« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

第160回 大島コイン事件祥月命日

11.21.(金)晴
来週の月曜(24/月)が振替休日のため昨日(月曜)の入浴が今日に変更され、1番(8:30~)入浴。

今日から膝掛け毛布の使用許可。

大島コイン事件被害者の祥月命日。入浴後から、般若心経を3度唱えてから写経を始めた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

<死刑判決>今年は27人に 大幅減少も厳罰化変わらず

死刑関連ニュース
12月29日2時33分配信 毎日新聞

今年1年間に全国の裁判所で
死刑を言い渡された被告は27人だったことが、毎日新聞の調べで分かった。最高裁にデータがある80年以降で最多の46人だった昨年から大幅に減少した。重大事件数の減少などが理由とみられるが、被害者が1人の殺人事件や少年事件で死刑が言い渡されるなど議論を呼ぶ判決が目立っており、厳罰化の流れに変化はなさそうだ。

続きを読む "<死刑判決>今年は27人に 大幅減少も厳罰化変わらず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家裁決定取り消し、差し戻し=袴田死刑囚の後見開始申し立てで-東京高裁

死刑関連ニュース
12月27日1時14分配信 時事通信

静岡県で1966年、一家4人が殺害された
「袴田事件」で、強盗殺人などの罪で死刑が確定した袴田巌死刑囚(72)=第2次再審請求中=は心神喪失状態だとして、姉秀子さん(75)が後見開始を申し立てた抗告審で、東京高裁(園部秀穂裁判長)は26日までに、申し立てを却下した東京家裁の決定を取り消し、同家裁に差し戻した。同日、弁護団が明らかにした。

続きを読む "家裁決定取り消し、差し戻し=袴田死刑囚の後見開始申し立てで-東京高裁"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第159回 麻生太郎

11.20.(木).晴
今朝は全国的にこの冬一番の冷え込み。都心で最低6度、青梅市で氷点下1.2度。

麻生首相、そろそろバケの皮がはがれて失言連発。自民党内身内からも批判の声。週刊新潮11/27号の見出し広告に「マンガばかり読んでいるからだ。学習院の恥だ、と学習院のOBも見放した、おバカ首相、麻生太郎」と新聞。

やっと念願だった首相の座に就き、少しでも長く坐っていたいだけ?としか見えない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

19歳少年を検察官送致=行員はね、死なす-千葉家裁

死刑関連ニュース
12月26日13時4分配信 時事通信

千葉県香取市で11月、銀行員沢田智章さん=当時(24)=が軽トラックではねられ死亡した事件で、殺人の非行事実で送致された少年(19)の少年審判が26日、千葉家裁で開かれ、松野勉裁判長は少年の検察官送致(逆送)を決定した。

続きを読む "19歳少年を検察官送致=行員はね、死なす-千葉家裁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

第158回 元厚生省次官連続襲撃テロ

11.19.(水).晴
"
元厚生省次官宅連続襲撃テロか。2名死亡、1名重傷。厚労省、OB宅など警戒。「思いつきの犯行ではない。不景気で生活が苦しくなり、社会の閉塞感が強まる中で、行政に対する怒り、年金記録漏れ問題などで揺れる厚労省の関係者に象徴的に向けられた可能性もある。だが、どのような状況があっても暴力に訴えることは最も卑劣な行為で許されない。(社会評論家赤塚行雄)」"の報。

相次ぐ役人の不祥事、中でも薬害年金問題で厚生省がやってきた「デタラメ度」は罪深い。そうした事を考えれば、
起きて当り前、起こるべくして起きた事件だ。と思うのは私だけだろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

第157回 S氏への見舞い

11.18.(火)晴
退院後の回復状態は?と思い
S氏に短い手紙と、静養中の時間潰しになればと考えて文庫本7冊を冊子小包にして発送した。

午後3時すぎに、そのS氏から、入院・手術・退院の経緯と近況を書いた来信。

警視庁に勤務する警視が"飲酒当て逃げ"で茨城県警管内で逮捕。都内の事故なら当然モミ消しができたのだろうが、県警に逮捕・公表されてしまったのでは、残念!これなども氷山の1角にすぎない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

極刑求める署名、30万人に=女性拉致殺害事件で母ら-名古屋

死刑関連ニュース
12月24日2時33分配信 時事通信


名古屋市千種区で昨年8月、会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が拉致、殺害された事件で、母富美子さん(57)ら遺族が、強盗殺人罪などに問われた元新聞販売員神田司被告(37)ら3人への死刑適用を求めている活動に対し、目標としていた30万人分の署名が寄せられたことが23日、分かった。

署名は18日に30万人を超え、20日までの分で30万799人となっている。

富美子さんは「署名からはいつも元気と勇気をもらっている。一時は目標に届かないのではないかとあきらめかけたこともあったが、これを支えに頑張りたい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081223-00000087-jij-soci

| | コメント (1) | トラックバック (1)

<米死刑制度>4人殺害で回避 陪審員一致せず…ジョージア

死刑関連ニュース
12月21日20時7分配信 毎日新聞

【ニューヨーク小倉孝保】米ジョージア州アトランタで裁判官など4人を殺害したとして殺人など計54件の罪に問われた男に対し、地元高裁の陪審員(12人)が死刑を回避する評決を下したことが議論を呼んでいる。同州では死刑評決には陪審員による全会一致の賛成が必要だが、3人が反対。検察側は「このままではどれだけ人を殺しても死刑にならない」とし、州法改正を議会に働きかける考えを明らかにした。

続きを読む "<米死刑制度>4人殺害で回避 陪審員一致せず…ジョージア"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

死刑執行10年、でも許せない…終わりのない遺族

死刑関連ニュース
12月16日3時5分配信 読売新聞

9歳の「やっちゃん」はいつも星空を見上げていた。当時のまま残してある勉強机には、大好きだった天体の本が並んでいる。

広島県福山市の森田泰元(たいげん)さん(64)、泰子さん(61)の長男・泰州(やすくに)ちゃんが誘拐され、命を奪われてから、もうすぐ25年になる。そして、犯人の津田暎(あきら)死刑囚(執行当時59歳)の刑が執行されて、10年が過ぎた。

続きを読む "死刑執行10年、でも許せない…終わりのない遺族"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝罪の手紙は「反省知る物差し」、遺族の苦しみ消えないが…

死刑関連ニュース
12月17日7時29分配信 読売新聞

拘置所から届く手紙は40通を超えた。江崎恭平さん(64)は手紙を捨てない。一度読んだら日を置いて、また読む。何回も読み直す。

字がうまくなったのは、丁寧に書こうとしているからだろうか。上手な文章ではない。でも、繰り返し読むうちに、「一生懸命書いてはいるのだろう」と思うようになった。

続きを読む "謝罪の手紙は「反省知る物差し」、遺族の苦しみ消えないが…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

第156回 風邪? 

11.17.(月).晴のち曇
9時半から入浴。洗体に時間をかけたので浴槽には入らずシャワーだけで済ませたが、昼前から鼻が詰まりクシャミが出はじめ、夕食の頃には鼻水が垂れクシャミ連発の状態。5時の仮就寝で即布団に入り、1時間位して体が温まりクシャミが止まったので、横向きになり読書を始めたが下にした方から鼻水が流れ、チリ紙を詰めていたがどうにも具合が悪く、結局、読書をあきらめて上向きに寝てラジオ放送を聞く。当初の購入品の「明治マーガリン、チーズ」の値上の告知放送があった。

続きを読む "第156回 風邪? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

<国連>死刑執行の一時停止を求める決議案採択 日本は反対

死刑関連ニュース
12月20日20時13分配信 毎日新聞

【ニューヨーク小倉孝保】国連総会は18日、死刑執行の一時停止などを求める決議案を賛成多数で採択した。決議採択は2年連続。日本は昨年に続き反対した。賛成国は昨年より2カ国増えた。

決議案は欧州連合(EU)やオーストラリア、イスラエルなどが提案した。賛成は106カ国。反対は日本や米国、中国など46カ国(昨年54カ国)、棄権は34カ国(同29カ国)だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081220-00000075-mai-int

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良女児誘拐殺人の小林死刑囚、再審を請求

死刑関連ニュース
12月19日2時0分配信 読売新聞

奈良市で2004年11月に起きた女児誘拐殺人事件で、殺人罪などに問われ、自ら控訴を取り下げて死刑判決が確定した小林薫死刑囚(40)が、奈良地裁に再審請求を申し立てていたことがわかった。

請求は17日付で、同地裁が18日、受理した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000003-yom-soci

| | コメント (2) | トラックバック (0)

<死刑>今年の執行数が確定者数上回る 執行の加速鮮明に

死刑関連ニュース
12月22日2時33分配信 毎日新聞

今年1年間に死刑を執行された人数が、9年ぶりに年間の死刑確定者数を上回ることが確実になった。21日までに15人が死刑を執行された一方、死刑判決の確定者は10人。厳罰化の流れや確定死刑囚の増加を背景に、刑執行を加速する法務省の姿勢が鮮明になった。

続きを読む "<死刑>今年の執行数が確定者数上回る 執行の加速鮮明に"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

第155回 「のど自慢」が聞きたい

11.16(日)曇
施設(拘置所、刑務所)のラジオ放送では、大晦日の「紅白歌合戦」、日曜お昼の
「のど自慢」大相撲の「中入り後の取組(17時〜18時)」が定番で必ず放送されている。

続きを読む "第155回 「のど自慢」が聞きたい"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

第154回 比嘉健二への手紙その2

比嘉さん、防寒用具と本について、ご心配していただきまして本当にありがとうございます。私はこの冬が最後と思い決めていますので、1、2月の厳寒期には下着を重ね着して、現在ある衣類で間に合わせます。お気持ちだけをありがたくいただきました。本につきましては、
今年の年末年始は27/土~4/日まで9連休と長いので、その間に読む本を、先月中旬から「ため」ていますが、日中は何かと我慢できますが仮就寝で布団に入ってからは、つい手が伸びてよんでしまうため、やっと現在5冊ため込んだところです。

続きを読む "第154回 比嘉健二への手紙その2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

第153回 比嘉健二への手紙12/6その1 

拝復

この一週間は暖かな日が続きましたが、今日(6/土)からは寒くなるとの予報です。
社会では早々とインフルエンザ流行の兆しが報じられ、師走に入りお仕事がご多忙なことと思いますが、お元気でしょうか?

続きを読む "第153回 比嘉健二への手紙12/6その1 "

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

元組員大林被告に無期懲役=「人命軽視甚だしい」-立てこもり発砲・名古屋地裁

12月17日9時54分配信 時事通信

愛知県長久手町で昨年5月、警察官ら4人が死傷した立てこもり発砲事件で、殺人などの罪に問われた元暴力団組員大林久人被告(52)の判決公判が17日、名古屋地裁であった。伊藤納裁判長は「銃犯罪の恐ろしさを国民に改めて感じさせた社会的影響は大きい。重傷を負わせた警察官の命を交渉道具に使うなど、人命軽視の態度も甚だしいが、綿密に計画された犯行ではない」として、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。検察側は控訴する方針。

続きを読む "元組員大林被告に無期懲役=「人命軽視甚だしい」-立てこもり発砲・名古屋地裁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢地死刑囚が病死=強殺の元警視庁警部-東京拘置所

12月16日11時33分配信 時事通信

東京拘置所は16日、宝石商らを殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、死刑が確定し拘置中だった元警視庁警部沢地和夫死刑囚(69)が死亡したと発表した。死因は多臓器不全で、昨年から胃がんを患っていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000057-jij-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

第152回 斎藤充功面会レポート12/12

ノンフィクションライター斎藤充功による、面会レポートです。

続きを読む "第152回 斎藤充功面会レポート12/12"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

「死刑囚に会うの無理ですか」娘を奪われつらさ伝えたい遺族

死刑関連ニュース
12月12日7時59分配信 読売新聞


24歳の娘の命を奪った男の死刑が確定して、1年9か月が過ぎた。

世間が事件を忘れても、遺族にとって、8年半前のあの日から、時間は止まったままだ。遺体とともに警察から返されたブルガリの腕時計は、ガラスの部分がすべて溶け落ち、焼け残った針が死亡推定時刻の午後10時57分を指している。

続きを読む "「死刑囚に会うの無理ですか」娘を奪われつらさ伝えたい遺族"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組長に二審も死刑=3人射殺事件-東京高裁

死刑関連ニュース
12月12日15時22分配信 時事通信

 土木作業員ら3人の射殺事件に関与したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた指定暴力団山口組系組長高見沢勤被告(53)の控訴審判決が12日、東京高裁であり、安広文夫裁判長は一審前橋地裁の死刑判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
 安広裁判長は、「実行犯との共謀はなく、一部では正当防衛が成立する」との被告側主張を退けた上で、一審の死刑判断について「犯罪の情状から、是認せざるを得ない」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000096-jij-soci

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最初は終身刑望んだ母「やっぱり犯人の命をください」

死刑関連ニュース
12月13日7時32分配信 読売新聞

娘を殺害した犯人が逮捕された直後、どんな刑を科してほしいかと捜査官から尋ねられ、久保田博子さん(51)はそう答えた。

続きを読む "最初は終身刑望んだ母「やっぱり犯人の命をください」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

比嘉健二への手紙08.11.15

朝夕、めっきりと寒くなりましたがお元気でしょうか。斎藤先生は手術後の経過・順調でしょうか?

先日は週刊誌を差入していただきまして本当にありがとうございました(11/6.木.に受領)。社会が深刻な不況の中、比嘉さんのおかげで、多くの本を読め、甘味品、果物を食べられる、(本当に恵まれた拘禁生活を過ごさせていただいています。心からお礼申し上げます。本当に感謝しております。

続きを読む "比嘉健二への手紙08.11.15"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

福岡事件:「風化させない」 元死刑囚・石井健治郎さんの追悼集会、熊本で /熊本

12月10日16時2分配信 毎日新聞

◇再審運動支援者が活動報告も
冤罪の可能性が指摘される1947年の「福岡事件」の実行犯とされ、11月7日に玉名市の病院で死去した元死刑囚、石井健治郎さんの追悼集会が9日、熊本市花畑町の熊本国際交流会館であった。事件に関心を持つ学生や市民らが参加し、事件を風化させないことを誓った。

続きを読む "福岡事件:「風化させない」 元死刑囚・石井健治郎さんの追悼集会、熊本で /熊本"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

広島女児殺害 ヤギ被告の無期破棄、差し戻し「現場誤認」

12月10日0時32分配信 毎日新聞

広島市で05年11月、小学1年の木下あいりちゃん(当時7歳)が殺害された事件で、殺人罪などに問われたペルー国籍のホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(36)の控訴審判決が9日、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は「検察官調書の審理をせずに犯行現場を誤認しており、手続き上の法令違反は明らか」として、
無期懲役(求刑・死刑)とした1審・広島地裁判決(06年7月)を破棄し、審理を地裁に差し戻した。

続きを読む "広島女児殺害 ヤギ被告の無期破棄、差し戻し「現場誤認」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員制度 精神的フォローは誰が?

12月10日9時57分配信 産経新聞

《「人の命を奪ったものは自分の命で償うべきだ」と考えているので、殺人事件では「死刑」を主張することになると思う。ただ、その結果、被告が死刑になり、そのショックで自分がPTSDになったとき、誰がその責任をとってくれるのだろうか》

続きを読む "裁判員制度 精神的フォローは誰が?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

第151回 Hell,Hell,Hell!

11/14.(金).晴.
久々に、朝陽が顔にあたって目が覚めた。昨日今日と日中18度前後で温い。「今日からメリヤスの洗濯開始」の告知があった。

散々、支給方法で迷走していた、一人・12000円の給付金は地方自治体へ丸投げで与党内決着。全国民一律支給とい言うが、住民登録のない底辺の人間は支給対象から除外?

to Hell,Hell,Hell!
人生の汚泥を飲み込み
飢えた狂気が 慟哭する
蔑まされるだけの魂
孤独の流離は
盲目の境界を超えて
穹窿(きゅうりゅう)の果てへと疾る
比類なき恐怖
旅せざる脳髄
とわに輝かぬ煉獄の
幽闇に溶解され
死の顎門へ崩れ落ちる
運命の破壊者
まさに我が命
いま 生を終える


トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

第150回 延命再審請求

11/11.(火).曇
オーム・松本死刑囚の弁護士が、再審請求した、の報。執行のペースが早くなり、弁護士に再審請求について死刑囚からの相談が増加しているらしい。延命のための再審請求が増えてくるのではなかろうか?

11/12.(水).曇
日中の最高気温12度。最低気温が10度を下回るようになり、すっかり初冬の寒さになった感がする。ほとんど真冬の服装で坐っている。

トップに戻る

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

第149回 久々の運動でギブアップ

11/8.(土).曇
今日は最近で1番寒く感じる。北海道富良野で20cm積雪の報。

私は子供のころの思い込みが残っているのか、雪国生まれのDNAのせいか、雪を見るとテンションがあがるし、雪の情報を聞くだけで懐かしさを感じる。

6/木の朝、爪切りのために、久々に運動に出て体を動かしたが、その夜は足がほとり寝付けず、翌日からは体中の関節が痛み、立ち上がる時は壁に手をつき、便器に座るのが大変。その痛みが今日が最高潮。こたえる!

トップに戻る

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

第148回 日本経済冬入り?

11/7.金.曇
トヨタ自動車、09年3月期決算の営業利益を前期比73.6%減。5月時点の予想より1兆円下方修正の見通しを発表。企業業績の悪化が深刻化しつつある現状を浮き彫り。今後リストラが加速され、生産縮小が進み、更に消費も冷え込むの報。

暦が立冬の今日、日本経済・生活も本格的な冬入り?

トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

<刑事裁判被害者参加>光市の本村さん「権利実現の世代へ」

死刑関連ニュース
12月1日21時21分配信 毎日新聞

犯罪被害者週間(11月25日~)最終日の1日、内閣府が東京都内で集会を開き、99年に起きた山口県光市の母子殺害事件で妻子を奪われた本村洋さん(32)が講演した。本村さんはこの日施行された刑事裁判の被害者参加制度に触れ、
「事件からたった9年で、求めたことが法整備された。今日から被害者の権利実現の世代へ移った」と評価した。

続きを読む "<刑事裁判被害者参加>光市の本村さん「権利実現の世代へ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<ジャマイカ>死刑再開へ 国会投票で賛成34反対15

死刑関連ニュース
11月26日18時22分配信 毎日新聞

【ニューヨーク小倉孝保】カリブ海の島国ジャマイカの国会(定数60)は25日、
20年間停止状態にある死刑執行を再開するかどうかの投票を行い、賛成34、反対15で再開を決めた。昨年12月、国連総会が初めて死刑執行の一時停止を求める決議を採択して以降、死刑再開を決めたのは初めてとみられる。

続きを読む "<ジャマイカ>死刑再開へ 国会投票で賛成34反対15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警官刺殺犯の死刑執行=「民衆不満の象徴」と関心-中国・上海

死刑関連ニュース
11月26日15時25分配信 時事通信

【上海26日時事】新華社電によると、中国・上海市の公安庁舎に押し入り、
警官6人を刺殺したとして死刑判決が確定していた楊佳死刑囚(28)に対する刑が26日午前、上海市内で執行された。事件は7月の発生以来、中国の警察権力に対する民衆の怒りや不満の象徴として関心を集めた。

続きを読む "警官刺殺犯の死刑執行=「民衆不満の象徴」と関心-中国・上海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<刃物男>警官6人刺殺の死刑囚に死刑執行―上海市

死刑関連ニュース
11月26日15時16分配信 Record China

2008年11月26日、今年7月に警察署を襲い警察官6人を刺殺した楊佳(ヤン・ジア)死刑囚に対し、上海で死刑が執行された。新華網が伝えた。

続きを読む "<刃物男>警官6人刺殺の死刑囚に死刑執行―上海市"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎児童投げ落としの被告に無期懲役を求刑/横浜地裁

死刑関連ニュース
11月25日22時0分配信 カナロコ


二〇〇六年春に川崎市内のマンションで相次いだ投げ落とし事件で、殺人、殺人未遂などの罪に問われた川崎市麻生区、無職今井健詞被告(44)の論告求刑公判が二十五日、横浜地裁(木口信之裁判長)であった。検察は「病歴や犯行時の行動、精神鑑定などを総合すると、被告は軽度のうつ病だったことは認められるが、完全責任能力は有していた」とし、「無差別な通り魔殺人で、危険な犯罪性向に基づく犯行。矯正可能性を認めがたい」などと無期懲役を求刑した。弁護側の最終弁論が十二月二十五日に行われ、結審する見通し。

続きを読む "川崎児童投げ落としの被告に無期懲役を求刑/横浜地裁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

第147回 部外者のつぶやき

11/6.木.晴.
足の爪が伸びて毛布に引っ掛かるので、9時頃からの運動に出た。5分くらいで爪切りを終り、寒いので
狭く四角いオリの中をネズミの如く早足でグルグル歩き回ると、目も少々廻る。手足、腰を回し、柔軟体操をして30分間の運動を終了。独房に戻り、今日からスエットの下に長袖シャツ、ズボン下を着込んだ。

続きを読む "第147回 部外者のつぶやき"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »