« 麻薬密輸で逮捕、拘束中に妊娠判明の英国女性に終身刑 ラオス | トップページ | 小田島から斎藤氏への手紙6 »

2009年6月 3日 (水)

<免田栄さん>総務省に申し立て 年金の受給資格回復求め

6月3日23時28分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000147-mai-soci

|

« 麻薬密輸で逮捕、拘束中に妊娠判明の英国女性に終身刑 ラオス | トップページ | 小田島から斎藤氏への手紙6 »

コメント

小田島は4歳のとき母親に自殺を強要されました。斎藤氏は小田島には学歴がないと書いています。そこに圧倒的な貧困と愛の欠如があります。同じように4人を殺し「無知の涙」を書いた永山則夫との共通点です。

私の知人は幼くして両親を失いその後、叔母夫婦に引き取られ又も、養父母を失い墓石にしがみついて泣いていた時、偶然に通りかかった見知らぬ人に引き取られました。その時、見知らぬ心優しい人が通りかからなかったら。。。

私は死刑制度に反対です。法務大臣が印を押し公務員が執行します。執行した公務員はそれが仕事ならその夜も心安らかに眠れるのでしょうか?残酷なことです。

死刑制度には反対ですが、小田島が原稿料として得る収入の全てを自由に使えるのも変です。何故なら生活保護を受けている人が働けば保護費から労働収入を引かれるように箱の中で生活している人もやはり収入分は給付の一部として国庫に返納されてしかるべきだと思うからです。

フィリッピンにいる子供に文化的な必要最低限度の生活費を送るのは当然認められて良いと思います。

投稿: 愛 | 2009年6月 5日 (金) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/29956016

この記事へのトラックバック一覧です: <免田栄さん>総務省に申し立て 年金の受給資格回復求め:

« 麻薬密輸で逮捕、拘束中に妊娠判明の英国女性に終身刑 ラオス | トップページ | 小田島から斎藤氏への手紙6 »