« 第212回 悪い夢 | トップページ | 第214回 雪見納め? »

2009年3月28日 (土)

第213回 最後の送金?

3.1.(日)小雨
世界同時不況の影響で、解雇されて出稼ぎ先の国から帰国するフィリピン人が急増しているという。

外国に出稼ぎに行った者から家族に仕送りされる金額が国家予算の3割を占めるフィリピンでは、私がレビーの家に行っていた、6〜7年前の頃よりもさらに生活が厳しくなっていることだろう。

今月は
レビーの誕生日、(3/31)なので3/25頃迄に送金をすることと、多分今回の送金が最後になると思うことなど、和英辞典をひきながら手紙を書き始めたが思うように進まない。何とか10日頃には発信したいのだが。

|

« 第212回 悪い夢 | トップページ | 第214回 雪見納め? »

コメント

>A・M様
ご質問ありがとうございます。現在、死刑確定者との交流は厳しく制限されており、小田島死刑囚は現在、身元引受人である斉藤充功氏、当ブログの管理者の一人である比嘉氏他2名と手紙の交流をしております。

ただ死刑確定者に面会して取材している例もありますので、死刑囚が収監されている拘置所とその死刑確定者自身の許可がでれば、可能ではないでしょうか。

投稿: ブログ管理人 | 2010年6月10日 (木) 20時19分

管理人さん、是非、私も何かお送りできたらと思います。以前から、獄死した方や刑死した方の合同墓地へお花やお線香を差し上げに参ったりはしていたのですが、今、現に生きて居られる方に、何か役立つものがあれば、是非とも協力したいのです。その方法を教えて下さい。確定者の方と文通ができれば、一番良いのですが…。とにかく、何かお力になれることはないでしょうか?

投稿: A・M | 2010年6月10日 (木) 18時25分

小田島殿

自己弁護するでもなく死刑台に向かう姿に
貴殿の精神性を感じます。
しかし、子供のためにも生き残って欲しい。

小生、紆余曲折の人生で今はドン底に近いです。しかし、遺族や世間に何と言われようが、何か出来ないかと思っています。今、一番差し入れで欲しいものをお伝え下さい。お送りします。
ちなみに貴殿とは同じ学年です。少年時代に貴殿と出会っていたらきっと悪餓鬼友達になれていたような気がしています。

xxx
管理人様
以上を小田島氏へお送り下さい。
返答は当方のメールアドレスにお願いします。

投稿: xxx | 2009年5月14日 (木) 19時36分

金の切れ目は…。
もう、きっと、フィリピンからの手紙は来ない…。

でも大丈夫、きっと心あたたかい善意の人が最期まで面倒を見てくれるでしょう。

投稿: 通過中 | 2009年3月31日 (火) 23時46分

らんさん。

そこは、もしやプロテスタントを名乗る、統一○○という所では(笑)

東北の方で、チリ人タレントの事件もありましたね。

男女の関係は当事者同士の自己許容範囲の満足度の問題ですからね~
知らない方が幸せなこともある……のかなと。

投稿: 億 | 2009年3月31日 (火) 08時54分

私はプロテスタント教会に行っていました。そこはなぜか70パーセントは日本人男性と結婚したフィリピン人女性で、20パーはアフリカ人、残りが日本人信者という日本では珍しい教会でした。仲良くなるにつれて彼女たちの本当の目的をたくさん知りました。日本人夫につくしている一方、フィリピンには「本当に愛している男性」や「子供たち」がいます。夫はなにも知りません。クリスチャンであってもそういう人たちが本当に多いんです。夫は、というと、「妻の親戚のかわいそうな子供たちに仕送りしてあげているんだ」と信じているんです。もちろん、全員とはいいません。ほかのルート(タレントビザで日本に入ってきた人ではない人たち)は、かなり異なるようです。こういうウェブもありました。
もう一度いいますが、全員とはいいません。でも私が観てきた多くのフィリピン人女性は、このウェブに書かれていることと全くといっていいほど同じ行動をしていました。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~v-o-t/philippin1-jiken.htm

投稿: らん | 2009年3月31日 (火) 04時39分

らんさんへ 私の周りにはフィリピン人と結婚した奴が沢山います。もちろん彼女たちは日本にいます。フィリピン人は愛情に厚く優しい人が多いです。仰るようにフィリピンにいる女性と在日とでは生活も大きく違うでしょう。金も必要でしょう。ではレビーがそのまま日本にいたらどうなるのか、、、やはり仕送りを受けるんでしょうね。

投稿: 冠 | 2009年3月30日 (月) 22時55分

メイプルさんへ
私は、メイプルさんと意見が違う所が、あります。メイプルさんが、仰る事は、確かに効果的な側面もあると思います。しかし、犯罪者に罪は、ありますが、犯罪者家族は、無実の一般市民なので裁く事は、出来ません。又、犯罪者家族に害を加える事は、犯罪ですよ。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月30日 (月) 18時38分

らんさんへ
突然、割り込む形になりまして恐縮です。
フィリピン人の女性は、どんなお金でも喜んで貰う人が、比較的多いと言われますが。
日本とは、違い経済的に裕福な方が少なすぎるので、子供を餓死させたり、身内の将来を壊滅させたりしない為に、背に腹を変えられない現実があるからだと感じます。問題は、フィリピンの方々ではなく、国際的な経済格差だと思います。
逆に、日本人にも、お金が全てという考えの方も、フィリピン同様に、全てとは言えないけどいますしね。又、私利私欲の為に、振込み詐欺が、流行っている低俗な民族と言われてしまうかもしれませんね。互いの違いを理解し、協力しあえる考え方が、大事だと私は、思います。
らんさんの様に、色々な意見や考えを出すのは、良い事だと私は、思っています。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月30日 (月) 18時31分

冠さん

フィリピン人女性が全員そうとは言いませんが、日本にタレントビザで来ている人たちは、どんなお金であろうと、誰からであろうと、お金なら喜んでもらいます。
考えないんです。考えようとしないんです。
彼女はもちろん彼がしたことも、死刑を待つ身なのも知っています。

投稿: らん | 2009年3月30日 (月) 15時38分

冠さん

フィリピン人女性全員がそうとはいえませんが、タレントビザで日本に来ている人たちの99パーセントは、どんなお金であろうともらえるものはもらいます。どんな相手からでも。

投稿: | 2009年3月30日 (月) 15時35分

犯罪者の親族を死刑とかナンセンスです。
天涯孤独の人は殺人を犯してもいいともとれる発言ですね。

「人を殺したら死刑」などと単純に捉えて、「死刑になりたい」などとアホな理由で他人を傷つけるような事件を減らす為にも、塀の中の懲役囚の惨めな生活や死刑囚の死刑執行までの辛く長い道のりを、もっと国民が知らなくてはならないのだと思います。

投稿: ○○ | 2009年3月30日 (月) 15時09分

自分が殺されるのと、家族が殺されるのとどちらがつらいか。

死んでしまったらその後の世界はないが、遺されたら一生苦しまなくてはならないと考えると、家族が殺されるほうが辛いかも知れない。

犯罪を犯したら、本人が死刑になるのではなく、親か子供か配偶者を死刑にするという制度を作ったら、死刑が少しは犯罪の抑止力になるかも…???

投稿: メイプル | 2009年3月30日 (月) 03時34分

下に「死刑者数、執行者数共に激増」とコメントがありましたが、必然と思います。
死刑判決を受けると言う事は、必ずその死刑囚に殺害された被害者がいるのです。
しかも、殺害された被害者が一人の場合に死刑判決が出る事は少なく、死刑囚一人に対して二人以上の被害者がいる計算になります。
さらに日本の死刑執行方法は、確実に瞬時に絶命させる為に研究された絞首刑です。電気椅子や銃殺ではありません。
拉致殺害の星島は、首に刃物を刺して暫く放置し、その後刃物を抜いた“だけ”だった為、殺害方法が残酷でないと認定され無期懲役となりました。
それに比べれば日本の処刑方法はかなり人道的だといえます。
死刑は感情的な私刑を防ぐ為の法律と裁判によって決められます。決して感情的に死刑判決を出しているわけではありません。
因みに、「死刑執行は年間○人まで」と言う様な規定はありませんが、「判決が確定後6ヶ月以内に執行」と言う規定は有ります。

投稿: 〇〇 | 2009年3月30日 (月) 00時32分

無期懲役が事実上の終身刑になっているのは、マル特無期囚だと思いますよ。

投稿: 億 | 2009年3月29日 (日) 23時11分

死刑制度が日本の伝統、文化かといえばそんなことはありません。
犯罪被害者でも、犯罪者に死刑、重罰を望む人と望まない人がいますが、メディア等は死刑、重罰を望む人の声のみを採り上げ、特定の事件をワイドショー化し、お茶の間とスタジオが法廷になり、「死刑だ、厳罰だ」と大合唱する。
権力者がこれを利用して、一層の厳罰化を推進する。
そのため世界が死刑廃止へと向う中で、日本のみ、凶悪犯罪が増えているわけでもないのに死刑判決、執行数共に激増しています。
また、無期懲役が事実上の終身刑化し、懲役刑も異常に延びる傾向にあります。
近ごろの日本は常軌を逸しています。

投稿: | 2009年3月29日 (日) 20時00分

死刑囚にも、定額給付金が、支払われると聞いたのですが。本当でしょうか?
フィリピンに送金すれば、相当な額になりますよね。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月29日 (日) 18時21分

Mは小田島の事を師匠と呼んでいたのか。金銭目的でもない訳だな。4回も結婚して慕う人間もいる。頭もそこそこいい。それでいて殺人モンスター。なんか不思議な人間だな。

投稿: 冠 | 2009年3月29日 (日) 18時01分

死刑断固反対\(^O^)/

投稿: | 2009年3月29日 (日) 17時48分


送金間に合うといいですね。

この不況は世界中に大打撃を与えてるんだなあ.と。

早くこの状況を打破できればいいですよね。

投稿: 志織 | 2009年3月29日 (日) 16時53分

2009年3月29日 (日) 05時09分の方

貴重な情報、感謝。

投稿: 元祖何様 | 2009年3月29日 (日) 11時33分

間に合うといいですね。

うちも、学校に行く前にニュースを視るのですが、必ず不況の文字が出てきます。

確かに、元からフィリピンゎ少し貧しい国なので、生活も苦しいと思います。

それが、さらに苦しくなると考えると、胸が痛みます。

投稿: 風花 | 2009年3月29日 (日) 11時00分

執行は共謀事件の共犯者の裁判が 上告中のうちは、事件解決・裁判終了となされないから上告棄却時期の情報か噂が入ったのかもしれませんね。

どなたかのコメントで、『犯罪者家族は被害者』とあり、私も同感してます。
被害者親族は小田島の命を差し出す。
だから賠償はしなくて良いぐらいに考えているんですかね。
だとしても、フィリピン妻と息子に罪はないですが。

投稿: 億 | 2009年3月29日 (日) 09時31分

匿名太郎さん、ありがとうございますm(_ _)m(^-^)

投稿: 。 | 2009年3月29日 (日) 07時15分

養子縁組みをする人とは、宮城刑務所で生活を共にした人物だそうです。
小田島に仕事や所内のルールなどを教えてもらい、小田島を「師匠」と呼び恩義を感じているよう。
彼の養子縁組みした目的は、小田島との面会、そして同じ墓に入ること。

投稿: | 2009年3月29日 (日) 05時09分

小田島の最初の犯罪は、空腹にたえられず食べ物を盗んだことからだった。戦後しばらくの間日本の経済が麻痺し、日本人だれもが空腹で貧乏だった時代。

その体験が忘れられなかったのか、
どうせ強盗するなら金持のほうが実入りが大きい方がいいと、ただ思ったのか、
その両方かしらないが、

小田島は『金持だけを狙ってきた』といっていたな。
たぶん小田島からすれば、『金銭は、裕福な遺族より貧乏な家族へ』、『被害者への賠償は自分の命を捧げて』ということだと思う。

投稿: 元祖何様 | 2009年3月29日 (日) 04時42分

小田島よりも、小田島の送って来るdollar金でしょう。

投稿: | 2009年3月29日 (日) 04時27分

いつも思うのだがフィリピン妻は小田島が死刑囚という事を知っているのだろうか?知っていて小田島の送金を受け取っているのか?死刑囚と知っても小田島を愛しているのか?金は金と割り切って愛しているふりをしているのだろうか?その金を遺族に渡そうという気持ちは起きないのだろうか?国は違えどレビーは犯罪者家族。全て承知の上、嬉々として仕送りを受け取っているとしたなら犯罪者家族救済などこの家族に関して言えば議論するだけアホらしい。

投稿: 冠 | 2009年3月29日 (日) 02時52分

子供さんへの送金自体は心情として理解できなくもないが、被害者への賠償はどうなんだろう?

投稿: Si | 2009年3月29日 (日) 01時04分

一日でも長生きして下さい。
そして、奥さんや、子供に可能な限り送金し続けて下さい。

投稿: | 2009年3月28日 (土) 23時18分

。さんの仰る通り、生きる方が、大変な時代になりましたね。私も、他の方も良い話は、聞きません。
その事が、理由の一つとなり、死刑囚のブログが、注目されるのかもしれませんね。皮肉な時代を感じます。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月28日 (土) 22時54分

理屈では、土建屋40才さんの言う事が、正しいと思います。ひょっとしたら、当事者しか解らない事が、何か起こっているかもしれませんね!

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月28日 (土) 22時48分

有り金全部被害者に渡すべきです。

投稿: | 2009年3月28日 (土) 21時52分

執行間近に感じてだろうが…。何時も緊迫感に迫ってきてるが感じられる。精神面が強いのか遣ってきたことに本心からけじめを付けようとしてるのか。

投稿: 人 | 2009年3月28日 (土) 21時50分

死刑囚だけじゃなくて、「死ぬ」のと「生きる」のとでは、生きる方がはるかに大変な事だと思う。

投稿: 。 | 2009年3月28日 (土) 21時34分

執行間近と感じてるのだろうが…。

投稿: 人 | 2009年3月28日 (土) 21時29分

共犯の再審の絡みから推測してあと3年位ではないだろうか。

投稿: 土建屋40才 | 2009年3月28日 (土) 20時28分

ブログを読んでいて、たびたび「送金」という言葉がでてきますが、そのお金は娑婆で自分が稼いだお金なのでしょうか
? 

投稿: 長谷川 | 2009年3月28日 (土) 19時44分

小田島氏が、死刑囚として、1年も自分の命がないと感じている。又、奥さんや子供の事を心配している。
その様な気持ちが、強く伝わって来た。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月28日 (土) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/28848902

この記事へのトラックバック一覧です: 第213回 最後の送金?:

« 第212回 悪い夢 | トップページ | 第214回 雪見納め? »