« 第178回 悲しいニュース | トップページ | 第179回 死刑囚にできること »

2009年1月30日 (金)

畠山被告控訴審、3月判決=検察側、改めて死刑求める−仙台高裁支部

死刑関連ニュース
1月30日12時59分配信 時事通信

秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人などの罪に問われた畠山鈴香被告(35)=一審で無期懲役=の控訴審公判が30日、仙台高裁秋田支部(竹花俊徳裁判長)で開かれ、検察、弁護側が最終弁論を行い、結審した。判決は3月25日。

検察側は、畠山被告が控訴審で、米山豪憲君=当時(7)=殺害の動機を
「思い出せない」などと陳述したことについて「これまで一貫して動機を話しており、全く記憶を喪失したとは信用し難い」と批判。「犯行の悪質さ、被告の非人間性、遺族の感情を考えれば死刑を選択するほかない」と改めて死刑を求めた。 

|

« 第178回 悲しいニュース | トップページ | 第179回 死刑囚にできること »

コメント

152:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
09/03/27 10:55:32 0
厳密さが、し系判決に求められるとしたら、
いくら反省と謝罪の様子を見せても、2度と更生の可能性が見られない
ようなら、し系は避けられないだろう。
しかし、事件の残虐さが造られた可能性が1㌫でもあるものなら、し系
判決は回避する。
まず、あや香さんの橋で、との設定には無理がある。
身長150cmもある少女がまっ暗なのにサクラマスを見たいとは言わない。
だだをこねるとの表現は赤ちゃんまで。乙女には抗議すると言って☆い。
橋でとの無理矢理な設定は、本当の殺害場所のいんぺいのため。
本当は藤里団地で、なのだろうか。
あや香さんの殺害場所をそこにすると非常に困る親ごさんが居た、
とか。犯行は遺体を運んでおり、どうみても二人以上の手が必要なもの。
それも省いてる。娘を殺したら家庭内の育児の問題は解決してる。
Gくんを殺す理由がない(動機)皆無。


153:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
09/03/27 11:10:53 0
ところが、本当は真犯人(男)の場合を想定するとどうか。
まず、真犯人(男)の特徴はあや香さんのことを事故にした。
鈴は、もっと調べて欲しいとした。(犯人ではない)
2人目の子がなくなるまでの間の行動が真犯人と真犯人じゃ
ない者を見極めるポイントとなる。
自分が捕まることを前提にテレビの力に出たり
捜査を願出ることは、真犯人ならありえない。
ここの1か月間の行動は、あや香さんのことを思っている
人と、殺した人で差が出てる。
真犯人は、鈴のせいで逃げ切れないと思った。
で、自分に嫌疑がかからないように、そのためだけに
2人目を手にかけた。まさか、よもや息○には手をかけまい
という盲点をついた。
シャボン玉をたくさん買い込んで、ごうくんを予備、あや香さん
を予備、ビデオ撮影までして、用意周到。本の表紙にしたかも、。

154:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
09/03/27 11:20:14 0
息○を殺して、長年の夢である、一冊の本を出版したのかも

彼は、在宅。彼のアリバイを証明出来る人はたったの一人も
いない。
かれが、真犯人なら、確実にしけい。
その計画性。意図的殺意。女に濡れ衣を着せて平然としてる冷酷そは
しけい以外の処罰は考えられない

156:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
09/03/27 11:46:55 0
一般人にしたら、しゃべり過ぎなちち○。

1週間のうちの唯一午後帰りな日を知ってるちち○。
なぜ、その日なのか?警察への通知。捜索を夜にしたいためか。
○ちちを犯人候補から除外したのは無理がある。

血液のあとがある玄関の取り壊しを急いだのは、
鈴が犯人ではない証拠を残したくない権力が働いたものか(町議)

ヘリコプター捜索の日、見つかったあや香さんの遺体は
パーカーを着てなかった。なぜ?
でも、鈴に渡されたあや香さんの遺品にパーカーが入ってた
。河原で発見されたのではなく、ヘリコプターが飛んでる中、
あや香さんの遺体は車から河原に運ばれ、
パーカーは車から持って来て、あとで着せた可能性も否定出来ない。

投稿: | 2009年3月29日 (日) 11時22分

真犯人には死刑妥当!
真犯人は。。。誰?

投稿: | 2009年3月28日 (土) 23時56分

畠山鈴香さんの場合、明らかに心を病んでおられる。
責任能力が問えるケースだったかどうか疑問に思います。
日本の司法は、責任能力が問えないケースでも、検察が強引に問えると偽証し、裁判所もその通りに判決を下しますから恐ろしい。

投稿: | 2009年3月27日 (金) 23時21分

私は死刑反対者では有りませんが、この事件は真犯人が別にいると思います
豪憲君殺害も証拠が警察によって創られた気がします

投稿: | 2009年3月27日 (金) 06時28分

死刑と無期懲役の境界線事犯。

判例だと2人殺害は死刑だが(女性はギリギリ死刑回避なのかな)長女殺害は自白調書のみだが、それに関しては争ってない。

長女殺害犯が別にいて、被告が庇っているとすると、求刑の重さから余りにも理にかなわないのでは…

仮に、そうだとして判決確定後に真相判明なんてことも困る…

求刑死刑→無期懲役が、妥当な落としどころなんでしょうね。

投稿: 億 | 2009年3月26日 (木) 20時10分

橋から落ちて数キロ流れたのに損傷がなく、証拠が自白だけの彩香殺害。
本当に鈴香が真犯人?

投稿: | 2009年3月26日 (木) 00時40分

彩香殺害の証拠は自白だけ。
橋から落ち、数キロ流された死体には損傷がなかったにも関わらず・・・
本当に鈴香が真犯人か?

投稿: | 2009年3月26日 (木) 00時35分

http://www.geocities.jp/yaaahooooooou/index.html

投稿: | 2009年3月21日 (土) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/27616605

この記事へのトラックバック一覧です: 畠山被告控訴審、3月判決=検察側、改めて死刑求める−仙台高裁支部:

« 第178回 悲しいニュース | トップページ | 第179回 死刑囚にできること »