« 第194回 週刊誌差し入れ | トップページ | 第196回 スポーツ新聞  »

2009年2月26日 (木)

第195回 書類差し入れ不可??

1月20日(火)曇
朝、S氏からの来信。1/14面会のあとに差入予定だった
養子縁組届の用紙が、記入済の箇所があることを理由に窓口で差入が出来ず、持ち帰って改めて郵送した、との由。封筒に「書類1点領置廻し」のゴム印。

受付窓口で、記入箇所のある書類(持参した手紙も同じ)の差入は不可。だが、郵送(差入)なら可、とはどういう理由からなのだろうか、
いまいち分らない、全く不可解?

2本しかない残歯のうちの一本の歯根が、1週間前から痛み義歯を装着できなくなったので、今日夕食から粥食に変更してもらった。

|

« 第194回 週刊誌差し入れ | トップページ | 第196回 スポーツ新聞  »

コメント

っつーか、おまえ死刑囚だろ?
社会のゴミは早く死ねよ、バーカ。

投稿: 名無し | 2009年8月 8日 (土) 14時55分

お粥にしてもらえるんですね。
そんな歯の痛みなんて被害者がうけた痛みに比べたら…

投稿: | 2009年7月12日 (日) 19時37分

連投失礼です。俺はこのブログを読む前まで死刑囚の生活は日夜座り続けて死を待つイメージがあった。そのギャップでかなり偏ったコメントをしているのも分かる。ただアメリカの死刑囚はもっと自由なイメージがある。それに対してさほど腹が立たない理由はアメリカはオープンだからではないか。死刑の瞬間までオープンだからきちんと刑が執行されたんだな、と理解出来るんじゃないか。日本は全て隠しすぎなのだ。生活も執行も。ちゃんとこういう最後の言葉を残し、こういう最後を遂げましたとオープンにすれば死刑に対して恐怖を持つんじゃないかな。正直リアル感が無さ過ぎなんじゃないかな。

投稿: 冠 | 2009年2月26日 (木) 23時44分

死刑が執行されると死刑廃止論者は筋違いの抗議をしているが、国民の大半は死刑に賛成なのだ。裁判で決まった事なので執行に文句を付けるのは筋違いなのだ。もし死刑がある時から廃止されたら、懲役囚みたいに安い賃金で働かされてもいない死刑囚のそれまでの生活はラッキー以外の何物でもない。その生活ぶりをした後死ぬ事も無しなんて事になったら被害者はまるで浮かばれない。恐らく犯罪は絶対この世の中から無くならない。安定した秩序を保つ為に懲罰も必要だと思う。しかし日本の最高刑である死刑がこんな形ならば死刑がある必要があるのかと問いたい。

投稿: 冠 | 2009年2月26日 (木) 23時25分

たしかに。日本の死刑囚は恵まれている。

中国や北朝鮮と比べるともはや刑務所とは言えないと思う。

そこまで理不尽に厳しくしろとは思わないが、刑期が近ずくと再審請求をして延命出来るシステムが甘いような気がする。

それと法務大臣が執行をする事に対して「死神発言」をする1部のマスコミや団体も結局はこのような税金の無駄使いを擁護する結果となっているのではないかと思う。

投稿: 土建屋40才 | 2009年2月26日 (木) 20時25分

歯医者にも行けへん奴いっぱいおるねんで。おかゆかて毎食食う金のないやつおるねんで。何言ってるんか?小田島、お前どんなに恵まれた生活してるのかわかってんのか?

投稿: ところマジック | 2009年2月26日 (木) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/28370541

この記事へのトラックバック一覧です: 第195回 書類差し入れ不可??:

» 死刑囚獄中ブログ [★youtube最新動画ニュース★]
死刑囚獄中ブログ無為の谷底にて 死刑囚獄中ブログ 藤間仁 死刑囚獄中ブログ そして!!(続きを読む) 死刑囚獄中ブログ第十回 死刑判決を言渡され、初めて死と対峙する世界初死刑囚獄中ブログ! いよいよ開始 ! (11月6日朝日新聞朝刊より) 2007. 11.1 小田島鐵男、控訴取り下げ 同日 死刑確定 。 6.29(金) 千葉刑から東拘に移り、住所が変わった事を知らせる ...(続きを読む) 第195回 書類差し入れ不可??1月20日(火)曇 朝、S氏からの来信。1/14面会のあとに差入予定... [続きを読む]

受信: 2009年3月23日 (月) 14時17分

« 第194回 週刊誌差し入れ | トップページ | 第196回 スポーツ新聞  »