« 第165回 死刑囚の養子!? | トップページ | 「法律判断自信ない」裁判員候補者に不安も…読売ネット調査 »

2009年1月 8日 (木)

獄中からの年賀状

小田島から、面会人のひとり比嘉健二へ年賀状が届いた。




新年の挨拶がなかなかの達筆な字で書かいてある。
今年の干支である牛のイラストも描かれ、背景を黄色の蛍光ペンで彩色してある。

|

« 第165回 死刑囚の養子!? | トップページ | 「法律判断自信ない」裁判員候補者に不安も…読売ネット調査 »

コメント

絵、上手だなー。

投稿: | 2013年6月25日 (火) 12時56分

アキラさんの指摘を読んでみたんですが、名前無しの方ですよね?1人のコメントだけに執拗に執着してますね。確かに、ここまで執拗なのはコワイ…。なんで?相当なストレスをため込んでるのかなぁ…。私は、彼?彼女?とは考えが違いますけど、コメント読んでも別に気持ち悪いとは思わないし、こうゆう考えかたもあるんだなぁと思いましたけど。こうゆう質の悪い人は書き込みしないでもらいたいのが正直な気持ち。相手にしないで、これからもコメントしてくださいネ。この人、このブログの趣旨自体がわかってないみたいですから。

投稿: るか | 2010年8月27日 (金) 16時39分

ほらほら、またストーカーしてる。自分の異常さに気付かないか?!気持ち悪いヤツだなぁ。間違いなく友達いねぇな。

投稿: アキラ | 2010年8月27日 (金) 16時05分

これが普通の知人からだったら、気にもとめないくせに。死刑囚小田島だから、心のこもった とか、気持ち悪い憐憫、哀れみの気持ちが入ってるンでしょ。

本当に気持ち悪い。

投稿: | 2010年8月27日 (金) 12時43分

この年賀状を受け取った方が、どう思うかが重要であって、まわりがどうこう言うことではないと思います。私には、打算などは無く、心のこもった年賀状に見えますが。それに、お世話になっている方に年賀状を出すのと、ご遺族の方に謝罪文を出すのとは、また全く別物ではないでしょうか。逆に、お世話になっている方に年賀状を出さなければ出さないで、恩知らず、などと言われてしまうのでしょう。でも、こんなふうに、何をどうしようと悪く言われてしまうのも、また一つの罰なのでしょう…。

投稿: A・M | 2010年6月 5日 (土) 16時48分

森達也さんの本によれば刑務所によって、蛍光ペン許されたり許されなかったりするみたいです。

投稿: ヤンウインリー | 2009年1月12日 (月) 19時53分

なるほど。つくづく悪知恵の働く奴だ。

投稿: | 2009年1月10日 (土) 20時08分

年賀状を書けば、もっと、差し入れやお小遣いを貰えるからなんでしょ。全部、自分の利益を考えての事なんだから。

投稿: | 2009年1月10日 (土) 16時17分

蛍光ペンは使えるのを初めて知った。公開していていただきありがとうございます。

投稿: | 2009年1月10日 (土) 01時42分

これが最後の小田島の書く年賀状でありますように。

投稿: | 2009年1月 9日 (金) 20時37分

早く吊るせよこんなやつ

投稿: | 2009年1月 9日 (金) 16時25分

これ、達筆でしょうか?

乱雑で気持ちのこもってない筆に思えます。
「し」や「り」は左右で書体が違ってるし、全体のバランスも悪い。
「福」の字など最悪。
少なくとも、相手に文面の気持ちを伝えたい筆では無いと思います。

投稿: 書道家の端くれ | 2009年1月 9日 (金) 10時01分

「平素のご厚情を心より感謝いたします」

新年にお世話になってる人に感謝の気持を伝える。

その気持があればこの殺伐とした世の中でもなんとか食っていけたはず。

しかし・・・

達筆ですね。

投稿: 土建屋40才 | 2009年1月 9日 (金) 08時29分

これが例の年賀状か・・。確かに随分とイラストもこってるね。こういう事にかける時間が沢山あるんでしょうね。そんな事に時間かけてないで謝罪文書いて下さいよ。

投稿: | 2009年1月 9日 (金) 07時56分

パソコンで作るのが普通になりつつある年賀状。

このように手書きの年賀状を見ると懐かしい気持ちになりました。

達筆で背景まで丁寧に塗られてますね。
几帳面な方なんでしょうかねぇ?


こんな事に時間かけてる暇があるなら反省しやがれ!と思うのは僕だけでしょうか?

投稿: | 2009年1月 9日 (金) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/26940090

この記事へのトラックバック一覧です: 獄中からの年賀状:

« 第165回 死刑囚の養子!? | トップページ | 「法律判断自信ない」裁判員候補者に不安も…読売ネット調査 »