« 麻薬密輸容疑の英女性、ラオスで裁判へ 死刑判決の可能性 | トップページ | 第225回 言葉足らずのお願い »

2009年5月 5日 (火)

第224回 思いがけぬ呼出し

4.2(木)
昼前に郵便局の第一種定外、985g-580円と1.250g-850円の2枚の領収レシートが手元に届き、2009.4.1.15:36の日付を見て、2つに分けて出していた私記の原稿が4/1,午後に発送された事が分った。


明日中(3/金)にはH氏の所へ届くだろうと思っていた。ところが思いがけなく(面会は毎月中旬以降が多いので)、午後に面会呼出があって驚いた。H氏・S氏が一緒に面会に来て下さり、早くも原稿が到着した由で、まずは安堵。

今日、都内の桜が満開に。開花宣言が出たあと花冷えの日が続き、開花宣言から満開までの期間は過去最遅記録、の報。

|

« 麻薬密輸容疑の英女性、ラオスで裁判へ 死刑判決の可能性 | トップページ | 第225回 言葉足らずのお願い »

コメント

他人の子供かも知れません(笑)
憐れ小田島(;_;)


「お願いです助けて下さい」
被害者は、きっと命乞いしたんだろうな~
早く永遠の闇に逝きなさい

投稿: | 2009年5月10日 (日) 04時05分

生き長らえている間は遠いフィリピンに居る子供に出来る限りの事をしてあげて欲しい。

子供にとっては唯一の親なのだから・・・。

投稿: Ryu | 2009年5月 8日 (金) 22時53分

届かない手紙ほど、悲しいものは無いけど、一応かく
生きてく中で、大事なものっていっぱい増えてくるけど、
一番最後の最後には、大事なものがひとつもなくなってしまう人がいると思う
「結局自分は、自分の為にしか生きていなかった」って思っちゃったら、
たった一人で60年間部屋にこもって囲碁・将棋でもやってたようなものだよ
もし今、ひとつでも大切なものが残ってるなら、それは
まだ、マシな死に方であると、俺は思う。
俺も大切なものは、ひとつだけ胸にしまって、
死ぬ寸前には絶対その大切なものを思い浮かべながら、死にたいと思ってる。
俺の3倍以上生きている人たいしいう事じゃなかったな。

こんなブログ立てて、恥さらしも大概にしとけ
こんだけの人に注目されちゃったんなら1秒でも長く、今の人生を楽しめ

-犯罪のこと。

俺は俺のことしか考えてないから、
お前が今まで誰かを殺していようが、差別することは無い
もし会って話せる事が出来たなら、話の種にはするだろうけどな
まったくの第三者が、遺族に対して謝れだの、殺人者は殺せだの。
よくそういう事が言えるなって思うよ
話し変わるけど、最近の家庭は、少しアレなところが多いから、
本当に毎日の食事にさえ困ってる未成年の子供はいるんだよ
俺も今日、刑務所いこうかと思ったところ。
そういう風に一瞬でも思うって事は、
実際に刑務所よりもつらい毎日を送ってるんだよ。 俺はな。

何がいいたいかわからなくなってきたな。
まず、はっきりして欲しいのは、小田島さんは、
「生きたい」のか「死にたい」のか、どっちなんだ?
それから、このブログは
死刑を無くしたいのか、死刑はあるべきだって主張してるのかどっちなんだ?
どっちつかずなブログは、何を書いても無駄だし、
ただただ、社会でストレスためた弱者どもが、
家に帰るなり、pcに電源つけてここに自分勝手な書き込みを綴るだけだよ

投稿: る。 | 2009年5月 6日 (水) 19時21分

思いがけぬ呼び出しが、面会でさぞ、ほっとしたことだろう。

投稿: 土建屋40才 | 2009年5月 6日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/29451430

この記事へのトラックバック一覧です: 第224回 思いがけぬ呼出し:

« 麻薬密輸容疑の英女性、ラオスで裁判へ 死刑判決の可能性 | トップページ | 第225回 言葉足らずのお願い »