲しいのでしょうか、むしろ未来へ前進したのではないでしょうか。

幸せとはなにか、ちっぽけでも気が付けるのですから。

投稿: 怜司 | 2009年7月30日 (木) 15時22分

死刑囚のために医療なんて必要ない
犬死しなさい

投稿: M.I | 2009年7月28日 (火) 16時39分

今回は見送りですか。

投稿: | 2009年7月28日 (火) 14時57分

死刑執行までは、一人の人間なんだから、人権があって当然だと思う。

いくら、大罪を犯したからって言っても人間なんだから…。

投稿: 佐伯 | 2009年7月28日 (火) 13時54分

怜司さん、私もそうです。
というか、ここをご覧の皆様もそうではないのでしょうか。嫌な事があった時にここを覗くとまだ、大丈夫、私はまだ幸せだ、などと不謹慎ながらに思ってしまいます。

悲しい人間ですね。

投稿: 裕子 | 2009年7月27日 (月) 22時22分

こう言っては不快に感じられてしまうかもしれませんが、

私はこのブログを知ってから以前よりもポジティブに、前向きに、日々と向き合えるようになった気がします。

私は大罪を犯す事無く、自由もあり、雨風を凌げる家屋があり、空調も整備され、いつでも風呂に入ることができ、友人と会話をしながら食事ができ、病院にも行ける。

これほどの幸せがあるのでしょうか。

投稿: 怜司 | 2009年7月25日 (土) 19時15分

死刑囚に病死されないように、しっかり診察した方かいいだろうね
罪をきちんと背負ってもらうためにもね

投稿: | 2009年7月25日 (土) 03時10分

死刑囚が病死の事を気にしても仕方ない。

投稿: | 2009年7月24日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/30670375

この記事へのトラックバック一覧です: 東拘医療事情?:

« 林真須美死刑囚が再審請求 毒物カレー事件 | トップページ | 【中国の検索ワード】3年で2度凶悪犯生んだ大学に改善指示 »