« 「呼び出されても拒否」=裁判員候補者ら会見-東京 | トップページ | 小田島から斎藤氏への手紙2 »

2009年5月22日 (金)

小田島から斎藤氏への手紙1

冠省失礼致します。
4/23(木)午後にお手紙が届き大変嬉しく拝読致しました。ありがとうございました。



すぐに返信を書こうと思いながら、最近は四六時中耳鳴り(両耳に指を入れると虫の音が一斉に聞こえるのと似ています)が続くのと、これといって体に悪いところは無いのですが、妙に体がだるく、目がはっきり開かず、とにかく意識を集中することができず、本を読んでも5分と続かず、手紙を書き始めても1行書くと後が出ず、で、明日こそ、明日こそは書こうと思いながら、返信が遅れてしまいました。本当に申し訳ありません。

5/8(金)、連休明けのお仕事ご多忙な時期にもかかわらず、比嘉さんとお2人揃って面会に来て下さり誠にありがとうございました。手紙を書く集中力を欠く現状等を話したつもりですが、面会を終り居室に戻って、考えますと、甚だ脈絡のない纏まりのない事を私一人が勝手に話して面会時間が終ってしまった~と反省しています。すみませんでした。

|

« 「呼び出されても拒否」=裁判員候補者ら会見-東京 | トップページ | 小田島から斎藤氏への手紙2 »

コメント

元奥様、大変な苦労をされていたのでしょうか、文面から怒り憎しみがにじみ出ておりますね。しかし、一度は好き合った仲です。彼を選んだのはあなたご自身です。一個人の恨みつらみをあまり公表されないほうがよろしいのではないでしょうか…。言葉が悪くなってしまいますが、惨めに聞こえてしまうのです…。ましてや、身内の方の名前まで出されるのは…。あなたは今、幸せに暮らしている。ならば、その幸せだけを見て生きてゆきましょうよ。見たくないもの、見ずに済むものは見ずに生きてゆきましょうよ。それでいいじゃないですか。

投稿: A・M | 2010年6月11日 (金) 01時39分

元嫁さんへ


あなたが小田島を選んだわけです。
それであなたの人生がどうなっただろうが、
そりゃああなたの問題ですよ。

云ってること、わかりますよね?。

あとね、いくら死刑囚とはいえ、身内の名前は出さない!(仮名だとしても)。
こうゆう基本的なことが出来ないんだから、
そりゃ人生棒に振って然り。

老婆心でスイマセンね。

投稿: | 2009年5月31日 (日) 12時35分

小田島の元奥様のリアルな文面を拝読させて頂きました。失礼な質問をする事をご容赦下さい。小田島死刑囚は奥様の姓をなぜ離婚後も名乗り続けているのですか?奥様とは戸籍上まだ繋がっているのでしょうか?

投稿: 冠 | 2009年5月29日 (金) 00時13分

ずーーーっと考えてました。小田島に対する、憎しみ、憎む事が私の人生でした。
憎む、憎悪、
私はこの男に、人生をなげうってしまったのです。
後で、考えるとこいつ程、気に食わない男はいません。

優しさと気まぐれを天下泰平に過ごした、奴です。

本来、年表なんか書いてますが、実は大違いです。

産まれた時は、親であるとこの母が19歳の幼い、年齢でした。その時産まれた時代は、1938年位でしょうか。
戦後間もない頃、産声をあげた、畠山鉄男、私と結婚した事により、現在、
小田島鉄男を名乗ってます。

実は、この男の経歴は、華麗でもありますが、醜い人生でしたって言うと失礼かも知れませんが、


まあ、北海道って言うとこは、寒さ厳しい、訓子府で生まれ育ち、それが悲しみの出発点ですね。

だが、
しかし、
それ程、辛い幼少期では、なかったようです。

彼は恵まれすぎる程の幼少期を送ってます。

祖母で育てのあるとこの親は、ホテルを経営していて、孫である彼は、
食べる物は、イクラ、鮭が当たり前だったそうです。

私は彼と7年付き合い、そして結婚しましたが、そんな裕福な、人生を送った事がありませんでした。
聞いてビックリしました。

孫、可愛さの為、必要以上に愛情を注がれてそれが
彼を歪めたんですね。

時に厳しくが、何時の時代も必要ですね。


母親であるとこの母は、水商売をし、再婚、最再婚を繰り返しながら、子供を産みます。

鉄男の、次に産まれた子供、勇子は、
どう言うことでしょう、恵まれない環境でも、両親の愛に恵まれたせいでしょうか、すくすくと育ちましたが、

悲しい、結婚生活だった様です。

でも、勇子は、名の如く、
旦那の借金を払ったり、息子を大学まで進学させたり、親の墓守までしてしまいます。

私にも勇子から、援助の願いがきましたが、私はすげなくお断りしました。
何故なら、

彼に新しい結婚相手がいたからです。

凄く気に入っているようでした。

私は妻でありながら、結婚式もした事がありませんし、生活費も私の稼ぎで、あるのに対し、

新しい恋人の為に、デート代を強請られ、
そして、
別れた、奥さんの生活費まで強請られました。

二言目には、金を出せでした。

その、度に私は脅えて、金を出さないと殺されかねない、怖さがありました。
本当に怖かったです。

彼との暮らしは、何時も「死」と向き合っていました。

彼を、「斧で切り刻む」

それが、夢に描く毎日です。

私には、

今、愛する家族がいます。暖かく見守ってくれる友達もいます。

だから、

殺人もしませんし、人を殺したいとは、思いませんが、

この、小田島、モト夫だけは許せないんです。

まるで、生き方が違う事を、じわじわと感じさせる奴でした。

現代女性にありがちな私の強さも、災いしていたのかも知れないです。

投稿: | 2009年5月28日 (木) 11時44分

人を食い物にして、最後まで税金を食って生きてるんでしょ。
あんたは残飯あさりがお似合いですよ。

投稿: | 2009年5月28日 (木) 10時56分

殺した相手に、なんて言ったんだお前は、金だせ、金出さないと、死ねって脅したんだろ。
そして殺したよね。
それで、貴様は生きてるんだ、
早く死ねよ。

投稿: | 2009年5月27日 (水) 18時35分

>死んでくれたら、ありがとう死んでくれてとお礼を申し上げます。

嘘つけ~! 当たるところがなくなっちゃって今度はあんたが人でも殺すんじゃないの?

投稿: | 2009年5月27日 (水) 15時10分

明日の執行を心より、願います。

投稿: | 2009年5月26日 (火) 17時08分

少しでも小田島さんが長生きできますように・・・・。死刑執行されませんように・・・・。

投稿: | 2009年5月25日 (月) 23時25分

「死ね」と書く人間、小田島さんを批判できる人間ではありませんね。

投稿: | 2009年5月25日 (月) 23時24分

早く、死刑が執行されます様に、

投稿: | 2009年5月25日 (月) 20時09分

小田島年表を初めて見たのですが、非常に幼い時期に起きた無理心中と苦しい貧困から始まった小田島死刑因が、普通の人間として温かく迎え入れられたことが一度でもあるのだろうか、と思いました。 そして、若い時期から幾度も実刑を受けながらも、「更生」の文字の本当に意味する機会は十分にあったのだろうかと。 どんなことを理由にしても人の命を奪うことは許されるべき行為ではありません。 けれど、犯罪者が死ぬことで、被害者の苦しみや憎しみが終わるわけでも軽くなるわけでもありません。 「悪もの」が死んだから、社会が良くなったとも思えません。 私自身の被害者として犯罪事件に関わった経験では、犯罪者には人としての生き方、いのちの尊さ、人の温かさを服役中に理解し、犯した罪の重さと向き合って、その罪を一生かかってでも償っていってほしいとうのが意見です。 これだけ心理学が発達し、カウンセリングやサポートグループが一般になった世の中に、それを福祉や更生施設に役立てて、機能不全家族で苦しむ人々や小田島死刑因のように罪を重ねる人を減らしていくのが社会の安全に繋がると思います。     

投稿: ri | 2009年5月25日 (月) 17時18分

死刑執行された日に行って、身体を斧で切り刻んでやりたい。恨みます。

投稿: | 2009年5月25日 (月) 16時45分

恨みます。心より恨んでます。それが普通です。心底恨んでます。
生きていても、恨みばかり残ります。
腹立たしいばかりです。
死刑が執行されれば、恨みが少しは和らぎます。
1日でも早くしんで欲しい。死ぬ日が近ければ近い程いいです。
昨日でも良かった、一昨日でもいいです。
殺されて、嫌がらせされた者ですから、一刻も早く死んでください。死んでくれたら、ありがとう死んでくれてとお礼を申し上げます。

投稿: | 2009年5月25日 (月) 16時43分

新自前

投稿: | 2009年5月24日 (日) 20時49分

心より、早い執行を願います。

投稿: | 2009年5月24日 (日) 18時15分

恨みがあるから、

投稿: | 2009年5月24日 (日) 18時03分

早く死ね!とか普通言うかなぁ

投稿: 先輩 | 2009年5月24日 (日) 16時50分

確実に死ぬことが決定している死刑囚に「死ね」と言うのは全く無意味ではありませんか?

それしか感想の言語化ができないのならこの小田島ブログを読む意味もないでしょう。

攻撃するだけなら理性のないサルでもできますし、何よりアナタの時間が無駄になりますよ。

もう少し静か

投稿: | 2009年5月24日 (日) 14時59分

やばい!
心の病気になると執行できないじゃん!

早く執行してほしいという、上申書を書くように
ちゃんと伝えてね。

早く執行した方が、世の中のためなんだから。

投稿: 法 | 2009年5月24日 (日) 12時41分

心を病んでいるのでしょうか?
この人は本心を誰にも言えずに死んでいくのでしょうか?
言いたいことがあるのに言葉に出来ないように感じました

投稿: | 2009年5月24日 (日) 10時26分

執行まだー?


投稿: | 2009年5月24日 (日) 02時56分

悪口は やめよう という方へ 私へのコメントですか?そうならば 悪口ではないですよ ただの感想です。 と お伝え申しあげます。

投稿: すー | 2009年5月23日 (土) 07時36分

悪口は、やめよう。

投稿: | 2009年5月22日 (金) 23時41分

第一回から読み始めてようやくここに辿り着きました。生きて罪を償うより死んで罪を償うと 決めたこの人は、生きている 今 辛いのでしょうね。獄中のこの人にこのブログへのカキコミ全て見せたところで、 多分 反省はしないだろう って いうのが ここまでの感想です。正直 同情とか 応援する気持ちは 生まれませんでした。DVや傷害を何度も繰り返す人も、この人と同じ 自分が可愛い人間で、傾向としては 機能不全家族で立派にアダルトチルドレンに育てられた人間ですね。

投稿: すー | 2009年5月22日 (金) 22時12分

早く死ね。

投稿: | 2009年5月22日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/29742937

この記事へのトラックバック一覧です: 小田島から斎藤氏への手紙1:

« 「呼び出されても拒否」=裁判員候補者ら会見-東京 | トップページ | 小田島から斎藤氏への手紙2 »