« 第200回 本差入によせて | トップページ | 第202回 人間の大切な仕事 »

2009年3月 6日 (金)

第201回 死刑4人執行

1月29日.(木).曇
今朝、
死刑4人執行(長野県など4人強殺の西本死刑囚(32)、無期仮釈中に女性4人殺傷の牧野死刑囚(58)、2人殺傷の川村死刑囚(44)と共犯の野村死刑囚(39)。森法相就任後2度目、前回約3ヵ月で執行の4人は、確定から執行までの期間が約2年〜2年半。の報。

西本氏警手は07年1月11日控訴取下げ確定だから、2007年に死刑確定した者の執行が始まった訳で、ごく近い将来、法律の規定どおりに、「確定後6ヵ月以内に執行」が実現されそうだ。

私は、4人もの貴い人命を奪い「その罪は自分の命で償わせる他ない。生きている価値がない人間」の烙印を押された。が、たとえ己の命で償ったところで被害者が生き返らない以上、肉親を殺された遺族の無念さは消えるはずがないのは当然のこと。

死刑囚が懺悔し、悟りを自覚して処刑されることは、犯人の自己満足にすぎず、遺族の方々にとっては不快極まりないことではなかろうか?

私は、神仏に懺悔し、反省し、許しを乞うて安寧な気持になって死を迎えるのではなく、後悔したまま、悪人のままで、死にたいと思っている。

|

« 第200回 本差入によせて | トップページ | 第202回 人間の大切な仕事 »

コメント

死刑になれば執行されるまで少しは罪を考えるでしょう。
犯人が死刑になれば被害者は納得する。
無期っていったっていつかはでてくるんだから。
犯人が生きてたら納得しないだろ。
死刑で、執行まで死に怯えさせるのが一番苦しませる事ができるのでは?

投稿: | 2009年3月21日 (土) 18時59分

死刑反対者を全員死刑にしないと大人の議論が出来ない。

投稿: | 2009年3月21日 (土) 14時14分

プロ市民じゃあるまいしお断り。
怒りの共有なんて他者が軽々しく出来るもんじゃない。

当事者以外の人間が「貴方に、殺された人の苦しみや怒りが…伝々」言うのは偽善だ。

投稿: | 2009年3月20日 (金) 20時51分

take さん
闇サイト事件は、最高裁までいくでしょう
神田が控訴したのが信じられないけど
とにかく国民の皆さんの署名が影響を及ぼします、磯谷富美子さんへ死刑賛成の葉書でも手紙でも出されることがいいと思います

悪人のままで死ぬ、それもひとつの手段ですね。
改心したら、死刑囚にとっては感謝します、ありがとうって話になりますもんね。
大切なことをわからない、それもまた罰としていいかもしれませんね。

投稿: 母 | 2009年3月20日 (金) 12時12分

冤罪があるから死刑反対って、終身刑ならいーのかよ!

投稿: | 2009年3月20日 (金) 02時24分

>>正義の味方
社会保障についてもう少し勉強したほうがよくね?

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時54分

森法相は、就任4ヶ月で6人の死刑執行。機械のスイッチを入れるかのようにベルトコンベア式に次から次へと処刑しています。
その中には、冤罪の可能性が高かった久間三千年さん、他にも部分冤罪ではと思われる人もおりました。
人間の判断には絶対はなく、死刑は後から過ちだったとわかっても取り返しがつきません。
その点だけをみても死刑という刑罰は廃止しなければいけないことは明らかです。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 23時42分

rain

投稿: | 2009年3月19日 (木) 21時15分

死刑執行こそ法務大臣の指示こそありますが、無期懲役及び実刑を受けた犯罪人の出獄にはだれが指示しているのかわからないので不思議に思います。死刑判決をうける犯罪人は再犯者が多いですよね?結局は犯罪を犯して反省するか否かが一番大切、というか、どんな状況に陥っても二度と犯罪を犯さない強い意志を持てるかどうかが重要なポイントになると思うのですが・・・。
結局、再犯を犯す可能性のある人物は死刑にするしかないと思います。自分も少なからず犯罪はおかしてますから・・・猛省

投稿: ヒロ | 2009年3月19日 (木) 21時07分

どうせ死ぬなら、ザンゲしても仕方ないということなんでしょうね。
一生獄中で暮らしたほうがいいのかも。

投稿: Bye | 2009年3月19日 (木) 20時32分

自分の家族を殺されたから犯人も死んでほしいというのは道徳的に違う気がします。

罪の意識をもって生きる事のほうが苦しくて辛いと思います。

死=死では何の解決にもならないと思います。

投稿: さとう | 2009年3月19日 (木) 18時09分

懺悔し、悟ることができるならばそうしてください。それは罪のない人間の特権ではありません。

あと何日か(何か月か)で死ぬことが決まっている絶対絶命の人たちは皆、平穏に生きているわれわれの先導者です。

投稿: ミカエル | 2009年3月19日 (木) 13時31分

このブログをのせているあなたは、これらの掲載することによる社会に影響をどう考えているのか?複数ケース(あなたの意見から予想しうるケースまで)、読んだ人がどう考えるかどう影響するかあげてほしい。ブログは不特定多数の閲覧するただ掲載しましたというだけでは、他のそこらへんの無責任な人とあなたは変わらない。

投稿: tabu | 2009年3月19日 (木) 07時05分

今回の執行はどうなのだろう、仮に法の定めによる進行期間で行われたとしても、犯罪事実は別として、受け入れるべきは受け入れるものであろう。

正直、裁判では、人権派と呼ばれるへなちょこ売名弁護士に踊らされているのではないだろうか?

わけのわからん弁論、すぐに精神鑑定、心神喪失だ、と果たして人間のことなどわからんのに、(わかるようなら精神科医師なんか不要だ)というものばかりで、

死刑囚の苦悩は有り余りあるとは思う、通常の刑罰判決と異なり、いつくるかわからない執行日・・・・・

本日名古屋の女性拉致強盗殺人(正直これは女性には失礼だか、拉致監禁強姦強盗殺人と呼ぶべきである)
の3人の被告に判決が出た、意外な判決であった、

被告人川岸には無期懲役、残りの2人は死刑、しかもその差は警察に自首したからである。

だと

おかしいでしょう?
ましてや被害者を率先して強姦しようとした男である

推察するに、殺害して強奪した金銭が少なくてすぐに第二の犯行計画にビビッて逃げ出していただけのこと。
今なら死刑にならない
と踏んで、仲間を歌っただけのこと

死刑をためらう用件などどこにあるのだろうか?

主犯格であり、率先して被害者を襲う行為をし、殺害にも積極的にかかわった、これで自首のほうが軽減要因?

明らかにおかしい
小田島氏には厳しいだろうが、殺害した人数で死刑か無期懲役かなんていう永山基準なんて判例がおかしいのだ

誰だっけ?人間の命は地球よりも重いなんて超法規的措置をとったのは?

基本的に被害者の人権・尊厳はありとあらゆる要件より重い、ということである、残虐な犯罪には自首の減刑要件より厳しいということを名古屋高裁に期待する

投稿: take | 2009年3月19日 (木) 00時36分

遺族や被害者の方々に対して懺悔すべきです。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 00時19分

自分の大切な人、愛する人が被害者になったら?残忍な亡くなり方をしたら?死刑廃止なんてありえないよね?

投稿: | 2009年3月18日 (水) 23時51分

不当な死刑執行。
そういうと森法相は、10月にも無罪の可能性が限りなく大であった久間さんを処刑しています。
死刑執行は国家犯罪だ。

投稿: | 2009年3月18日 (水) 23時11分

悲しい事ではあるが彼らには自分自身の死を身近に感じなければ、人の命の大切さが分からないのだ。死刑と言う判決を貰い、近い将来自分の命が無くなる、そこに自分が置かれた時初めて分かるのだ。正確に言うとその時は分かったかのように錯覚しているのだ。なぜなら、彼らが仮に、仮に外に出られたとしたら、彼らは又同じ過ちを繰り返し、新たな被害者を出してしまう事だろう。拘置所、刑務所で罪を悔い手を合わせて居る囚人など居ないのだ、私は数百人の犯罪者を見て来たから分かる。よく考える事がある、人間とは悪魔が作ったのではないかと言うことを。

投稿: てっちゃん | 2009年3月18日 (水) 21時36分

確かに、死刑囚が死んだところで遺族は満足しないだろうが、死刑囚が生きていたらもっと遺族は満足しないだろう。

投稿: | 2009年3月18日 (水) 19時59分

このような人が死刑にならなくて、誰がなるの?と、思います。

投稿: | 2009年3月18日 (水) 18時52分

>死刑囚が懺悔し、悟りを自覚して処刑されることは
なんで懺悔して悟ったことになってんの?
さりげなく論理の飛躍を入れるのはよくないよ

投稿: | 2009年3月18日 (水) 18時46分

判決で死刑囚の心境がどのように変わるかなど問う必要はない。
確定したなら速やかに執行すべきだと思う。

投稿: | 2009年3月11日 (水) 00時03分

何で小田島はここまでいってしまったのだろうと考えさせられる。

投稿: 人 | 2009年3月 7日 (土) 23時30分

日記の一部文章が抜けておりました。
小田島の死刑に対しての考えがうかがえる大事な部分であり、皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

投稿: ブログ管理人 | 2009年3月 7日 (土) 20時32分

現在、ホームレスの方が、増えています。死刑囚の刑を本日でも、速やかに全て執行し、その事で浮いた費用で、罪の無いホームレスの方々の自立支援や餓死を避ける食費に、当てて欲しいと強く願っています。
今回のブログを読んでも、被害者の方やご遺族への反省すら記載されていません。ご自分で行った事を真摯に、見つめ直し、毎回、刑務官の靴の音を良く聞かれた方が良いと思います。何故、犯罪者の生活を保護し、生活難の方を餓死させるのかが理解出来ません。

投稿: 正義の味方 | 2009年3月 7日 (土) 11時35分

そういえば、そろそろ死刑執行がされるかもしれない。二ヶ月に一度のペースで行われることを考えるとこの3月は執行されるかもしれないでしょう。小田島はまだ守田が上告中のため行われないでしょうが?

投稿: | 2009年3月 7日 (土) 00時45分

遺族にとって犯人が生きていることが苦しみです。死んでも、殺されたものは生き帰らないけれど、せめて、犯人は法の名のもと、殺されて欲しい。

投稿: | 2009年3月 6日 (金) 19時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« 第200回 本差入によせて | トップページ | 第202回 人間の大切な仕事 »