« 第167回 麻生首相の人相 | トップページ | 第169回 死刑関連記事 »

2009年1月11日 (日)

第168回 悪夢

12.9.(火)曇
2本だけの残歯の一本が痛み、義歯を入れられず、看護師に頼み、夕食から粥色に変更。この1ヵ月くらい、
見る夢、見る夢のすべてが、後味の悪い夢ばかりが続いている。生活を共にしている女と急に会えなくなったり、一緒に歩いているうちにはぐれて、探しても会えない。などと何故か決まって一人になってしまう夢ばかり見るのだ。そこで、あ、また嫌な夢だ。これは夢だ、と思い目を覚ます。そして朝まで眠れない。ーそんな夜がもう一ヵ月くらい続いている。気持の奥底にある「もの」がそんな夢を見せるのだろうか。夢を見ずに熟睡するように、できるだけ多く活字を読んで目と脳を疲れさせるようにしている。夢を見ずに目覚めた日は本当にホッとする。

|

« 第167回 麻生首相の人相 | トップページ | 第169回 死刑関連記事 »

コメント

【怖い】が一番ストレートなんだと思うょ

そこに、〜で、どーだから、、、なんてないでしょ。

小田島は自分を自分なりに正当化したんでしょ。そして現在も


でも夢を見る、、、。夢は彼の場合、現実。逃げれない現実なんだよね


投稿: | 2009年1月16日 (金) 01時14分

ふと思ったのだが小田島はこのブログの存在を知ったらどんな反応をするんだろうか?

投稿: | 2009年1月15日 (木) 03時21分

斎藤氏が次回面会にて、小田島の気持の奥底にある「もの」について尋ねてくれると、ブログ読者としては有難いのだが・・・

投稿: | 2009年1月14日 (水) 23時59分

うん。確かに。その意味も含めてこのブログは意味があると思う。

投稿: | 2009年1月14日 (水) 08時21分

連投容赦
『パフォーマンスだろ!でも怖いんだよ!死刑が!!』って反論ありそうだな。

例えば、小林薫の態度と小田島が同じだとおもうか?
原平や星島被告同じかよ?

あくまでも自分の意見だが、犯罪者それぞれに死刑にするか、無期にするかなどの判断は千差万別だと感じる。

はっきり言うが自分は死刑廃止論者じゃない。

ただ、いろいろな判例を見てきて思うのだが、
単純にグループ分け(死刑OR無機)を素人がするのは、間違っている気がする。(第三者である裁判官が判断するのはまだ、ましだが・・・それだって当人でないのだから、100%正しいわけではない。)
だから判例といった最低限度のルールが存在するのだろう。

極端な例だが、イスラム教みたいにハッキリした決まりがあるなら、『国の法律が決めた基準だから』と自分の立場を、ここで言えるのだが。

良し悪し関係なく、日本の法曹にはグレーな領域が多いと思う。

小田島の感じる『何か』を知りたいとおもうのは、日本が死刑制度をもう一度原点にかえって考えるとき、重要な要素になる気がする。


投稿: | 2009年1月14日 (水) 02時44分

死刑が怖かったら、最高裁まで争うと思うのだが。

投稿: | 2009年1月14日 (水) 01時18分

開き直ってるような日記書くけど、往生際悪いね。こいつに殺された人は何の猶予もなく消されたのに。

頭が良さそうな日記を書くけど、やっぱ殺人犯すような奴って自分勝手だよな。

投稿: | 2009年1月14日 (水) 00時35分

間違いない、死刑執行の事でしょう。

投稿: | 2009年1月13日 (火) 16時12分

心の奥底にあるものって文面からいって死刑の事じゃないの?

投稿: | 2009年1月13日 (火) 14時45分

小田島に殺された遺族の方々は亡き家族を夢にみているんだろうな。

投稿: | 2009年1月13日 (火) 11時24分

″気持の奥底にある「もの」がそんな夢を見せるのだろうか。”
『気持ちの奥底にあるもの』というのが、自分はとても気になる。後悔や反省や恐怖とは違う何かのような気もするし、関連があるようにも思える。また、考えないように避けようとしてきた気持ちの奥底の部分が、無意識に夢として現れたのかもしれない。(と自分は勝手に憶測をしているのだが・・・)

いずれにしても、彼が言葉で表現できない『何か』なのだろう。

投稿: | 2009年1月13日 (火) 02時00分

絶対そうだね。

投稿: | 2009年1月13日 (火) 00時16分

その後悔とは人を殺した後悔じゃなくて捕まった事への後悔だと思うな。

投稿: | 2009年1月12日 (月) 20時42分

後悔してるから悪夢みるんじゃねぇの?

投稿: (笑) | 2009年1月12日 (月) 19時02分

執行されるまで毎晩悪夢にうなされるがいい。

投稿: | 2009年1月12日 (月) 18時46分

夢から醒めた現実が一番厳しいなんて、自業自得とはいえ‥。

投稿: 獄門島 | 2009年1月12日 (月) 14時07分

自分の兄が、小田島と同じ位の年齢なので、小田島が生まれ育った時代がどんなだったか、よくわかる。何が彼の人生を狂わせたんだろう?

投稿: しず | 2009年1月12日 (月) 08時01分

悪党は、悪い事をするのが、生きがいだから、犯罪を犯した事に後悔がないのだろう。悪夢に人殺しをした夢をみないなだから。

投稿: | 2009年1月12日 (月) 05時21分

一緒に暮らした、女は小田島と過ごした事が悪夢だった、ギャンブル、浮気、借金だった。

投稿: | 2009年1月12日 (月) 05時15分

小田島の場合、共犯が上告中だからまだ悪夢が見れるんじゃないの?死刑にならば夢すら見れなくなる。1月か2月にはそろそろ死刑の執行があると思うが、少なくとも小田島ではないだろう。

投稿: | 2009年1月12日 (月) 00時38分

悪夢から解放させてやる死刑という制度はこういう文面をみていると考えさせられる。自分が殺した人達が夢に出てこないのは犯罪を犯した事を後悔していない証拠ではなかろうか。

投稿: | 2009年1月11日 (日) 23時45分

夢というより・・・

彼の人生そのまんまだと思うが。

投稿: 土建屋40才 | 2009年1月11日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/27035944

この記事へのトラックバック一覧です: 第168回 悪夢:

« 第167回 麻生首相の人相 | トップページ | 第169回 死刑関連記事 »