« 比嘉健二への手紙08.11.15 | トップページ | 組長に二審も死刑=3人射殺事件-東京高裁 »

2008年12月13日 (土)

最初は終身刑望んだ母「やっぱり犯人の命をください」

死刑関連ニュース
12月13日7時32分配信 読売新聞

娘を殺害した犯人が逮捕された直後、どんな刑を科してほしいかと捜査官から尋ねられ、久保田博子さん(51)はそう答えた。
2004年12月12日夜、福岡県飯塚市で一人暮らしをしていた三女の奈々さん(当時18歳)が、アパートへ帰る途中、近くの公園に引きずり込まれ、絞殺された。翌日、離島の的山(あづち)大島(長崎県平戸市)から駆けつけた博子さんと夫の寿(ひさし)さん(52)が対面したのは、今まで見たこともない、苦しげな顔をした奈々さんだった。

3か月後、土木作業員の鈴木泰徳被告(39)が強盗殺人容疑などで逮捕され、わずか1か月余りの間に福岡県内で奈々さんら3人の女性を殺害したと自供した。

「死刑は当然」と寿さんは考えていた。しかし、博子さんはそう思えなかった。

          ◆

奈々さんが難病の膠原(こうげん)病にかかっているとわかったのは、声優になる夢を抱いて島外の高校に進学して間もなくのことだ。入院施設のある養護学校に入り直した。一日80錠の薬の影響で顔は腫れ、大好きだった甘い物も食べられなくなった。

娘を見舞うため、養護学校を訪ねた博子さんは、車いすで懸命に教室に通ってくる筋ジストロフィーや心臓病などの子供に出会う。いつも自分の死を見つめているように感じられた。

「私は絶対に膠原病を治して、声優になって、重い病気の人を励ましたい」。ある時、そんな決意を明かした奈々さんは04年春、病が癒え、卒業する。だが、仲が良かった難病の男子生徒はその後、亡くなった。

「長くは生きられないことがわかっていても、悲観することなく懸命に生きていた。そんな子供たちを見て、生きていける命をほかからの力で奪うことに抵抗を感じていました」と、博子さんは言う。

          ◆

鈴木被告は幼い2人の子供がいながら、パチンコや酒で借金を重ね、ストレスをためた末、乱暴目的で一人歩きの女性を探し、偶然見かけた奈々さんを襲った。しかし、福岡地裁の法廷では捜査段階で認めた殺意を否認し、「生き続けて、若い人たちに犯罪に走るなと伝えたい」などと訴えた。

「何でうちの娘を」。傍聴席で、博子さんは叫びたい衝動を何度もこらえた。養護学校を卒業後、手に職をつけるため、飯塚市内の歯科技工士の専門学校に入学した娘は、事件の3週間前に会った時、「今の学校は楽しいけん。ここに来て本当によかった」と笑顔で話していた。クリスマスには思い切りケーキを食べさせてあげたかったのに。

06年3月9日の第8回公判。博子さんは意見陳述に立った。当初は死刑でなく終身刑を求めた気持ちから話し始めたが、途中から抑えていた感情があふれ出た。

「私たちは成長した奈々に会えないのに、犯人はさも罪を償っていましたと言わんばかりに、大きくなった我が子に会える。嫌だ、それだけは許さない……。私の心はどこまで醜くなるのでしょう。やっぱり犯人の命をください……」

          ◆

12日、今年の命日の夜を、両親は島の自宅で迎えた。地裁、高裁でともに死刑判決が出た鈴木被告は今年2月、最高裁に上告した。

「罪のない子供が親に会えないことを願うなんて、おかしいと自分でも思う。でも、もし被告が無期懲役になることを考えると……」。博子さんは声を震わせた。

「命の大切さを分かっている妻は、犯人の死を望む自分を責めてきました。こんな思いをする家族をもう出さないためにも、落ち度のない人を殺せば死刑だということを示すしかないと思います」。寿さんは語った。

(連載「死刑」第2部「かえらぬ命」第3回)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000071-yom-soci

|

« 比嘉健二への手紙08.11.15 | トップページ | 組長に二審も死刑=3人射殺事件-東京高裁 »

コメント

死刑囚には,この母の気持ちは結局わかっていないだろう。この死刑囚には明らかに人格障害がある。自分を責めることや他人の立場に立って考えることができないようだ。

ここで,死刑の是非はともかく,この犯人が命を持って償うことに異論はない。

また,死刑が確定してから「反省」することがもはや困難であることは,自分が死刑囚になったことを想像してみればよくわかる。

弁護側は,公判中に精神についての専門家の助力を得て,被告人の反省の気持ちを引き出すべきだったのではないか。

投稿: 江藤 実 | 2012年9月14日 (金) 05時05分

これは・・・これこそ、人 でしょう。
お母様の人格でしょう。

犯人は死刑で当然の凶悪犯なのにも関わらず

自分の心が醜くなっていく・・・死刑を求めます。

という慟哭。


何故、こういう大事な記事にいつもの野次馬みたいな人達は
コメントしないのか。


死刑囚は毎日死を待つ生活を送る。

だが、死刑囚の家族には罪はない。

被害者の気持ちを考えろよ!とよく書かれていますが
それと同時に死刑囚の気持ちも考えてみてもいいのでは。

ちなみに、この事件のようなケース。死刑が当然だとは
思います。

投稿: | 2012年2月11日 (土) 00時37分

とても考えさせられる話ですね…。お母様の心があまりにも美しすぎて、自分をこんなにまで責めてしまうなんて…。心がもし目で見えるものなら、お母様の心を加害者にみせてあげたい。

投稿: A・M | 2010年6月 4日 (金) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/26165899

この記事へのトラックバック一覧です: 最初は終身刑望んだ母「やっぱり犯人の命をください」:

« 比嘉健二への手紙08.11.15 | トップページ | 組長に二審も死刑=3人射殺事件-東京高裁 »