« 殺人罪の時効廃止 法務省報告書 | トップページ | 「自白」部分だけでは役に立たない(1/3) »

2009年7月20日 (月)

無題

7/9(木)昼前にお手紙が届き、大変嬉しく拝読致しました。
ありがとうございました。腎臓に結石が発見され、手術をされた由ですが、予後の経過は大丈夫ですか。健康第一に専心し呉々もご自重下さい。

結石が尿道を通る痛さは、私にもわかるような気がします。
私は、淋しい病や大腸菌による尿道炎の痛みと、同じ尿道でも膀胱に近い部分の尿道で感じる痛みとでは全く違うことを、自力で排尿ができない障害の身になった時に知っています。

|

« 殺人罪の時効廃止 法務省報告書 | トップページ | 「自白」部分だけでは役に立たない(1/3) »

コメント

「寂しい病」は手紙原文のままです。おそらくぼかしているのではと思うんですが…

投稿: ブログ管理人 | 2009年7月21日 (火) 20時39分

人口が多すぎてこういう失望型殺人犯がここ最近おおいのだろうか。現代の少子化はある意味過密になりすぎた生活環境を元に戻す為の大切な流れのように思える。それにしても小田島死刑囚に限らず人間など誰しも本来は野生の生き物で社会がそれをコントロールしているものだ。かなり悪質な犯罪が多発する現在 社会のシステムをもっと鋭く見直していかないと 世の中は野獣が好き勝手する世界に戻ってしまうだろう。見せしめとしての苦痛を伴う死刑もある意味必要なのではないかと思ってしまう。現代社会という特急電車に乗り遅れた人々は なんとか後から着いてきて 山賊と化して現代社会の脅威になるのだろう・・・もっとスピードを下げないと・・・・。 その前に地球が自然と作用する時が来るだろう・・・・

投稿: | 2009年7月21日 (火) 11時10分

ちょっと気になったのですが、文中の淋しい病とは
淋病の間違いですよね??

投稿: | 2009年7月20日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/30625465

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« 殺人罪の時効廃止 法務省報告書 | トップページ | 「自白」部分だけでは役に立たない(1/3) »