« 第217回 髪結い伊三次 | トップページ | 延長、廃止など4案=時効制度、見直し是非に踏み込まず-法務省中間報告 »

2009年4月 4日 (土)

第218回 追伸、領収書返送遅れました

比嘉さん...
領収書の返送が遅れまして申し訳ありません。

2月以降ぐずついた気候が続いていますがお元気ですか。
今朝は曇ガラス越しの朝陽で目が覚めましたが、久しぶりに天気になった様な気がします。
Mとの交信は今月中にあと一度位はできるかな、と思っているところです。

花粉症は大丈夫な体質ですか?
不況の中、春闘が始りましたが、社会は本当に大変そうです。私は外の事に気持を動かさず、日々を唯々寂静にすごすように心がけています。

まだ寒暖の差がある気候ですので何卒お体にはご注意願います。
いつも本当にありがとうございます。
2009.3.15.日.14:30Pm

比嘉健二様

|

« 第217回 髪結い伊三次 | トップページ | 延長、廃止など4案=時効制度、見直し是非に踏み込まず-法務省中間報告 »

コメント

>>億さん

いえいえ、こちらこそ読みづらい文章で申し訳無かったです。
民間人とかそういうのは考えず、私だったら頭ごなしに小田島を責め立てると思います。
敷地を寄付とか絶対にしないだろうし。
私が庶民だからなのかもしれませんが……。

関係ないけど死刑廃止について。
私は簡潔に言うと死刑賛成派です。
死刑が無くなって欲しいことに変わりはありません。
しかし人を殺しておいて無期でいいのかと考えると、どうしても死刑が必要だと思ってしまいます。

死刑がどうのこうのより、犯罪を減らすことのほうが重要に思えます。
ただ声を高らかに死刑反対を主張しても、無意味な気がします。

本当に目指すべきは死刑廃止などではなく、犯罪抑止ではないでしょうか。

投稿: 藻屑 | 2009年4月 7日 (火) 21時10分

2009年4月 7日 (火) 02時03分さん

自らの心を修めることが第一にできることだと思います。

投稿: amp | 2009年4月 7日 (火) 13時03分

億さん

私も死刑には反対です。
法を守るために私は生きている訳ではなく、善く生きるために法を守るのです。
死刑制度に封建的なにおいを感じます。主権は国民にあるはずですが・・・

投稿: amp | 2009年4月 7日 (火) 12時59分

≫千葉県松戸市の安全ステーションに伺えば、私だって人間ですから感無量になると思います。
それでも…死刑・死刑制度は反対なんです。
子供の我儘ですか?

投稿: | 2009年4月 7日 (火) 11時44分


死刑存廃論、小田島死刑囚の是非を語る前に個々の人間として出来得る事はなかろうか。


死刑存廃、小田島死刑囚、もしくはそれ全てに関わる物議を醸し出したところで、知識は得ても結論は出まい。
肉親であろうがなかろうが一個の人だからである。
そして我でさえも自分であり自分でないのである。
真の意味でこれを理解できる人はどのくらいいるのだろうか。
そこから先をも理解しなければ、これから起こりうるであろう非道極まりない犯罪も他人も社会も、我でさえも何もかも全てが現状と変わらないであろう。
なぜならこの世は嫉妬、憎しみ、怒りで満ち溢れているからである。

誰もが真の意味で我を捉え、他者一人一人を見、そこから先何かしらを行動せねばならないのである。
身近なものでも、各々に出来る事は必ずあるのだ。
それなくして死刑存廃論、小田島死刑囚の是非、平和など語ることは出来ないと思っている。

死刑とそれらを取り巻く知識のみを繰り広げ、修得していては根本的に何も変わらないのである。
我々に出来る事は各々に委ねられているのであり、またそこから何かしらを得、各々が向上していくのも事実なのである。
そのあたりをみつめず今しか見据えていないがために、全ての人々、事柄、死生において誤作動が生じるのである。

表面的な事柄ばかりをみていては限界が生じるのである。

どうか一人でも多くの者がそこに気付いてほしいものである。
第二 完

投稿: | 2009年4月 7日 (火) 02時03分

随分と文章に気を遣ってますね。きっと読書の成果が現れているんだと思います。小田島はお金などはどうしているのでしょうか?

投稿: | 2009年4月 7日 (火) 00時24分

ただでさえ要点がまとまってなくて分かりづらいんだから。
難しい言葉を使うと、さらに分かりづらい。

投稿: | 2009年4月 6日 (月) 23時59分

小田島確定死刑囚の書簡の感想。
領収書の額が是非か否かはありがちな論議。

ただ春闘に触れている箇所から思うには、恐らく比嘉氏という人物は、その方面に感心・関わりのある方という事が察しれる。
現状関係維持への希望から『春闘』という活字を用いているように読む。
まともな職歴の無い小田島確定死刑囚に春闘は単に比嘉氏への、ご機嫌伺いだろう。

そんな奇特な方も稀な訳だから(商売人と思う人がいれば…批判する前にやればいい)
素直に感謝の言質を書いてもよかろうに。

投稿: 億 | 2009年4月 6日 (月) 23時25分

ampさん。
仰る通りでマブチモーター創設者の遺族代表は、富や名声に関係なく、私に爪のアカを呑ませることができる程に素晴らしい、敬愛に値する人物だと察します。
(他にも沢山いると思いますが)
千葉県松戸市の安全ステーションに伺えば、私だって人間ですから感無量になると思います。
それでも…死刑・死刑制度は反対なんです。

投稿: 億 | 2009年4月 6日 (月) 22時45分

億 さん

マブチモーターは海外の工場でも学校を建設したり、奨学金をだしたりしているのですね。

社会に大きく貢献している人物を害したのですから、小田島氏の罪はさらに深いですね。

投稿: amp | 2009年4月 6日 (月) 21時58分

藻屑さん。
文章の前半と後半の区切りが分かり難い私は、常に国語と現代文は『3』でしたから…コメント返しに詰まりますが、馬渕氏への賛同ならば財界人としての馬渕会長と民間人の馬渕氏の行動は、各々、分別しましょう。
というのも、私個人としての馬渕氏の姿勢は本当に素晴らしく思いますが、ややもすると富があるから成せる業とも思いますので、そこは沈着に見極めたいと思ってます。
事件直後にマブチモーター株が急下落し回復したことも踏まえてます。(冷徹なひねくれ者です)
これらの事実は当事者しか分かりません。
だから現物を見に松戸に行くのです…行ってどうのこうのという訳ではないですが。
少なくとも、現在進行形の死刑囚ブログである、死刑廃止論者として、無力ながらも、ここに書き込む以上の責務は担いたいと思ってます。
(これまた反論必至ですね)

投稿: 億 | 2009年4月 6日 (月) 21時52分

死刑囚は毎日ただ飯くえていいですね

投稿: | 2009年4月 6日 (月) 20時19分

外の事に気持ちを動かされるのも良し、日々を唯々寂静に過ごすも良し、小田島さんにとって最善と思う、小田島さんにとって満足と思う日々を過ごされるのがベターです。

投稿: | 2009年4月 6日 (月) 19時41分

すみません。
下のコメントの前半部分は匿名の方に、億さんへのレスは後半部分です。
申し訳ありません。

投稿: 藻屑 | 2009年4月 6日 (月) 19時18分

>>億さん

そうですよね。
ぶっちゃけ自分も死刑に限らずどの刑罰も、犯罪抑止にはならないと考えています。
罰はあくまで罪を犯した人に対する処置なのかなあと思います。

「死刑が怖いから殺人をしない」というのは間違ってる。
本当なら死刑なんかなくてもみんなが幸せになれる社会を作らなきゃいけない。

でもいまの犯罪の内容などを見ると、やはり死刑は重要な刑罰だと思います。

そして馬渕会長の人間性は素晴らしいですよね。
ただそれで満たされるわけもなく、会長ご自身も様々な葛藤をきっとなさっているわけで……
その結果なのだと思うと、本当にやりきれないですね。
小田島もその事実を理解しているのか気になります。

投稿: 藻屑 | 2009年4月 6日 (月) 19時17分


小田島氏を死刑にしたところで、ただ本人が楽になるだけではなかろうか。


死刑在置の現在犯罪は増加している。
悪質な犯罪者を作り出す要因は何か。それは生まれ持った個々の性格にプラスされていくであろう、とりまく環境(人的・物的要因等)全てではなかろうか。そこをなくして死刑存置しているだけでは絶対的に犯罪はなくならないだろう。

つまり法律上死刑を受け入れるべき現代であるが、全ての人類各々が犯罪増加の要因を改めていかなければ、死刑存廃どちらにしても犯罪抑止に繋がることはないだろう。永久に死刑存廃論を繰り広げるだけではなかろうか。確かに論じ合うことで得るものはある。残酷ではあるが、被害者加害者遺族それらを取り巻く者達、共に一個の人間と考えたならば、その経験より何かしら得としているのも事実であろう。全ての出来事に無駄はないのである。
日本は豊かになりすぎた。

投稿: | 2009年4月 6日 (月) 15時22分

今日4月6日、小田島確定死刑囚の代表的犯罪のマブチモーター事件の遺族が、その放火された敷地を松戸市に寄付し、その場所に市側と遺族側が施設費を折半で防犯安全ステーションを建設。
今日が運営初日だそうだ。
どんだけ松戸市の財政難なんだ…は、さておき。遺族代表の馬渕会長の社会倫理観には頭が下がる。
それ以上に、真相究明の為に犯人逮捕への有力情報に1000万円の懸賞金を賭け実際に4人に250万円ずつ払っている。
それでも小田島確定死刑囚や上告中のM被告へのコメントを極力控える辺りに馬渕会長の富と名声を超えた社会倫理観には同じ人としての私としても敬意以上の者を払いたい(富と地位・名声があるからできる事という視点もあると思うが)
早速、近日中に伺いたいと思いました。

投稿: 億 | 2009年4月 6日 (月) 14時24分

正直、月6万はやり過ぎだと思う。
いや、だってそれで救える人って世界にたくさんいるんじゃないの?

でも命の重さは同じなわけで、そういう倫理的なことを考えるとなにも言えなくなってしまう……。
「どうせ死ぬのだから多少嫌な思いをさせたっていいじゃん」と考えてしまう自分がいる。

投稿: 藻屑 | 2009年4月 6日 (月) 14時05分

死刑囚全員が月に6万円を必要としているとは思えないがそれぞれがヒマを潰そうと思えばそれなりのお金が必要だろう。6万円と言えばサラリーマンの小遣いより多い。小田島のように副収入がある死刑囚は恵まれてる部類だろう。万が一小田島が外に出てきてもこれだけ有名になれば食っていけるのではないか。ただし居場所はどこにもないと思うが。

投稿: 冠 | 2009年4月 6日 (月) 09時56分

以前に管理人さんが 小田島死刑囚は このブログを知ってるとコメント欄で
言ってましたよ


しかし、コメントの内容は伝えられといないと。

投稿: 通りすがりの者 | 2009年4月 6日 (月) 09時22分

言論の自由には、責任ってものが着いてくるんだよ、坊や。

投稿: | 2009年4月 6日 (月) 05時33分

関係ない話で申し訳ないが、YouTubeで“小田島”で検索すると齋藤充巧氏のインタビューが色々見られるんですね。
齋藤氏は「死刑制度があるのだから小田島の死刑は仕方ない」との意見ですね。
私とは少し意見が違いますが、似た考えだと思いました。

投稿: | 2009年4月 6日 (月) 01時38分

人は追い込まれると人格が変わるが解放されると欲望が出てくる

投稿: 人 | 2009年4月 6日 (月) 01時12分

皆さんの意見、色んな見方があって、考えさせられます。死刑制度があって初めて反省、悔悟の念を覚える死刑囚も存在するのでしょう。だとすれば、死刑制度も必要だと思います。かといって、反省している人間を、目の当たりに見て、毎日接し、その人となりが分かっていて、刑を執行する刑務官の心境たるや……。
私は光市の事件の被害者のご主人を見て死刑制度をつくづく考えさせられます。多分私も身内を殺されたら彼と同じように命には命と思ってしまうだろうし、きっと、釈放されたら自分の手で…と。
ただ、もしも毎日、犯人の様子がわかり贖罪の心が伝わって来たら、どう感じるか?答えがわかりません。このブログは小田島氏は多分承知しているように思います。月4万円の報酬なのでしょう。
承知の上であれば、被害者の遺族に対し刑の執行が償いだという事ではなく、心から何を思っているか伝えていってほしいです。同じ死刑囚でも外へ発信できない人がほとんどです。ましてそれが報酬に繋がるのですから執行される事に開き直らず悔悟の念を伝えて欲しいと思います。長文、失礼致しました。

投稿: 姫 | 2009年4月 6日 (月) 00時56分

死刑囚に同情はやめましょう それだけのことをしたのです 執行されるまでに好きな読書ができるだけでも有難いこと 読書なんかしてないで被害者の方々、また遺族の方々を思ってひたすら反省してろ と言いたいです

投稿: やまでら | 2009年4月 5日 (日) 21時50分

池田小学校で殺傷事件を起こした宅間守元死刑囚は、暇つぶしの本代・お菓子など食料品の購入に、月6万円は必要と言っていましたね。
6万円が最低ラインだと。
冬場にカイロであったかく過ごしたかったら8万円はいると言っていました。
小田島は拘置所で快適に過ごすために(収入を得るため)、このようなブログを始めたのではないでしょうか。
あと、ルビーとベビーのため…?

投稿: ハル | 2009年4月 5日 (日) 20時35分

例えば小田島死刑囚が娑婆に戻れたとしても世間の冷たい目に晒され近隣の住民は夜も眠れず、まともな社会生活は期待出来ないと思います。

多分彼にとって3度の飯に困らず雨風がしのげて読書が出来る東留こそが彼にふさわしい居場所だと思います。

投稿: 土建屋40才 | 2009年4月 5日 (日) 20時24分

そしてまた、人が殺される。それがあなたに関係のある人ならどうよ?

投稿: | 2009年4月 5日 (日) 18時10分

殺人犯を社会に出してあげたいなんてよく言えますね。

あなた責任もてるの

投稿: | 2009年4月 5日 (日) 17時07分

社会に出したいなら、出た時お前が面倒見ろよ。何回も犯罪を犯して四人も殺して何回も逮捕されてる奴の行動を責任を持って見てろ


馬鹿が

投稿: ↓ | 2009年4月 5日 (日) 17時02分

不可能だけれど・・・、できることなら、もう一度社会へ出られるチャンスを与えてあげたい。

今までの小田島さんの記録を読んでそう願うばかり・・。

投稿: | 2009年4月 5日 (日) 14時15分

今まで支援される事のなかった人が支援されるのは嬉しいでしょうね。
感謝の言葉もきっとそこからきてるのでしょう。
罪が許されるわけではないですが本当に可哀想な方ですね。

投稿: | 2009年4月 5日 (日) 10時01分

比嘉さんに領収書を書くという事は比嘉さんから現金を貰ってるって事になるが。

彼は何の対価としていくら程貰っているのだろうか。

多分この記事の原稿料だと思いますが。

気になります。

投稿: 土建屋40才 | 2009年4月 4日 (土) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/28961928

この記事へのトラックバック一覧です: 第218回 追伸、領収書返送遅れました:

« 第217回 髪結い伊三次 | トップページ | 延長、廃止など4案=時効制度、見直し是非に踏み込まず-法務省中間報告 »