« 第189回 聖書を読んで | トップページ | 第191回 連休中に読んだ本 »

2009年2月22日 (日)

第190回 正月の献立

平成21年 大晦日、夕食時に、年越そば(盛りそばパック)
正月の献立

1/水、木
 白米丼飯、おせち折詰、紅白まんじゅう、大根なます、塩辛、味噌汁(キャベツ、サヤインゲン、麩)
 白米丼飯、雑煮、(角餅3枚入)、イカ野菜炒め、昆布佃煮、コーヒー牛乳
 白米丼飯、トンカツ、紅生姜、味噌汁(ネギ・ゴボウ)、練乳プリン

2/金
 白米丼飯、鯛みそ、さつま芋甘煮、ミカン、味噌汁(長ネギ、ナス)
 白米丼飯、うなぎ蒲焼、海草サラダ、すまし汁
 白米丼飯、汁粉(角餅3枚入)、里芋、イカ煮物、桃缶、レモンテー

3/土
 白米丼飯、豆佃煮、ナメコ春菊漬、リンゴ、味噌汁(ワカメ、ホウレン草)
 白米丼飯、キナ粉、角餅3枚、キンピラゴボウ、キヤラフキ漬、甘夏ミカン
 白米丼飯、天プラ(カボチャ、サツマイモ、エビ)、大根おろし、スパゲティ、タラ子炒、豚汁

|

« 第189回 聖書を読んで | トップページ | 第191回 連休中に読んだ本 »

コメント

俺の税金が…
ふざけるなsweat01sweat01

投稿: | 2013年11月26日 (火) 17時58分

死刑囚とかマジ生きてて恥ずかしくねえか?大体つまんねえだろ?
酒も飲めなきゃ女も抱けないとかさっさと死んだ方がマシじゃん!

投稿: | 2013年1月 3日 (木) 22時38分

単純に 献立担当者が
決められた予算の範囲内で 普段節約しながら
お正月用に予算管理をしているっていうだけだと思う。
献立を見る限りそんな大した金額じゃないと思うし 一般家庭と比べても意味がない。

いつもだと困るが
一年に一度ぐらいなら多目にみればいいじゃない

投稿: 通りすがり | 2012年2月22日 (水) 12時01分

美味しく食べたれただろうか・・・

私の家より明らかに おご馳走なのに
何故か人のぬくもりを感じた。

もっとも、被害者遺族側にしたら
憤りを感じるだろうけど。

死がいつくるのか分からない日々の恐怖というのは
すぐ処刑されるよりも残酷な気がする。

私が死刑囚であれば精神安定剤が必要となりそう
というよりも、読書どころでもないだろうけど

この精神の違いなのだろうか。

死刑になる犯罪を犯したのも。あるいは どこか
心に欠陥があるのかもしれない。


子供の頃、ひもじい思いに耐えられず・・・

母親から心中を迫られる子供 の光景を思うと
悲しくなる。


私も悲しい子供時代をすごした。

でも、犯罪は犯さない。これは自分を美徳とするわけでなく
刑罰が怖いからかもしれない。

投稿: | 2012年2月12日 (日) 02時30分

正月ぐらい贅沢してもいいんじゃないの。刑務所にもそういう良心はあるんだな、すこしほっとした。

投稿: yoshikazu | 2009年9月27日 (日) 12時37分

初めてこちらのblogを拝見しております。
お正月のメニューに関しては、正直おどろき、コメントに至ります。
お正月だからといって、お正月らしく豪華にふるまう必要は無い様に感じます。
栄養のバランスを考えつつも、質素であるべきではないでしょうか?
犯罪者であることを考えれば、すなわち税金の無駄遣いですよね。

投稿: いろは | 2009年3月19日 (木) 02時25分

我が家のお正月より贅沢ですね…なんか複雑な気持ちです。

投稿: りんね | 2009年3月18日 (水) 21時43分

いつ処刑されるかわからない緊張感で生活しているから食事くらいは贅沢でいいのかな?って俺はおもいます!いくら質素な食事でも処刑におびえる生活はしなくていいからね~

投稿: 白菜 | 2009年2月25日 (水) 21時01分

随分と豪華な振る舞いですね。あきらかに一般家庭よりも贅沢なメニューでしたね。国も不況とか消費税うんぬんより死刑囚の扱い方考えたほうがいいんじゃないんですかね。

投稿: | 2009年2月25日 (水) 08時01分

本当にそうですよね。これだけの食事を作れないし、おせちの折詰なんかも買えないよ・・・。夫婦で派遣とかアルバイトで1日9時間は働いてて、それでも、仕事があるだけ(派遣切れもなく、来年度もなんとか無事更新)幸せで、でも、贅沢な食事なんてできない。クリスマスもお正月も極々普通。不満はないけれど、死刑囚より貧しい食事なんて情けないな。パート、子育て、家事で、子供と寝るだけ。本なんて読む暇もない。

投稿: さくもも | 2009年2月24日 (火) 12時55分

懲役囚はともかく、死刑囚は病死などではなくちゃんと絞首刑で死んでもらわないといけませんからね。


故に栄養バランスのとれた食事を与えられるのでしょう。


決められた方法で死ぬために三食きちんと食べる…皮肉なもんだ。


粗食でじゅうぶんとは私も思います。
私は主婦だけど、これだけの食事はなかなか毎日は作れないなぁ。

投稿: 舞 | 2009年2月23日 (月) 22時36分

うちの正月の食事よりいいと思う。何だか複雑です。税金も払い、お正月も関係なく働いて、普通の日とあんまりかわらない食事をしている家庭も多いと思います。死刑囚さんだけでなく、懲役刑を務めている人にもこの食事は贅沢ではと思いまsu.

投稿: 桜井桃子 | 2009年2月23日 (月) 22時00分

こういう単調な生活があと何年続くのだろうか。

100人近い死刑囚がいる訳だが、結局病死するまで拘留するんでは意味がないと思う。

長い死刑囚は30年近く居るこの国のシステムはどこかおかしいと思う。

投稿: 土建屋40才 | 2009年2月22日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/28302124

この記事へのトラックバック一覧です: 第190回 正月の献立:

« 第189回 聖書を読んで | トップページ | 第191回 連休中に読んだ本 »