« 第225回 言葉足らずのお願い | トップページ | <「足利事件」とDNA鑑定>佐藤博史弁護士に聞く(1/10) »

2009年5月 8日 (金)

第226回 東京は花見日和

4.5.(日)
週末(3/金)から気温が上がり、4/土・5/日の東京は絶好の花見日和になった、の報。


千葉刑から東拘に来て
去年・今年と桜の花の一片も目にしていない。11階にある独房、開閉できない密封された窓越し、外壁の目隠しウイングの隙間からは外の光景が何も見えない。

外の風景(土・草・木・等々)を全く見ることができない拘禁生活は、季節感がないためか 鬱屈と無気力感だけが日毎に増殖するばかり。陽気のせいもあるかもしれないが、最近は
四六時中、耳鳴りと頭痛がして、何をするのも億劫で唯々ボーッとして坐っているうちに一日が終ってしまうことを繰り返している。

|

« 第225回 言葉足らずのお願い | トップページ | <「足利事件」とDNA鑑定>佐藤博史弁護士に聞く(1/10) »

コメント

桜の花びらの一つでも小田島さんに届けたい・・・。
季節を感じて欲しい・・。

投稿: | 2009年5月13日 (水) 21時15分

罪を償うと言うことはどういうことなんでしょうね
殺人を犯したら決して被害者は生き返りません。
遺族は深い悲しみに暮れるわけです。被害者が殺害されてからずっと。
被害者も生きていればやりたいことがたくさんあったでしょう。

その希望を奪った以上、外の景色に関心も何もあったもんじゃないと思いますがね。いかがです?

投稿: | 2009年5月12日 (火) 22時37分

>mu

>あなたが何をしたのか知りませんが
→意見する前に確認しろって。

>世の中、数学的にはじゃんけんに10回
負け続けてしまう人だって必ずいるはずなんです。
→全く関係ない。

>死刑に至るような不運な事件に関わってしまった
 →自業自得でしょ。

>ひょっとしたら人類の無知や不適切な教育、警察の怠慢
により未然に防止できなかった被害者だったり、脳疾患に
より暴力的感情を抑えることができない精神的弱者の一人に
過ぎないのかもしれない。
→飛躍しすぎ。

>ただ一部の人間が勝手に自分の理屈で善悪を決め付け
、あなたを死刑にする権利すらあると思っているだけなんです
→勝手な理屈ではないし、権利ではない。社会のルールだ。


>世の中、もっと悪そうな戦争犯罪人だって平気で生きて
いたりするんです。
→関係ないって。

>少なくともあなたには、当事者でない他人に対して謝る義務はありません。
→ここだけは同意。

>被害者感情の問題というのは、当事者でなければ関係ないことです。
→あなたにもね。

>被害者でもないのに、「死刑か、いい気味だ」などと思っているなら、その人は心の底で
人類は滅亡するべきだと思っている病んだ人物ではないでしょうか?
→全く意味不明

>理不尽にいじめられたこともある私には、そのような人が恐ろしいです。
→理不尽に家族を殺された人の気持ちはわかる?


>被害者側の記憶を操作して、天変地異だったことに
できれば、そして再犯傾向のある危険人物は隔離しておけば、
被害者の生き返らない事実に変わりはないのだし、誰も損しないし、
特定の人間に責任を負わせて憎しみや悲しみを倍増させる必要も
なくて幸せに生きられるのでは、とすら思います。
→なぜ誰も損しないの??当事者でないあなたに何がわかるの?


投稿: | 2009年5月10日 (日) 06時44分

被害者や遺族の気持ちを考えると、とても胸が痛みます。

極悪人は充分に苦しんでから処刑されて下さい。

これは刑罰なのですから、気楽な生活は許されませんよ。

遺族でなくとも、同じ社会で暮らしている社会人として、
社会の平和を脅かす極悪人は、許すことが出来ません。

社会のルールに則って速やかに執行されることを望みます。

死刑囚なのに、このようなお気楽な生活を送っているということに、驚きを感じています。

投稿: | 2009年5月10日 (日) 06時15分

>mu

新手の宗教家ですか?
死刑を廃止したいと考えてるならあなたの投稿は逆効果ですよ(笑)
普通の人間は薄気味悪いとしか思わないよ。

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 23時28分

殺した奴が得してどうすんねん!死刑にしても生き返らんのはわかっとるわ、ただ檻に入れても生きてる分殺した奴が得やないか、人殺しを生かしといたらその方が人類がおらんようになるわ、ヒットラーが生きとったらユダヤ人おらんようになっとるわ。

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 17時48分

muさんの仰有りたいことはよく分かりますし、共感できる部分もあります。例え殺人を犯した人間でも、死刑によって命を奪われることは大変悲しいことですよね。社会にとっても被害者・犯人の尊い命が消えてしまうことは、とてもマイナスになることだと思います。

ですがそれにより、人の命の大切さを実感することができるのではないでしょうか。そして殺人を二度と犯してはならないと誓えるのではないのでしょうか。

また、情報操作はいまの現代の科学では到底無理な話です。できたとしても、それで本当に良いのでしょうか。むしろそういった悲しい事件を風化させずに、どのようにしたら殺人などの犯罪を減らせるのか、真剣に考え、取り組むべきなのではないかと私は思います。

投稿: toku子 | 2009年5月 9日 (土) 16時33分

>外の事には関心持たへんて言うたやん!

ワロタwww

そやけどひとの気持ちは変わるねん

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 14時56分

>mu

長々と書くのは全部読んでからにしたら?

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 14時54分

控訴取り下げしたのは小田島さんですよ。死をもって償うしかないということで・・・。

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 14時03分

誰もがたった一歩踏み外せば犯罪者になる。私も同じ。
一歩踏み外すのと、そのまま保つのは、結果的には全然違う。
でもホント、隣り合わせだと思う。
私は踏み外す気は無い。
でも、未来がどうなるか分からない。
未成年者が煙草を吸う事を、「まぁよくある事だ」、歩き煙草をする人を「よくやってる人居るし」と思う人間の多い日本は、そんな些細な事さえ気に出来ない日本は、そんな簡単な事さえルールに従えない日本は、既に相当道が歪んでると思う。
殺人とまでは行かずとも、周りに迷惑を掛ける犯罪者になりかねない。
「人さえ殺さなければ良い」と思って、命を奪う以外の犯罪は、簡単にやる。
交通ルールなんて無い様なもの。信号?大丈夫車来てないから!って。

投稿: 戌 | 2009年5月 9日 (土) 11時22分

貴方がしてきた事は
決して許される事ではありませんし、
償うにも命1つに代えてみたところで
それじゃあ、あまりにも不足過ぎる。

だけど貴方も人。
逝く時にもう1度、
太陽の光を受けて
キラキラと美しく輝く華を
見れたら良いですね。

その日まで
その「暗い鳥篭の中で生きる」辛さで
罪を1mだっていいから「償って」
闇から解放される時に
「悪魔」ではなく「人」として笑って下さい。

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 10時43分

私は思うのだが、飲酒運転で逮捕されたら職を失うだろう。高速道路で速度違反で捕まって罰金を払った事もある。決められたルールだからだ。当然腹がたつ。しかし4人も殺せば死刑になるという事ぐらい小田島は分かっていただろう。つまり小田島は捕まる予定ではなかったのだ。共犯者の守田が自白して腹をくくり控訴を取り下げた。つまり死を覚悟したのだ。彼は国のルールに従って死のうとしている。日記にもあるが死を覚悟した人間に外の景色も見せず、精神的におかしくするくらいなら早く執行してあげた方が人道的だと思う。どうせ必ず執行されるのだから。

投稿: 冠 | 2009年5月 9日 (土) 04時20分

追伸。
被害者感情の問題というのは、当事者でなければ関係ないことです。
当事者でない者からすれば、被害者と犯人、2重に命が奪われる
というのは悲しみを倍増させる事件です。被害者でもないのに、
「死刑か、いい気味だ」などと思っているなら、その人は心の底で
人類は滅亡するべきだと思っている病んだ人物ではないでしょうか?
理不尽にいじめられたこともある私には、そのような人が恐ろしいです。

だから、いっそ被害者側の記憶を操作して、天変地異だったことに
できれば、そして再犯傾向のある危険人物は隔離しておけば、
被害者の生き返らない事実に変わりはないのだし、誰も損しないし、
特定の人間に責任を負わせて憎しみや悲しみを倍増させる必要も
なくて幸せに生きられるのでは、とすら思います。

投稿: mu | 2009年5月 9日 (土) 01時17分

こんばんは、初めて来ました。まだほとんど読んでません。

あなたが何をしたのか知りませんが、反省などしても
事実が変わるわけでもないしそんな暗い内容を見て
嬉しくもありません。そんな暇があれば人類の幸福に
少しでも役立つ仕事をして、もっと楽しく堂々と生きて
欲しい。

なぜなら、世の中、数学的にはじゃんけんに10回
負け続けてしまう人だって必ずいるはずなんです。
死刑に至るような不運な事件に関わってしまったあなたは、
ひょっとしたら人類の無知や不適切な教育、警察の怠慢
により未然に防止できなかった被害者だったり、脳疾患に
より暴力的感情を抑えることができない精神的弱者の一人に
過ぎないのかもしれない。

すべての生き物は、基本的に存在しているだけで無条件に
価値があると思います。ただ一部の人間が勝手に自分の
理屈で善悪を決め付け、あなたを死刑にする権利すらあると
思っているだけなんです。それは悲しいことです。
こう思う一般人も本当にいることをお伝えします。
世の中、もっと悪そうな戦争犯罪人だって平気で生きて
いたりするんです。

少なくともあなたには、当事者でない他人に対して謝ったり、
蔑まれたりする義務はありません。
その他の一般人に対するあなたの影響は、税金を使っている
負担くらいです。その分に見合う仕事さえしてもらえれば、
私にとってあなたは有害でも何でもありません。
おそらく一生顔を見る機会もないであろう、かけがえのない
地球人の一人です。

あなたも、反対側の悪運の当事者も少しでも長く楽しく
生きられますよう、お祈り申しあげます。

投稿: mu | 2009年5月 9日 (土) 00時15分

外の事には関心持たへんて言うたやん!

投稿: | 2009年5月 8日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/29506114

この記事へのトラックバック一覧です: 第226回 東京は花見日和:

» 「死刑囚ブログ」、アクセス急増…「うなぎ食った?ふざけるな!」「『反省してるのに死刑は酷い』の意見出そう」と様々 [The ポータルサイト(情報と意見交換の場)]
確定死刑囚が執行を待つ間の日々や心境をつづった前代未聞のブログ日記「死刑囚獄中ブログ」が波紋を広げている。今後、同様なブログが続々と出てきた場合、裁判員制度の裁判員に死刑への「予断」を与えることにもなりかねない。死刑廃止運動の一方的な“オルグ”に利用されることも考えられる。ブログの管理人であるノンフィクション作家、斎藤充功(みちのり)氏(67)に聞いた。... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 13時19分

« 第225回 言葉足らずのお願い | トップページ | <「足利事件」とDNA鑑定>佐藤博史弁護士に聞く(1/10) »