« 比嘉健二への手紙3/3④ | トップページ | 第207回 あと3分入浴時間が長ければ… »

2009年3月19日 (木)

第206回 バレンタインデー

2.14(土)晴
昨日「関東・北陸以西で春風一番が吹いた。九州以外はこの10年で1番早い」と気象庁発表。

今日は東京都心で5月上旬なみの22.9度。静岡26.8度、小田原26.1度、千葉県でも夏日(25度以上)を記録した。の報。これも異常気象?

夕食時に
ピーナッツ入りのハート形のミニ・チョコレート1個が配られた。小さなチョコだがバレンタインデーの気分だけでも〜という施設側の親切心は十分伝わった。


|

« 比嘉健二への手紙3/3④ | トップページ | 第207回 あと3分入浴時間が長ければ… »

コメント

ちょっと品のないコメントがでてきましたね。
この記事はコメントを受け入れ終了にしますね。

投稿: ブログ管理人 | 2009年3月21日 (土) 22時37分

スカトロマニアウゼーw

投稿: | 2009年3月21日 (土) 22時36分


 ( 八  )
 にしこり
  ヽ二/ ドモ〜

投稿: 追跡者 | 2009年3月21日 (土) 21時31分

死刑囚に死刑の選択肢以外の何があるんだアフォ

投稿: | 2009年3月21日 (土) 20時58分

悪ふざけするな。
考えて書き込みすれや。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 20時56分

さぁさあ、盛り上がってまいりました!

投稿: | 2009年3月21日 (土) 20時56分

お前も氏ねや

投稿: | 2009年3月21日 (土) 19時52分

早く死ね

投稿: | 2009年3月21日 (土) 19時35分

死刑大大大反対
死刑賛成論者は死刑だ!

投稿: | 2009年3月21日 (土) 17時40分

死刑大大大反対happy01

投稿: | 2009年3月21日 (土) 17時33分

死刑廃止論とかマジキモいんだけどw

投稿: | 2009年3月21日 (土) 16時53分

2009年3月21日 (土) 15時37分投稿のゆとりへ
 アンタは自分の親や兄弟・家族が理不尽な殺され方を しても、その犯人を応援するんだね?
 国家権力と勇敢に闘う人として崇めるんだね?
 今聞いてんだよ!答えろっ!

 寝言コイてんじゃないよ、あ?
 オマエの頭に詰まってるのは麦ミソか?

投稿: | 2009年3月21日 (土) 16時01分

死刑反対者があらしだろw

投稿: | 2009年3月21日 (土) 15時55分

( ̄ー ̄)ニヤリ
まぁ、何だな、
ブログが炎上すればするほど、
この斎藤充功とかいうエセ”ノンフィクション作家”の思う壺なんだナ。

齋藤何某よ、
貴殿はこのブログ、被害者遺族の了解とってやってるのですかな?
一方的な外道死刑囚の手紙垂れ流して、
何の意味があると思ってるのかな?
衝撃のレポート?笑止千万。
貴殿の金ヅルにされた小田島も、
また常連気取りの舞とか元祖何様とか匿名太郎とか名乗るコテハンも
憐れなものですな。

投稿: みにもんた | 2009年3月21日 (土) 15時53分

荒らしは2chでやってもらえませんか。
更新が途絶えてしまいます。

投稿: koro | 2009年3月21日 (土) 15時52分

麻原とか屑を擁護する死刑反対者は屑以下

投稿: | 2009年3月21日 (土) 15時49分

うるせえカレー野郎

投稿: Do | 2009年3月21日 (土) 15時38分

死刑は国家権力が国民を殺すことです。
私は死刑断固反対です。
それにしても、何で控訴取下げなんかしたのですが。
守田さんは、控訴して国家権力による殺人と勇敢に闘っているのに。
国家権力の蛮行と闘う守田さんを応援してあげて下さい。
死刑判決という国家権力による殺人を絶対に受け入れたら駄目です。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 15時37分

>日本国内が、獄中じゃないの?

おまえは日本から出て行けよ

>死刑判決受けてちゃんと反省してる囚人より恐ろしい人間だらけやん。

何で反省しているなんてわかるの?
死刑囚が反省なんてするわけないじゃん


投稿: | 2009年3月21日 (土) 15時14分

ほんとに、コメント見てるとこわい。殺人犯の予備軍が、こんなに大勢いるなんて。こんなに、嫌な人間がうじょうじょいてたら、まるで、日本国内が、獄中じゃないの?ちゃんと捕まって、死刑判決受けてちゃんと反省してる囚人より恐ろしい人間だらけやん。私は別に囚人の味方でもないし、死刑反対派でもないけど。今の日本は陪審員制度はむいてない。冤罪がうまれるだろうし、ただのイジメ裁判になるやろ。人を死刑にするのを楽しむだけの奴。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 15時05分

人殺し擁護も同罪だろ!

投稿: | 2009年3月21日 (土) 14時18分

死刑に反対する人は精神異常だから無罪です

投稿: | 2009年3月21日 (土) 14時00分

死刑か無期懲役かは被害者側が決めればいいと思う。

誰も文句は言わないんじゃないかな。

投稿: ポコ | 2009年3月21日 (土) 13時41分

死刑云々の前に、自分で死んでくれ。
償うということはそういうこと。
何生きてんだ?

投稿: 小僧 | 2009年3月21日 (土) 13時38分

↑本人だけはきちんと完結した発言をしてるつもりの典型。

だからどうしたいのか
何が目的なのか
起承転結で言えば起か、せいぜい良く見積もっても承までしか書いていないことに気づいていない。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 13時28分

死刑になる人を精神異常などと言ってる人がいますが
自分が絶対に死刑にならないとでも思っているのでしょうか?
周りに気を配れない、命を粗末にするような発言をする。
そういう人ほど危険で精神異常なんじゃないですか?

投稿: Do | 2009年3月21日 (土) 12時48分

(´∀`)オマエモナー

投稿: | 2009年3月21日 (土) 12時14分

お前は、生まれた瞬間から死刑が決まってたんだね。
楽しくて、良い人生だったろ?
死刑の日まで、一日一日死に近づく恐怖に苦しみながら残りの人生を楽しんで下さい。happy01

投稿: 二十歳 | 2009年3月21日 (土) 11時58分

死刑反対!

投稿: インド人 | 2009年3月21日 (土) 11時34分

いんど陣市刑

投稿: | 2009年3月21日 (土) 11時21分

松井非でキーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿: 追跡者 | 2009年3月21日 (土) 09時42分

何このブログ!
ヒトノフリミテは
何を陰口いってんダロね。
「うーん、俺ってキモイ」とか自分でわかっていないのがミジメ!
まじキモイ!

投稿: | 2009年3月21日 (土) 09時39分

ずっとブログ見てます。私は死刑賛成です。
ところで…某ブログがコメント表示しなく成ってから、ここのブログのコメントが急激に増えた感じがするのは気のせい…?
コメントの質も某ブログに急に似て来た様な…(汗)。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 08時56分

ヒトノフリミテさん、人のふり見て下さい。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 04時51分

何このブログ!
名前も意見もないやつが
何を陰口いってんダロね。
「うーん、俺ってかっこわるい」とか自分でわかっていないのがミジメ!
まじキモイ!

投稿: ヒトノフリミテ | 2009年3月21日 (土) 04時13分

死刑制度は、ケースバイ・ケースではないでしょうか。
例えば介護疲れのお婆さんがお爺さんを、殺したのと、
ただの、快楽殺人とを、同等に扱われても、無意味な論争を
生むだけだと、思う。

投稿: ケセラセラ | 2009年3月21日 (土) 01時30分

終身刑にかわったら殺人事件増えそうで恐いです

投稿: | 2009年3月20日 (金) 22時20分

何このブログ!
元祖何様とか冠とか・・、
何を馴れ合ってんダロね。
「うーん、俺ってかっこいい」とか自分で悦に入ってるのがミエミエ!
まじキモイ!

投稿: | 2009年3月20日 (金) 22時03分

( ̄ー ̄)ニヤリ
小田島の手紙の文面が、何かこのところ一段と卑近になってないか?
そう・・、
言うならば〆切迫ったコラムを無理やりこじつけて書いてるような。
あるいはアイドル芸能人のブログかと思うような軽薄な内容だったり。
・・・つまり、
当の小田島はこのブログがまさかこんな事になってるとは思っちゃいないんだよ。
ゴミだクソだ言われてるなんて夢にも思ってないだろうな。
何故か・・?
売名狙いの売れないライターである「斎藤充功」なる人物に巧妙に取り入られ、
とにかく何でも良いから毎週手紙を書くようにされてるのであろう。
支援者向けだとか、意思を発信する事が大事だとか言われて・・。
つまり、
小田島も、ここで議論してる人権派や過激派も、
みんな齋藤のオッサンに釣られてるだけ。
議論の内容はこのオッサンはどうでもいいんだよ。
その証拠にこれだけ炎上しても放置プレイでしょ。
小田島の何を伝えたいのかもワカンナイし。
アクセス上がってウハウハかな、
まるで探偵ファイルの脂みたい。

は?「ノンフィクション作家」って書かれても、
聞いた事ないんですケド・・、
社会派ぶって、
あまり死刑囚や被害者遺族まで食い物にするのは
やめましょうネ。


投稿: | 2009年3月20日 (金) 21時32分

↑小田島が屑ってか?
  それはあまりにも屑に失礼だろう。
  消化されずにクソに混じって出てきたネギだ。
  屑は再利用できるからナ。
  ここで小田島を擁護してる奴や、
  シタリ顔で人権論をブッてる奴は
  きっと自分のクソに混じって出てきたネギを
  ザル蕎麦の薬味でまた使うんだろな。
  『死刑囚も同じ人間だ』なんてほざいてる奴、
  お前は『クソに残ったネギも、同じネギだ』
  って言えるのか?
  同じ事なんだヨ。

  

投稿: | 2009年3月20日 (金) 20時58分

個人的には、NHK教育TVで死刑囚の公開処刑をすることで、犯罪発生率が低下するなら、公開処刑して欲しいと思っています。
死刑制度に犯罪抑止力がないと主張する方が時々いますが、抑止力が出るような死刑制度にすればいいだけだと思っています。

指を一本ずつ切り落としていくような死刑が実行されることで、犯罪抑止力が出るなら、絶対に採用すべきです。
この映像を中学校の道徳の授業で見せれば、効果覿面でしょう。

投稿: daisuke | 2009年3月20日 (金) 20時57分

早いとこ死刑執行しろよ。
こんな屑のために無駄な税金使うんじゃねえ。
こういうところからコスト削減だ。
屑は即刻死なすべき。
地獄の苦しみの果てに死んでくれ。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 20時16分

“死刑になるとは思わなかった”
なんて理屈で殺人を犯して、死刑判決を受けた超自己中で、超おマヌケな犯人が光市母子殺害事件の犯人以外にもいませんでしたっけ?
だから死刑は犯罪抑止力にはならないみたいな事をなんかの記事で見た事があるのですが。
でも、それは絶対に嘘ですよね。死刑制度は犯罪抑止力になっていると思う。
だけど、とても大事な事はきちんと執行する事が大事です。再審請求中とか、冤罪疑惑のある人達は別にして。

恐らく誰もがその動機に同情出来る死刑囚で、しかも誰もが認めるほどに猛反省していても遺族達からみれば
『私達は絶対にアナタを許せないけれど、神様はアナタを許してくれるかもしれない。』
ぐらいしか言えないと思う。
死刑囚の生活としては、いつお迎えが来るのか全くわからない恐怖の中で何年かはわからないけれど、精神と肉体に正常は保たせなければならない。
だから、死刑囚がある程度優遇されるのは仕方ないんじゃないかなぁ?
いくら反省し、どんなに後悔しても、ぶっちゃげそれは自己満だし、また遺族がその苦しんでいる姿を見て「ざまぁみろ!もっと苦しめ!そして刑を受けろ!」と思われるぐらいにしか意味はない。
俺は死刑囚は恐怖に震えつつ、今の最後の生活を満喫して刑に服して貰いたい。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 19時52分

殺人を犯せば、あなたの家族や親戚も一生世間からの冷たい目の中で暮らすことになるよ。

餓死の苦しみは短期間だが、世間の冷たい目と遺族の苦しみ。そして自分の後悔は一生消えません。

そういう事は冗談でも考えないようにしよう。

投稿: 土建屋40才 | 2009年3月20日 (金) 19時51分

ホームレスより死刑因の方がいい暮らしが出来るな
死刑廃止になって終身刑出来たら養ってもらうよ

投稿: | 2009年3月20日 (金) 19時31分

死刑が廃止されたら殺人でもするかな?
死刑が有るからしないけどねw

投稿: | 2009年3月20日 (金) 19時20分

あ~あ

こんないい待遇受けられるなら

俺も人殺しまくって

死刑囚になりてーよ。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 19時06分

こじっこさんの意見に共感しました。自分のいいたいことを書いてくれた感じです。

私は今、同居人の暴力を受けています。交番に相談もしました。
殺されると思った瞬間もあります。私が同居を続けるかは別として、人間て何か衝動的な鬱屈したものがでてしまう、それを行為にしてしまう状況にもなりうる、恐ろしい生き物なのかなと思います。それを理性で抑えなければ、社会生活は成り立たないのに。

数々の事件を見て、色んな死刑囚を扱った書物や映像をみて、殺された側、殺した側の背景や心理を考えてもきました。

私は弟も、理不尽な死に方で失っています。

人の冷たさ、エゴイストな面、を知りました。ただ、人間を救えるのは、やはり人間でしかないとも思います。

犯罪はいけない。人を取り返しのつかないことで傷つけるなんて、ありえてはいけない。
私も弟を失った時、きがくるうぐらい苦しみました。そうさせたものを憎みました。


でもでも、報復によって何も生まない、と悟ったのです…

投稿: りーり | 2009年3月20日 (金) 18時55分

ここで偉そうに死刑廃止論を声高に唱えている輩って何者だ ?

投稿: | 2009年3月20日 (金) 18時28分

ここのコメント欄だけですけど、最初から読ませて頂きました。
そこで思ったんですけど、人の考えや性格ってどうやって身に付けるものなのでしょう?
環境がその人の性格や考えを作るのでしょうか?
それとも、その人が持って生まれた性格が環境によって変化していくのでしょうか?

三つ子の魂百までも

と言う言葉があるように、私は八割は本人が持って生まれた性格や考え方がそのまま本人を作って行っているのだと思います。
それは誰しも条件は同じで、イチローさんも、エジソンや、アインシュタインだって、生まれつき努力を惜しまない性格で、常にチャレンジャー的な考え方を持っていたのでしょう。
宅間守や、小林薫、宮崎勤、オウムの松本なども例外でなく、勿論この私だって、持って生まれた性格で生きています。
殺人などの犯罪を悪い事だと自覚していても、それを実行出来るか出来ないかは、それはその人達の性格や考え方によるものだと思いました。
更生とは、その性格、考え方を改めさせると言う事ですよね?
まず想像してみて下さい。自分自身でも、もしくは身近な知人の事でも。犯罪者にだけに限らず、その人の性格や考え方って変えれますか?
死を直前にしないと、恐らく人はそう簡単には変われないと思います。
あの大久保清達も、また、事故を起こしたビートたけしも自分はいつ死んでもいいと豪語していましたが、直前で死を恐怖し、命乞いをした者もいます。山本カウに到っては若干事情は違いますが、発狂しました。
私は人ってそんなものだと思います。勿論、私の性格もこの先変わらないでしょう。
長文失礼しました。

投稿: (・∀・) | 2009年3月20日 (金) 17時13分

先ほどのコメントの補足ですが、私は人権団体には入ってないし、何かの運動団体にも属していないし、何かの宗教家でもない、ごく一般の普通の主婦です。

綺麗ごとに過ぎない発言と思われるかも知れません。
~の責任だ、国が~、お金が~、と誰かや何のせいにして自分は何の努力もしない人間は、確かに口先だけのズルイ人だと思います。


私の周りには犯罪経験のある人はいません。
が、犯罪を犯してしまうんじゃないかと思うくらい、不幸な人や愚かな人はいます。
そういう人を見た時に、何か自分にもできることがあるんじゃないかと思うし、できるよう努力します。

つまり私が言いたいのは、更生や反省を促すことも大事ですが、そもそもの犯罪行為に至る心を食い止められないかと考えているんです。

犯罪に手を染める前に、誰かが目を覚めさせてやれば悲しみや憎しみが生まれずに済むことだってあるんです。

私は犯罪者を更生させるだけの能力を、自分が持ち合わせているなんて思ってはいません。

それでもこれから先も生きていく上で、諦めながら、手を抜きながら、誰かのせいにしながら過ごしていけば、
どこかで救える命を、防げる犯罪を、見て見ぬ振りして生きて行くのと変わらないんじゃないかって思うんです。
だから例え小さな行動でも、やらないよりはマシだと思います。

誰だって自分は被害者にも加害者にもなりたくはないだろうし、自分の家族や大切な人にはそうなって欲しくない、と思うでしょう。

だったら自分の手で守れるものは守りたいし、それが他人の方にも目を向けられるような人が増えれば、犯罪も今よりか減るんじゃないかと、私は望みを持ちたいのです。

もし小田島さんが犯罪を犯す前に、そんな望みを持って生きてこれていたなら、人の命を奪うような愚かな人生を送らずに済んだかも知れないと思うと辛い気持になります。

でも取りかえしのつかない事が起きてしまった後に「もしあの時、その前に」なんて今さら遅いんです。
だからこそ、第2、第3の小田島さんが生まれないように、今できることを努力するのが必要なんじゃないですか?


投稿: こじっこ | 2009年3月20日 (金) 16時41分

こじっこさんの意見はわかるが、まーさんのいってることはさっぱりわからんね。話が極端すぎるわ
脳の構造を変える・・・はぁ・・・話がかみ合ってない気がするのは俺だけか

投稿: | 2009年3月20日 (金) 16時05分

このブログは新聞で知りました。そして、初めてコメントします。
私は、死刑までの待機期間が、国税の無駄でしかないとしか思えないです。

その間、犯罪者は本当に、悔やみ反省しているのでしょうか?

犯罪者が生存している事で、被害者家族は犯罪者の2倍、3倍と苦しんでいます。

死刑囚という特殊な立場だからと擁護され、心穏やかに刑務所のチョコに季節を感じる、犯罪者に腹がたってしかたない。

先日のネット殺人の被害者家族の姿を見ましたか?

あれが、被害者家族の何ら癒えない姿です

投稿: | 2009年3月20日 (金) 16時02分

どんなに後悔して、命の尊さを知ったところで死んだ人はどうせ生き返らないのだから
残りの人生をエンジョイすればいいのではないでしょうか?

投稿: ふひい | 2009年3月20日 (金) 15時50分


命あっての物種

投稿: | 2009年3月20日 (金) 15時18分

『犯罪者を更生教育させる方に知恵を働かせたほうが、簡単に死刑にするより断然意味がある』

なんて美しく綺麗でごもっともな意見もあるけれど、
『犯罪者の更生教育』なんて具体的に誰が行って誰が責任とるの?
良く意味不明な人権団体とかも言っているけど、間違い無くその教育もそるから責任だって、唱えている本人達は『それは国が〜』とか、『資格が〜』とか、『個人でやっても責任が〜』とか言って絶対に自らはやらないんですよね。口だけ。

つか、犯罪者の更生教育なんて出来るわけがない。出来るとしたら、直接犯罪者の脳ミソの構造を作りを変えるしかない。つまりそっくり人格を変えなければならないって事なんですが、人権団体的にはそれはいいんですか?
あなた達の嫌いな強制的に思想統制を脳の手術を持って行うと言う事なのですが。

投稿: まー | 2009年3月20日 (金) 15時02分

カカカカカ カカカカカカカカ カカカカカ
カカカカ カ カカカカカカ カ カカカカ
カカカ カカ カカカカ カカ カカカ
カカ         カカ
カ  カカ  カカカカ カカ  カ
カ カ カ  カ カ カ カ カ
カ  カカ  カ  カ カカ  カ
カ    カカカカカカ    カ
カカ   カ   カ   カカ
カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ
カ  カ カ カ カ カカカカカカカカカ
カカカ カカカカ カ カカカ   カ
カカカ カカカカ カ カ カカ カカ
カ  カカ  カ  カカカ カカカ
カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ

投稿: | 2009年3月20日 (金) 15時00分

とっとと死ね

投稿: | 2009年3月20日 (金) 13時33分

この世で何の罪も、何一つ犯さずに生きている人はどれくらいいるのでしょうか?
確かに日本の法律に違反せずに生きている人は沢山いると思います。
でも、人は誰でも誰かを悲しませたり困らせたり、感謝や謝罪の意を忘れて生きている時があると思います。

戦争で死んだ人、自殺した人、病死した人、殺害された人、寿命で死んだ人・・・。今を生きている私達は誰でも、いつかの誰かの人の死の上に成り立った命で生きていると思います。

犯罪によって亡くなった方々が、犯罪者の死刑によって生き返る訳ではないし、犯罪者を死刑にすることで、世の中の犯罪が無くなる訳ではない。

犯罪者が罪を償う形が死刑であるとすれば、今こうして生きている私たちにもできること、やらなければいけないことがあると思いました。

悪い奴は死ねばいい・・・
それだけじゃ法律も感情も犯罪も、解決はしないと思います。
悪いことをした人たちを除去することよりも、悪いことをしない人を増やす努力や、更生させる環境をつくる努力はすべての人にある責任だと思いました。

犯罪者が人の税金でのうのうと生きているのなら、私だって腹が立ちます。
でも腹が立つから死刑でいいと思うのは間違いじゃないでしょうか?
のうのうと生きさせない世の中を、刑務所を、人間を、そういうものを整える努力もしないで、ただ傍から誰かの死を判断するのはズルイ生き方だと思います。

誰だって過ちを犯したときに、誰かに救われて反省した経験はありませんか?
自ら反省した人だって、そういう風に考えられる環境で育ってこれたからじゃないでしょうか?

私は死刑制度に反対派ではないけれど、何も努力しないで人の死刑に対してはとやかく言う人にも罪はあると思います。

犯罪がなくならないのは、誰かの不幸に無関心な人たちの罪だと思います。

ここに来て色んな人の気持ちを知って、何かを感じた人たちがいるということは、小田島さんの生きていることにも、これから死刑になることにもどちらも意義があると思います。

誰かの死によって、何かを学んで世の中の悲しみや憎しみをなくすことが、これからも生きていく人間の宿題だと思います。


投稿: こじっこ | 2009年3月20日 (金) 12時00分

死刑囚がパソコンに触れてブログをやっているわけではないよ。
死刑囚からの手紙を管理人がブログ上で公開しているだけです。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 11時51分

2009年3月20日 (金) 11時19分の投稿者さん

このブログは、
死刑囚をダシにして金儲けと売名をたくらむ輩が開設してんだよ。
小田島はシナリオに沿って踊らされてるだけ。
執行されたら、はい御用済みってか?

投稿: | 2009年3月20日 (金) 11時38分

なぜ死刑囚がブログ出来るのですか?
パソコンに触れて、ネットが出来る状況が理解できません。
我々の税金がここで使われてると思うと悔しいです。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 11時19分

ブログ自体が美談に仕立ててあるので、同情したくなるのは、しょうがないですよねー。でも、それ目的でこういうブログが始まると、これから大変ですね。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 11時06分

おにぎりが食べたいと書き残して餓死された方がいましたが、日本では毎年百人程度の方が餓死を原因として亡くなっているそうですし、刑務所の中にいた方がよほど良いと思って安易に犯罪に走る方も増えて来たようですから、チョコ一つとはいえ(刑事政策学的意味においては)余り良い影響はないかもしれないですね。

投稿: NON | 2009年3月20日 (金) 09時18分

↓小田島乙

投稿: | 2009年3月20日 (金) 09時03分

誰でも被害者・加害者、その家族になる可能性がある。
都合良く、被害者の立場で物言いするのなら、加害者の立場での自分というものを考えてから発言すべき。

投稿: null | 2009年3月20日 (金) 08時58分

松井非でキーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿: 追跡者 | 2009年3月20日 (金) 08時51分

整腸剤飲んでトイレにいけ

投稿: | 2009年3月20日 (金) 08時49分

ゲリバwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

投稿: | 2009年3月20日 (金) 08時36分

落ち着くまで見守っていようかなと思った。といっておきながら、敢て書き込み。優柔不断で申し訳ない。

2009年3月20日 (金) 07時36分の投函者に激しく同意!
現在の法律システムにのっとったら、それ以上望むのが間違いだとおもう。

ただし自分は現状に満足しているわけではない。
理不尽だとか問題だとか不満に思うなら、法律上のシステムの弱点について議論したほうが、遺族感情にのっとって、感情だけを吐き出して貼り付けているコメントより、価値があるとおもう。

投稿: 元祖何様 | 2009年3月20日 (金) 08時16分

IT学生さん

死刑判決を受け、それを自由のない刑務所内で待っているだけの生活というのが裁判所から小田島に与えられた罰です。
殺したことを悪びれず、遺族の方を挑発する殺人犯は話になりませんが、正直あなたの「本当に後悔しているのであればこんな所で公表したりはできないはず。一人で残された時間で、後悔を噛みしめながら生きていきたいと思うはず。」という言葉に違和感を感じます。
本人が反省しているかしていないかはこの際どうでもいい。
反省しても後悔しても殺されてしまった方は帰ってこないのだから。
勿論小田島が死刑になっても被害者の方は帰ってきません。
死刑は犯した罪への罰というだけに過ぎません。
心のそこから反省し後悔し遺族の方に贖罪をさせる罰であるなら刑務所内にとどめおき、生まれたことすら謝れと。遺族の方の心が晴れることは決してないことは分かっているが何年も何十年も、生涯かけて自分の罪深さを身がよじれるほど後悔し内省し改心し遺族の方の許しを請い続けろと。
そういう罰になります。
しかし死刑は違います。本当は償えはしないのですが、命をもって命を償う。犯人に更正の余地なし。残虐性から死刑以外にない。ということで死刑な訳です。
反省しようがしてなかろうが、死をもって終わらせる。
改心しようが後悔しようが殺人を犯さなかったことにはならないので死刑。
これは何があっても変わりません。
小田島の反省も後悔も遺族への懺悔も、本人の自由だと私は思います。


投稿: | 2009年3月20日 (金) 07時36分

常連さんの方々へ

元祖何様さんと冠さんと同じように私も感じている。コメントが、多いのは、良い事だが、コミュニケーションが、し難くなった。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月20日 (金) 06時20分

小田島擁護は偽善者

投稿: | 2009年3月20日 (金) 05時27分

冠氏の言われるように極端にコメントが多くなり、読むほうもしんどい。自分も落ち着くまで見守っていようかなと思った。
今まで無記名でのコメントにも反応できたのだが、これだけ多いと、同一者が書いているのか、別人なのかもわからなくなっているしね。

管理人に検討していただきたいのだが、名前を任意でなく、固定HNを必ず入れてもらうようにしたらどうだろう。荒らしたり、冷やかし半分のコメントが少しは減ると思うのだが。それに意見の交換をするにも、お互いに名前があったほうが、楽だとおもう。
このブログの炎上をおそれている一読者として、事態が悪くなる前に対策を検討して欲しい。

投稿: 元祖何様 | 2009年3月20日 (金) 05時07分

いつも携帯で見てるのでコメントが多すぎると見るのがめんどくさくなる。どうもパソコンの前に座ると仕事やってる気分になるんだよな。100もコメントがあると一番最初のコメントにたどり着くまで時間がかかり過ぎる。おとといまではもっとコメント来ればなとか思ってだけどこれは極端過ぎる。しばらくは舞さんと匿名太郎さんに任せた。

投稿: 冠 | 2009年3月20日 (金) 04時34分

小田島さんは人間を善か悪かどちらと感じますか?
小田島さんの日記を見るかぎりでは人を殺めたとは思えません

投稿: 岩崎 | 2009年3月20日 (金) 04時29分

死刑制度については 微妙な考えです。
どちらかというと 懲役300年とかして欲しいと思っていたのですが、確かに税金が足りない世の中では無理でしょう。
人を殺す・・被害者の権利さえ守られないこの国では、死刑制度は必要。加害者の権利ってなんなのだろう。
是非、政治家や、反対する方たちに、もし自分の親が、娘が、親友が理不尽に殺されたらと。。考えて欲しいです。
1番理不尽だと思うのは、心身喪失により保護観察程度になる犯罪者。未成年と言う事により守られる犯罪者。そういう犯罪者の処罰について、もっと討論して改正して言って欲しいです。
小田島氏のブログに、こんなコメントですみません。

投稿: 蟻 | 2009年3月20日 (金) 03時41分

このブログを媒体に、死刑制度反対の機運が盛り上がる事を非常に恐れますね。仮にそうなったら小田島は御の字だろうけど・・・。つまり確信犯だ。
この先、生きても死んでもパイオニアだよね、人殺しの癖にね。まぁ不景気かつ、閉塞感の蔓延した今の日本社会じゃまず有りえないだろうけど。

何だろうねオレが神様なら、小田島をぽっと娑婆に出して更生したかどうか試しに見てみたい気もする。
悪魔とどっちに賭けるかを楽しみながらね。
悲しいかな自分は人間なんで、死刑に成らなかった奴の再犯を考えると、死んでもうらう方がメリットがあるんだな。自分も自分の大切な人間も被害者になって欲しくないからね。
つー訳でとっとと義務(死刑)を果たしてください小田島さんよ。執行されて始めてあなたは、罪を償った事になるんだよ。人間社会のルールではね。

それと小田島の手紙と、賛同批判を含めたコメント郡を小田島と遺族に読ませてやったらどうだろうか?被害者の心情を徹底的に無視した挙句にブログを開設した人間は責任とってそれくらいやろーよな?もう餓鬼じゃねーんだからさ。


投稿: | 2009年3月20日 (金) 03時31分

あぁ、こんなブログ読まなきゃよかった。

バレンタインの小さなチョコレートを喜ぶ姿に、小田島が人間であることを思い出してしまったじゃないか。

殺人を犯すモノは、人間じゃないから人を平気で殺せる。
そして、そんなモノが死刑になったって同情する気なんてサラサラなかった。

だから、こんなエピソードを聞くと気持ちが揺れる。

些細なことに感動できる心があるなら、なぜ殺人なんか犯してしまったのか?と悔しくて仕方ない。
そんな事件さえ起こさなければ、被害者は当然のこと、小田島も今だって普通に暮らせていたのに。

投稿: メイプル | 2009年3月20日 (金) 02時35分

人を殺したんなら
死刑は当たり前
私が遺族だったら
私が殺してやりたいぐらいです

投稿: まー | 2009年3月20日 (金) 02時19分

死刑反対も死刑でよくね?

投稿: | 2009年3月20日 (金) 02時08分

人間が社会生活をしていて、その社会の範囲を国家とするとき、
個人のあり方の最悪のケースとして、社会に不適合、もしくは
社会に不要という状況が想定されうる限りにおいて、
その最終的な手続きとしての死刑は必要。
死刑を否定することは、上記の前提を否定すること。

つまり、死刑の是非というのは、
極限の判断として何を優先させるかという問題であって、
被害者遺族の感情はもちろん、
えん罪の可能性といったレベルのものではない。

論点をすり替えた死刑廃止論には反吐がでます。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 01時42分

多数決で死刑の勝ちやろ
日本は民主主義なんやで

投稿: | 2009年3月20日 (金) 01時25分

統計とか聞いてもわからないけど、死刑廃止は殺人事件がふえそうで恐ろしいと思う。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 01時19分

理解できません。どうして、こんな事が書けるのか。ご遺族の方は、このblogによって更に傷付くのではないのでしょうか。なんでこんなにのうのうと生きているのか、と。
遺族がこれを見たらどう思うか考えた事ありますか。
いきなり胸を包丁で突き刺される気持ち、あなたには分からないのですか。自分のしたことが分かっていますか。

病死がいい、等と度々行ってますが、あなたは本当に反省しているのですか。

人間性の片鱗も感じられない。残虐で冷酷。
判決でそう言われたそうですが、今でもあなたはそうです。上辺を繕うやり方だけを学んで、本心は何もあの時から進んでないでしょう。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 01時05分

北海道ゎあいかわらず寒いですよsweat01

桜もまだまだです(笑)

でも、帰宅途中に春を感じさせるものがありました。

それゎ、通行人の服装がブーツから普通の靴になったことです。

また、朝の霧が増えましたよ。

暖かくなってきましたけど、花粉の季節です。

気をつけてお過ごし下さい。

投稿: 風花 | 2009年3月20日 (金) 00時36分

自分が、被害者側の家族になる事を想定した意見が、圧倒的に多いと感じる。確かに、当たり前の事ですが。
逆に加害者側の家族の心理からも、このブログを覗いてみたい。
一応、申し上げておきますが。私が、加害者及び加害者側家族になる気持ちは、ありません。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月20日 (金) 00時20分

色んなコメントを読んですごく勉強になりました。中学生に見学させるいい事だと思います。死刑賛成 私も自分の子供や身内に何かあったら犯人に対して死刑を望みます。でもやっぱり死刑囚でも罪を償う日まで同じ人間です。そして便利になった世の中が1番いけないんだと思いました。景気の悪さもいけないね!よくわかんないコメントですみません。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 00時12分

今日は、3月19日木曜日、悲しいかな今日も死刑判決がありました。
このところ4日連続して理不尽な死刑判決が乱発されています。
いずれも、一昔前なら死刑判決は回避されていた事件だったように思います。
世界が死刑廃止へと向う中で、近年、死刑判決の激増、乱発が続く日本。本当に恐ろしい国になってしまったと思います。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時56分

バレンタインデーのチョコレートが配られて本当に良かったと思います。
人間どんな人にであってもバレンタインデーの気分を楽しむ権利はあると思いますし、私は、全ての人にその気分を楽しんでもらいたいと思います。
季節も急に春めいてまいりました。
小田島さん、どうかお健やかにお過ごし下さい。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時51分


あのー・・、
齋藤さんって何の目的でこのブログやってんの?
はっきり主張してくれない?

それから文通してるなら、
このコメント全部プリントアウトして
小田島に送ってやんなよ。
ボロクソ書いてやるからさ。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時44分

おまえに人並みらしい喜びを味わう資格などなし。
チョコやら喰わんでよろし。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時41分

死刑制度賛成とか反対とかじゃなく、

この小田島が拘置所でバレンタインのチョコをもらって喜ぶってのが反吐が出る。

上の学生さんの意見にもあったけど、
本当に反省してる、
本当に命の尊さを考え直してる、
本当に被害者の痛みを忖度してるんなら、
こんな同情頂戴のクソ手紙を齋藤のジジーに送ってる場合じゃないだろ。

つまりコヤツの反省は
やる事ない暇な時間にのぞかせた上辺だけのまがい物。

即刻、ブチ殺すべき。
税金の無駄。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時38分

まぁまぁ、
このブログは齋藤センセの金ヅルだから。
死刑囚と被害者をも食い物にしちゃうわけですから・・、
ある意味小田島以上!

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時33分

IT学生さんの鋭いご意見に賛同。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時30分

最近の小田島さんのブログの内部が、単純な物になってきていると感じている。
小田島さん本人は、これだけご自身のブログが、世間から、注目されている事をどの様に思っているのだろうか?外に出られない身と矛盾して、社会的に注目を浴びる人物である。
死刑の反対賛成や死刑制度の前に、ご本人の心情と犯罪を繰り返し反省や後悔が、出来なかった根本的な理由を知りたいと思う。

投稿: 匿名太郎 | 2009年3月19日 (木) 23時29分


今はじめてこのブログの存在を知りました。

ただ死を待つだけの漠然とした人間を、ブログの題材として取り上げるなんておかしいと思います。

もう、ほっといてあげたらどうでしょうか?


投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時26分

なにかと話題になっていたので読ませてもらいました。
初めて書き込みさせて頂きます。
これは私が感じた事を書いただけなので、これを読んで気分を害した人がいたらすいません。最初に謝っておきます。

『私は、神仏に懺悔し、反省し、許しを乞うて安寧な気持になって死を迎えるのではなく、後悔したまま、悪人のままで、死にたいと思っている。』

これを読んで正直に凄いと思いました。
普通だったら許しを乞いたいと思う所なのに、自分で考え本当にそこまで至ってるのであれば死刑じゃなくてもいいんじゃないか、何十年と刑期を全うしていつか世に出るのもいいんじゃないか、とすら思いました。

ですが、他の文章を読んでその考えは間違いだと気付きました。

自分の好きな音楽を語ったりなんて本当に心のそこから後悔してる人間がする事ですか?
「雑誌を差し入れしてもらいました」なんて喜んでる場合ですか??

『この世で、ごく普通に暮らし、ごくあたりまえに生きていることの幸せは、あの世に逝く者にしか、わからないのかもしれない。』

あなたは何様ですか??
あなた以上に今を大切に生きてる人はこの世に沢山います。あなたが殺した人間もそうだったかもしれません。
それをあなたは死刑囚になって、死を感じてやっとそう思ったんでしょ?それなのにこの言葉はあまりにも馬鹿にしてると思います。

『「絞首刑は苦しいぞ。落下のショックでまず鼻血が吹き出る。眼球が飛び出す。失禁、脱糞する。そして激痛が全身を噛み砕き、絶命するまで十数分もかかる。ぶら下がったまま、苦しみぬいて死ぬー」

これは、先日読んだ本の中の一文だが、これこそ、極悪人の自分の最期にふさわしいと共感して、繰り返して読み、覚えてしまった。』

なんですかこれは?
同情して欲しいんですか?
そんな報告はいらないですよ。
本当に後悔しているのであればこんな所で公表したりはできないはず。一人で残された時間で、後悔を噛みしめながら生きていきたいと思うはず。
結局の所、あなたは人の命も自分の命も全然大切に思ってないように感じます。
控訴を取り下げたのも、結局死刑は変わらないのだったら最後にカッコつけようとでも思ったんじゃないですか?いくら綺麗な言葉をならべても、紳士っぽく振舞っても結局殺人を犯す人間は変わらないんだなと思ってしまいました。

できることなら残りの時間を被害者のことだけを考えて、後悔だけで過ごして欲しいです。

投稿: IT学生 | 2009年3月19日 (木) 23時24分

なんちゃら年表見たけどヒドイことしてきたんだなこいつ。死ぬのをただ待つのってどんな心境なんだろ。
まぁ他人だしどうでもいいけど

投稿: 555 | 2009年3月19日 (木) 22時34分

初めまして。
ニュースにて紹介されていて拝見させて頂きました。
珍しいブログに多々考えさせられます。
私も長年生きていて許せない人や恨んでいる人は正直居ないとは言えません。
皆多くは語らないだけで必ず居るんではないかと思っています。
勿論、事件でも許せない事は何件かあります。
今も許せないのはコンクリ事件です。
加害者は一人も死刑にはならず主犯ももう出てきています。
そして何人かは事件の事を面白おかしくネタにしたり、
再犯を起している人も居ます。
彼等は反省はおろか更正すらしていないんです。
被害者の母親は精神を病み、今でも精神科に通っています。
死刑を否定する方も居ますが、彼等のように再犯に走ったり反省をしたと嘘を付くような人達をどう考えているのでしょうか。
被害者と残された家族の事をどう考えているのでしょうか。
お金の方も途中から止まったりする事もあると聞きます。
私も出来る事なら簡単に死んで欲しくはないと思う事もあります。
ですが、反省を一切しない、出来ない加害者も少なからず居ます。
そういう方は被害者の事を第一で考えれば死刑は仕方の無い事なのではないでしょうか。
人数ではなく心情、行いをきちんと見るべきです。
日本の法は何故か加害者ばかりを庇ったりする事もありますが、悲しいかな償いはそうするしかないのでしょう。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 22時23分

貴方は何を奪いましたか?
何物にも代えられない人の命を奪ったのです。
人の命を奪ったら?
自分は罪を償わなければならない。

命の終わりが刻々と迫る中で、
いつ命の終わりがきてもおかしくないという事に、
貴方は何を感じますか?

投稿: 椿 | 2009年3月19日 (木) 22時16分

死刑制度はとても難しい問題だと思います。

私は5年前に急性骨髄性白血病M4というものにかかりましたが
ドナーに恵まれて、生き延びる事ができました。
明日はないかも知れないという恐怖、
生きられると知った時の喜び、
明日が来ると信じていられる幸福。

犠牲者の方は全ての未来を奪われてしまった。
残された遺族の方々の気持ちはいかばかりか。

死刑は殺人だ、これに納得はできます。
しかし様々な事を考えると、死刑制度に対して
単純に反対とは言えません・・・

税金運用の事に関しては政府に対して腹が立ちます。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 21時56分

なぜ今になって命の尊さに気付かれたのですか? なぜ、ささやかなバレンタインチョコになごまれるような当たり前な感性をお持ちになりなら、事件を起こしたのですか? マブチモーター事件で被害にあった彼女は、私の小学校と高校の同級生です。性格が違い、特別親しい友達ではありませんでした。けれども彼女がどれほど真面目に人生を歩み、ご実家の裕福さなどひけらかすこともない謙虚な人であったかはよく憶えています。反省されているとしても、生前の彼女がどんな人であったかはご存知ないのでしょう。ご自分の人生の終わりが見えているという意識は深くお持ちでも、ご自身が断ち切ってしまった人達の人生、未来はどのようにお考えなのでしょう。立場が変われば分かるというのなら、もう少し良く考えて犯罪を思いとどまって欲しかった。死刑判決を受ける方はまだましです。ご自分で、人生の終わりを知ることができる。彼女達はある日突然全てを奪われ、死について考えることすらできないまま、もうこの世にはいないのです。死ぬのは恐ろしいでしょう。つらいでしょう。けれどもあなたは有無を言わさず、その苦しみを善良な人に負わせた。
私は死刑賛成派では決してありません。けれども冷静で良識があるかのような文章を読めば読むほど、疑います。どうしてそんなに平静でいられるのですか? 本当は犯した罪の重さを分かってないのではないですか?

投稿: kino | 2009年3月19日 (木) 21時51分

死刑囚舎房に勤務し、日夜彼らの面倒を見てその存在を誰よりも身近に感じているだろう刑務官の心情を思うと、「とっとと執行したれ」とは言えないんだよなぁ。かかってる税金の事とか思うと、それはそれで腹立つのに。


私個人は死刑制度には賛成なんだけど、執行に直接関わる人々(刑務官だけでなく裁判官や法務大臣等)の心情はどうしたって理解できないから、そこで自分の中に矛盾が生じてしまう。


あー難し。

投稿: 舞 | 2009年3月19日 (木) 21時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 比嘉健二への手紙3/3④ | トップページ | 第207回 あと3分入浴時間が長ければ… »