« 第158回 元厚生省次官連続襲撃テロ | トップページ | 第159回 麻生太郎 »

2008年12月29日 (月)

19歳少年を検察官送致=行員はね、死なす-千葉家裁

死刑関連ニュース
12月26日13時4分配信 時事通信

千葉県香取市で11月、銀行員沢田智章さん=当時(24)=が軽トラックではねられ死亡した事件で、殺人の非行事実で送致された少年(19)の少年審判が26日、千葉家裁で開かれ、松野勉裁判長は少年の検察官送致(逆送)を決定した。
千葉地検は殺人罪で起訴するとみられる。
少年審判の傍聴制度を盛り込んだ改正少年法が15日に施行されたことに伴い、遺族が傍聴。
「息子はむごいやり方で殺された。死刑にできない理由があれば教えてほしい」と意見陳述した。

松野裁判長は「動機の理不尽さ、非行態様の悪質さ、真摯(しんし)な反省が全くみられないことなどを考慮すると、刑事処分が相当」とした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081226-00000064-jij-soci

|

« 第158回 元厚生省次官連続襲撃テロ | トップページ | 第159回 麻生太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/26611170

この記事へのトラックバック一覧です: 19歳少年を検察官送致=行員はね、死なす-千葉家裁:

« 第158回 元厚生省次官連続襲撃テロ | トップページ | 第159回 麻生太郎 »