« <メキシコ>緑の党「死刑導入運動」に欧州が絶縁 | トップページ | 福岡事件:再審棄却 「過去の問題ではない」 学生ら真相究明求める /熊本 »

2009年4月 7日 (火)

ギリギリの決断、積み重ねた状況証拠 舞鶴高1殺害で男逮捕

4月7日13時48分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090407-00000564-san-soci

|

« <メキシコ>緑の党「死刑導入運動」に欧州が絶縁 | トップページ | 福岡事件:再審棄却 「過去の問題ではない」 学生ら真相究明求める /熊本 »

コメント

容疑者の男は女性の下着と神社の賽銭箱から2000円を盗み服役していたらしい。

私が腹立たしく思うのは、前回の懲役による更正が無意味に感じる点である。

元死刑執行官の書籍に興味深いデータがあったので紹介させて頂きたい。以下引用。

ある初犯刑務所の受刑者の統計を見ると平均刑期は3年3ヶ月、平均年齢は45歳8ヶ月で60歳以上の高齢者が約15%もいる。学歴は高校中退以下が59%以下を占めており、精神障害のある者が約12%、身体障害がある者が約41%、精神障害と身体障害を併用する者が約12%となっている。

またIQ指数で見てみるとIQ70~89が約48%
50~60が約17%、49以下が9%である。

つまり受刑者のほとんどは言わないまでも相当数が精神的、身体的、あるいは能力的に障害のある者によって占められているのが実情なのである。

この現実を見ただけでも「刑務所教育」がいかに困難であるかわかるだろう。

・・・・・途中省略・・・・

精神障害のある者は教育以前に専門的な治療を施すべきであるし能力的に低い者については実際のところ手の施しようがないのだ。

再犯を防ぎ、あるいは凶悪な犯罪の被害者を少なくする根本的な対策として私は出所しても帰省先がない者を保護する「緊急保護センター」のような施設を設ける必要があると痛感する。

引用終わり。

引用元「元死刑執行官だけが知る監獄の叫び」

長文失礼しました。

投稿: 土建屋40才 | 2009年4月 9日 (木) 13時07分

本当に不思議だ。今度は死刑でしょう。

投稿: | 2009年4月 9日 (木) 04時26分

想う人に同意 二人の方を刺殺したとか?なぜ死刑を免れたのか

投稿: マッスル | 2009年4月 8日 (水) 22時21分

容疑者の前刑が死刑だったら、高校生は死ななくてすんだ。
やっぱり、死刑は大切だ。

投稿: 想う人 | 2009年4月 8日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/29012391

この記事へのトラックバック一覧です: ギリギリの決断、積み重ねた状況証拠 舞鶴高1殺害で男逮捕:

« <メキシコ>緑の党「死刑導入運動」に欧州が絶縁 | トップページ | 福岡事件:再審棄却 「過去の問題ではない」 学生ら真相究明求める /熊本 »