« 第186回 H氏から年賀状 | トップページ | 小田島鐵男年表 »

2009年2月13日 (金)

第187回 よく泣いた9連休

1.5.月.晴
昨日までの9連休、本当に多くさんの本を読むことができて大満足。そしてよく泣いた。涙脆くなったことを実感。

1/3に福岡拘置所で、
06年確定の朴日光死刑囚(62)が肺炎で死亡、の記事。風邪で発熱を訴えて抗生薬とは、何ともうらやましいかぎり。自分もあやかりたいと思う死刑囚は、私だけではないだろう。

|

« 第186回 H氏から年賀状 | トップページ | 小田島鐵男年表 »

コメント

今、モトカノで、ずっときにとめてたってか、ほんとに大事な人ってかコが、結婚するってききました。久々に電話したらね。

あ?子供さずかったやつは、しぬきでやれよ。あまえてんじゃねーよ。やるならやれ。やれねーなら、後悔するよーな事してんじゃねーよ。
ま、俺は後悔するような事してるから言えるけどね。

みんな幸せになって。

投稿: | 2010年3月11日 (木) 04時18分

休みもろくに取れず働き続けて、本を読む時間もないくらい働いてる男性の気持ちわかりませんか?
魚屋が実家さんは
「家族を守ろうと、そのために与えられた仕事を黙々としている。犯罪には走らない。妻は少ないお金をやりくりしながら子供に食べさせ、家を片づけ、アルバイトをし、そんな妻も裏切れない。」
と書いており,でも死刑囚の生活をうらやむ気持ちがどこかにあるっといってるだけでは?
永遠に死ぬ間際まで働き家族を養わなければならず、その事を考えただけでも気が遠くなります。主婦の方にはその重圧がわからないのでしょうか?
muさんの発言は子育て中に鳴き止まない子供を床に落としたくなると言った主婦のインタビューを見て怒っていた夫を思い出します。その人はそんな衝動に駆られながらも子供を殺さずきちんと育ててるのです。言葉の表面だけを理解せず意味をもっと掘り下げて考えて欲しいです。

投稿: 働く女 | 2009年7月27日 (月) 09時15分

>魚屋が実家 さんへ
今更読まれることは殆どないでしょうが・・・。
さっき拝見しましたが私は女だからか、あなたの真意が
わかりません。「家族を守るため」働かなければならない
現状に不満があり、死刑囚を羨んでいるのでしょうか。
世界には貧困に苦しむ子も多い中、あなたが結婚して、
養子を取るのではなく自分の子を奥様に産んでもらった
のは完全にあなたの自己責任ですし、結婚というのは
基本的に利己的な行動だと思うのですが。あなたは
望む道を選んだのに、死刑囚が羨ましいのですか?

投稿: mu | 2009年5月10日 (日) 03時55分

世の中は9連休なんてしてるやつは半分もいなかったんじゃねえの?死刑囚の生活に同情があったが、このプログを知って疑問が多い。本読んで泣いてるなんてなんと言う贅沢。羨ましい。犯罪おかしたら楽な生活できるんだということか?私には家族がいるから必死に家族を守ろうと、そのために与えられた仕事を黙々としている。犯罪には走らない。妻は少ないお金をやりくりしながら子供に食べさせ、家を片づけ、アルバイトをし、そんな妻も裏切れない。だが私一人だったら、死刑囚になって楽になりたいと考えたかもしれない。小田島の生活は魅力的だ。

投稿: 魚屋が実家 | 2009年2月25日 (水) 11時27分

管理人さんも忙しいですね。
何時も興味津々ブログとコメント観覧しています。

投稿: 人 | 2009年2月13日 (金) 23時44分

すいません!新しい試みをやろうとして色々抜けてしまったようです!

投稿: ブログ管理人 | 2009年2月13日 (金) 23時09分

上の小田島年表にコメントしたかったんだが・・・・

管理人さん。またコメント終了になってますよ。

投稿: 土建屋40才 | 2009年2月13日 (金) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/28040092

この記事へのトラックバック一覧です: 第187回 よく泣いた9連休:

« 第186回 H氏から年賀状 | トップページ | 小田島鐵男年表 »