« 第182回 Xプレゼントを買ってあげたい | トップページ | 第184回 死刑囚の休日 »

2009年2月 5日 (木)

第183回 ボーン・コレクター

1.27.土.晴
今日から9連休。が、思いがけなく午後2時すぎに、H氏からの郵送差入の本3冊(彼岸花)宇江佐真理、「ボーン・コレクター、上・下」ジェフリー・ディヴァー)が手元に届いて驚いた。本当に嬉しかった。ありがとうございました。

|

« 第182回 Xプレゼントを買ってあげたい | トップページ | 第184回 死刑囚の休日 »

コメント

‘脊髄反応’って、初めて聞いた言葉です。どなたか、解説をして下さい!

投稿: | 2009年2月15日 (日) 10時49分

追記
前記コメントと重複になるが、冠氏の意見は、自分には大変貴重な意見である。貴方のように、たとえ自分と同じ方向でなくても、はっきり意見や感情を伝えてくれると、自分も、もっと深く考え、自分の考えの甘さを省みることができる。自分の意見に対する反論や、逆意見は正直、大歓迎である。

投稿: 元祖何様 | 2009年2月14日 (土) 03時22分

冠氏へ

まさきち氏は、冠氏の投函に対しての反論として、コメントを寄せられているのではないとおもわれるよ。

今までの彼のコメントを読む限り、彼は、自分のように、彼が犯罪者の立場に立ったら、という少数派立場ののコメントを寄せられている。

まさきち氏の真意を自分が勝手に代弁するのは、まさきち氏に対して大変失礼ではあるが、たぶん彼の言いたいことは、『少数派の意見を、頭ごなしに否定しないで欲しい。少数派の主張する意見にも耳を傾けて、聴くことも無駄ではないと思う。』と彼は主張しているきがする。

P,S.自分の勝手な解釈なので、もしも、まさきち氏の趣旨に反していたら、はっきり言ってほしい。

投稿: 元祖何様 | 2009年2月14日 (土) 02時57分

「だから知りたいって言ってるんですけどなにか?」って脊髄反応か?

「誰が」「何を」知りたいのか、読者に理解できる文章で書いてくれ。

投稿: | 2009年2月14日 (土) 02時13分

名古屋の犯人三人は、絶対許せません。死刑以外考えられません!!!

投稿: | 2009年2月11日 (水) 15時07分

だから知りたいって言ってるんですけどなにか?

投稿: | 2009年2月10日 (火) 17時04分

死刑囚にもいろんな事情背景があるように、
誰もが、貴方と同じ環境で育ったわけではない。
千差万別なのですよ。

投稿: | 2009年2月10日 (火) 10時02分

小田島の共犯の、守田は、逮捕された当時、「幼かった子供と公園で遊んだ頃が、一番幸せな時だった」と言っていたのを覚えています。その幸せを簡単に捨て去るような男、どうしようもありません。同じ頃、子育てしていたので、大変腹立たしく思います。

投稿: しず | 2009年2月 9日 (月) 16時25分

名古屋の犯人三人は、死刑当然です。被害者はどれだけ恐ろしかったか・・・。確か、自首した男の父親も、「死んでおわびを」と言っていた筈。最短の裁判で、死刑が確定して欲しい!

投稿: しず | 2009年2月 9日 (月) 16時17分

この人が育った環境や親のことなどがとても知りたいと思う。そういうことを日記に書く気にはならないのだろうか。親のこととか、自分がやった事件のことも、この人にとってはすべて忘れてしまいたいことなんだろうか。なぜこういう人間になったのか。神田司にしても、山地悠紀夫、松永太などにしても。心の闇はどこから生まれてきたのだろう。興味があります。

投稿: | 2009年2月 9日 (月) 15時58分

あ、誤解があればすいません。元祖何様さんの意見を否定批判したつもりは一切なく、むしろそれに対して自分はこうだが、みたいな意見を書き込んだつもりです。

投稿: 冠 | 2009年2月 9日 (月) 09時40分

元祖何様と同意見です。
いろんな考えが合っていいと思うし、人の考えを否定するのもどうかと…

投稿: まさきち | 2009年2月 8日 (日) 16時03分

冠…か。良い表現だなぁ。

一人の人間として…ってのにはまず、その人に愛をもって接する事から始まると思うので、私には小田島を一人の人間として見る事はできないなぁ。


ただ、犯罪を犯すようになるまでの人格形成に明らかに影響してると思われる事(例えば幼少時の辛い境遇・経験等)を調べて、同情あるいは共感し彼への理解を深める事で「死刑囚」というひとつの先入観的なものから少しは離れられるかも。

投稿: 舞 | 2009年2月 8日 (日) 15時45分

貴重な意見有難く拝見した。
『冠が全てかき消してしまう』という気持ち、自分には直球意見として理解できる。

どうしたら、その『冠』だけでなく人間として犯罪者を見ることができるようになるのか?
自分にはわからないし、説明できることでもない。

ただ、自分のような異端児の意見があることを理解してもらえたら、それだけで投函した意味があったと、嬉しく思う。


投稿: 元祖何様 | 2009年2月 8日 (日) 13時34分

小田島の犯した犯罪が無くただ日記を読みコメントをするだけならフィリピンのお子様に逢いたいでしょう、とかフィリピンも不況の嵐が吹き荒れてるんでしょうか、とか書くんでしょうがさすがに4人も殺した死刑囚という冠をかぶっているとどんな文章でもこらこらお前!という感情が先にきてしまう。元祖何様さんのいう事はもっともだ。だけどやはりその冠が私達をある意味偏見した方向へ導いてしまう。色々な悲しい社会情勢に小田島が人間らしいコメントをしてもつい批判してしまう。恐らく社会から隔離され、今は人間らしい心を少しは取り戻してると思う。日記に見られる小田島の優しい部分も全て嘘ではないだろう。しかし冠が全てかき消してしまうんですよ。

投稿: | 2009年2月 8日 (日) 12時40分

自分を一人の人間として考えるとき、
自分にはいろんな顔があることに気づく。

同様に、小田島にも、犯罪者としての顔、トビーに対する父親としての顔、望郷を懐かしむ少年時代の若い頃の顔。

人間とは、そういう生き物なのだろう。

自分は、小田島の犯罪者としての(死刑囚としての)一面だけにスポットをあてて 罵ったり批判したくはない。取り返しの付かない犯罪を犯した“人間”としてみている。

『第182回 Xプレゼントを買ってあげたい 』のコメント終了ということもあって、書き込めないので第182回の内容も含めて、ここにコメントを寄せる。状況や、立場はどうであれ、子供を思う父親としての文章だと感じただけだった。

だから、小田島が発する言葉に、自分が違和感を感じることは、いままでなかったし、これからもないと思う。

自分は犯罪者&死刑囚として小田島を批判しているブログ読者に反発しているわけではない。

ただ、自分のような読者もいることを知って欲しいと感じた。

投稿: 元祖何様 | 2009年2月 8日 (日) 07時09分

ここのコメントを見て、神田司のブログ読みました。
とても胸が痛みます。。。被害者は脅迫されても、嘘の暗証番号を言い、犯人達は聞いたなら殺してしまえ!

でも現金を引き出せない。。。『あの状況で、よく嘘が言えたな』と。。。銀行には800万の預金。

母が早くに亡くなった父との叶えられなかった夢はマイホームだけだったと呟いたところ、被害者は目を細めて微笑んでいたとか。。。友人に『母に家を建ててあげるんだ』と話していたみたいです。。。

母は『殺されるのを察して、現金まで奪われたくなかったのでしょう』と。気丈な被害者のことを思うと、涙が出ました。ブログを見ると、彼女の殺されるリアルな場面がわかります。

こんな、こんな優しい、こんな親思いの彼女が殺されたのを思うと、やっぱり死刑はあるべきです。

他人が聞いても許せません。

小田島も一緒です。

許せません

投稿: | 2009年2月 8日 (日) 00時25分

そうそう

神田司前略留置所より。

私も見ています。凶悪事件の加害者の多くは反省する以前に自己を正当化する利己主義者が実に多いような気がしてます。

それと、光市母子殺害事件の本村氏の本も読みましたが
被害者遺族の絶望と苦闘の日々がリアルに再現されていました。

人の命を奪う事の代償がどれほど大きいかが良くわかります。

投稿: 土建屋40才 | 2009年2月 7日 (土) 12時56分

う~ん。。。。。後悔はしているんじゃないでしょうか。もっとうまくやればよかったとか。ドジったなとか。彼の立場にはもちろん完全になりきれないけど、よおく考えてみると、おそらくそういう後悔だけなのではと。どうにかこうにか彼の気持ちになって考えてみると、やはり被害者や遺族に対しての反省はないのではないかと。。。。。自分がある朝突然吊るされることの恐怖を想像すると身震いが来ます。

ところで「神田司 前略 名古屋拘置所より」に、もしもコメント欄があったらすごいことになってるんだろうなぁと思います。私は死刑廃止論者でもないし死刑賛成派でもないけれど、(死刑に替わる何かが思いつかないからです)あのブログを見ると死刑はなくてはならないものという感じがします。反省のハの字もない。それに比べるとこの彼はほんの少しですが人間らしさを取り戻してきているのかなぁとか。最後の言葉を聞かないとわからないかもしれませんね。聞いたとしても私たちには永遠に心の中は全部見ることができないし。。。。。

投稿: | 2009年2月 7日 (土) 11時45分

ララさんこれからも意見交換しましょう。
そして小田島の執行まで見届けましょう。

投稿: | 2009年2月 7日 (土) 11時15分

共犯の守田が死刑確定しない限り執行はないでしょう。
小田島のブログは来年も残りそうな感じです。
3畳半の部屋で読書しかやることがないようですが、
小田島の半生が刑務所ということを考えると
洗脳ぐらいしか改心させる方法がないかもしれないです。
小田島に望むのは反省や悔恨ですが無理だと思うので、
このようなブログを執行されるまで続けて、反面教師としていてください。

投稿: | 2009年2月 7日 (土) 10時36分

あの時の匿名さんですね?いつもありがとうございます。私の意見は、今までは言葉の制限を意識してしまって、どうしても歯切れの悪いコメントだった気がします。ここがサイトではなく現実の公的な場で、顔を見合わせてだったとしたら、〇〇省の〇〇と名乗れ、立場上の意見をバンバン言えたのかもしれませんが…。だからここでは一女の子として参加するべきだったんです。そうすれば、もっと自由に意見を書き込めたのかな…と。
別日記では貴女様と私を同一だと勘違いされていた方々がいらっしゃいましたが、貴女様に語りかけてしまったが為に、貴女様を巻き込む形に成ってしまいましたね…。ごめんなさいね。また次に来る時には、一女の子として参加させて頂きます。
その時はまた意見を交じ合わせましょう。
ララは一旦この場を離れます。
それでは…。

投稿: ララ | 2009年2月 7日 (土) 09時39分

舞さんの意見もララさんの意見も私はとても参考になります。お互いに冷やかしでなく素直に意見しあえる事はなかなか出来ない事ですし この貴重なブログ内でこういう風に語り合える事は、私は拝見していて参考になります。

投稿: | 2009年2月 7日 (土) 03時39分

舞さんへ
ありがとうございます。
貴女様は本当に知的でサッパリされた素敵なお方ですね。同じ女性として尊敬致します。
私は歯切れの悪いコメントばかりでした。舞さんがご指摘して下さった様に、身分を完全に明かすか隠すかにすれば、もう少しスッキリ出来たのかもしれません。
正直、思った事をストレートに語れる皆さんが羨ましかった…。
私もまた、公務員側ではなく、一市民として匿名で出直して参ります。
少し後に成ると思いますが…よろしくお願いします。舞さん、本当にありがとう!

投稿: ララ | 2009年2月 6日 (金) 21時44分

連コメすみませんです。

えーと、ララさん。
あなたはまず中途半端に身分を明かすのはご自身のためにもやめた方がいいかと。


「私はこれこれこういう者です。こういう立場としてこう考えております」と筋道立ててコメントしてくれればわかりやすいのですが、「詳しく言えませんがこういう者です。あまり大っぴらには言えませんがこれはこんな感じです」と言われても、閲覧する人は(というか私は)いまいちスッキリしないのですよ。


以後はハンネを変えて身分も立場も完全に隠してご自身の気持ちだけをこの場に投げかけてみては?

意見を述べる事は自由なんだし、私も人に言える程立派な事はできてなかったりするし。そこら辺はお互い様ですから。

投稿: 舞 | 2009年2月 6日 (金) 21時30分

ここでまたこの様なお話をしたらいけないかもしれませんが、私は舞さんの歯切れのよいコメントが大好きです。また、匿名さんですが、私に語りかけて下さる方もいらっしゃって。
ここの皆様は本当に自分の考えをシッカリ持っていらっしゃり、本当に素晴らしいですね。勉強に成っています。これからも拝見させ続けて頂きますね。
また素晴らしいコメントを聞かせて下さい。

投稿: ララ | 2009年2月 6日 (金) 21時24分

不快に思われたらすみません…。
あまり詳しく言えませんが、某省庁幹部の…。国家に従事する側の者です…。すみません…それくらいしか言えません…。
我々=国
伏せる=機密
と言ったら良いのでしょうか?
皆様のご意見が聞けて大変勉強に成って居ります。
私も皆様に加わりたく、書き込みに参加しましたが…私の出る幕ではないのかも…と最近思って居ります。また以前みたく見るのを専門にしようかと…。
これからも色々なご意見を参考にしたいと思います。ありがとうございました。

投稿: ララ | 2009年2月 6日 (金) 21時13分

おそらく、ララさんご自身もしくはご家族・友人どなたかが、拘置所もしくはそれに近いお仕事をされているのではないかと。

そういう事じゃなくて?

投稿: 舞 | 2009年2月 6日 (金) 21時10分

>ららさん
↑の、「我々」って誰々?「ここでは伏せて」って?
まるで管理人さん口調のあなたはなにものでしょうか?

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 20時26分

死刑囚をはじめとする、殺人加害者の親族については、我々の間では話に成って居ります。ただ、具体的な内容について外部には話せないので、ここでは伏せさせて頂きますが…かなり悲惨な生活をしている事には違いないです…。言えるのはそれだけですが…。

投稿: ララ | 2009年2月 6日 (金) 18時22分

トビーだかレビーだか知らないけど その人達は小田島の凶悪犯罪に対してどう思っているのか?子供には言ってないにしろ妻は小田島に対して何か言ってないのか?日本語が話せないのか?送金が途絶えたら困るから余計な事は言わないのか?

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 14時17分

死刑とはいわゆる遺族感情の代弁であるような気がする。犯罪抑止に大して貢献してるとも思えない。懲役囚みたいに労働を義務付けたらどうだろう。

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 13時55分

そもそも「死刑囚は死刑執行されてはじめて刑に服した事になる」ってのがおかしいと思うよ。

執行の日まで他の受刑者同様に労働し、厳しい規律の中で生活すべき。自分の食い扶持くらい自分で稼ごう。もっとも、それができなくて今の死刑囚という立場になったんだろうけど。

それと、クリスマスプレゼントがどうのって記事。
私も小さい子供が二人いるから、我が子にできる限りの事を…って気持ちは痛い程わかるんだけどさ。
でも、あなたは妻より子供より遺族を優先しなきゃならない身なんだってば。

こう言っちゃ悪いけど、あなたの妻子は家族が人殺しの死刑囚だという時点で貧困以上に不幸だよ。

投稿: 舞 | 2009年2月 6日 (金) 11時46分

本の差し入れ、その他ヒマを潰せるものを一切排除したら少しは自分の犯した犯罪に向きあい袋張りを始めるのかもしれない。小田島は明らかに同じ死刑囚でも恵まれている部類に入るだろう。

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 09時26分

早く死ね

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 08時42分

しかし腹立たしい。トビーの話しもいつも苛立つ。

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 06時10分

だから何故一日中読書して飯が食える?なぜトビーに七万も仕送り出来る?未決囚だから何もしなくてもいいのか?理解出来ない。せめて最後位は普通の人みたいに働いて、その対価で飯食って本買って遺族に何らかの償いをして仕送りしろよ。死ぬ間際まで我々の税金を奪うのか?開き直りたい気持ちも分かるけどふりでもいいから反省してみせろよ。でなければみんなが早く執行しろという気持ちは決して変わらないと思う。

投稿: | 2009年2月 5日 (木) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/27814100

この記事へのトラックバック一覧です: 第183回 ボーン・コレクター:

» ボーン・コレクター [最新ニュースと新着youtube動画]
 中古》【DVD】ボーン・コレクター洋画商品価格:580円レビュー平均:0.0木曜洋画劇場 ボーン・コレクター今週の木曜洋画劇場はボーン・コレクターでした。 ボーン・コレクター(上) ボーン・コレクター関連商品をみる ボーン・コレクター.(続きを読む) じいちゃんと孫4 ボーン・コレクターと、よくある母子のやり取り・・・ じいちゃん「まあ、子供の時は好き嫌いがあるもんじゃけ」 母「も、おじいちゃんったら」 じいちゃんが違うおかずを出して一言・・・ じいちゃん「ぼん、これ食うたら?」... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 23時51分

« 第182回 Xプレゼントを買ってあげたい | トップページ | 第184回 死刑囚の休日 »