« 第153回 比嘉健二への手紙12/6その1  | トップページ | 第155回 「のど自慢」が聞きたい »

2008年12月19日 (金)

第154回 比嘉健二への手紙その2

比嘉さん、防寒用具と本について、ご心配していただきまして本当にありがとうございます。私はこの冬が最後と思い決めていますので、1、2月の厳寒期には下着を重ね着して、現在ある衣類で間に合わせます。お気持ちだけをありがたくいただきました。本につきましては、
今年の年末年始は27/土~4/日まで9連休と長いので、その間に読む本を、先月中旬から「ため」ていますが、日中は何かと我慢できますが仮就寝で布団に入ってからは、つい手が伸びてよんでしまうため、やっと現在5冊ため込んだところです。
私は比嘉さんが郵送差入して下さるお金のおかげで毎月、22日発売の月刊小説誌5冊を、2回に分けて購入(毎週火曜に3冊まで購入可)し、他の週は文庫本を購入しています。

購入(火曜)した本は翌週(新刊以外は翌々週に)に手元に届きます。
今月は16/火に購入申し込む月刊小説誌3冊は翌週26/金までに手元に届くと思いますが、次週に申込む(23/火が祝日のため24/水に申込)月刊小説誌2冊を文庫本1冊は、来年の休み明けの週末以降に手元に届くことになります。その分もあるので連休に入る前に、12~15冊位の本を「ため」たいと思い、先月からためていますが、仲々思う様にたまりません。
比嘉さんのお言葉に、あつかましく甘えまして誠に恐縮ですが、下記の中から(在庫、納品日を確認の上)すぐに購入できて、12月19日(金)迄に、当初に到着(すれば26/金迄に手元に受取ることができると思います)するように差入(郵送)可能な本を3冊位、送風下さるようにお願い致します。
「KENZAN.vo.6」講談社(最新号のvol.7は来週購入申込のため不要です)
「ボーン・コレクター」上・下、ジェフリー・ディヴァー、文春文庫
「コフイン・ダンサー」上・下、ジェフリー・ディヴァー、文春文庫
「ザ・プレイ、THE PREY」アリスン・ブレナン、集英社文庫
「ザ・ハント、THE HUNT」アリスン・ブレナン、集英社文庫
「ザ・キル、THE KILL」アリスン・ブレナン、集英社文庫
「彼岸花」宇江佐真理 光文社
「恨み半蔵」高橋義夫 中央公論新社
以上ですが、当初に19/金迄に到着すると、連休に入る前に手元に受取ることが出来ると思います。在庫・納品等確認のうえ、間に合う本がありましたなら宜しくお願い致します。

尚、2/火に比嘉さんのお手紙と一緒に斎藤先生からのお手紙が届きました。(先生からは10/18に、入院・手術・術後の経過についてのお手紙が届きました)先生は現在、体力回復のために天気の日は公園まで往復1Kを歩いており、体重も増えつつあり、食欲もでてきた、との由。回復に向かって順調な様子を拝読して、安堵致しました。

4/木に、比から手紙が来ましたが、同封してきたマリカル、エントイ、アレー、(Revyの妹として養育している)の手紙は不許可で交付されませんでした。新法施行で、親族以外でも、施設管理に支障があるもの、更生に支障を及ぼす恐れがあるもの、組関係者を除き、発受信が原則可、になったにもかかわらず、死刑確定者の「安寧」を口実に、内妻の家で家族として一緒に生活している従姉妹からの手紙を交付しないのは「安寧」のためとは反対のことをしている、と思い、腹が立って、仲々寝付けませんでした。更生する余地のない死刑囚に届いた家族の手紙を交付しないのは、単なる虐め、だと思っています。気持が苛立ちます。~とつまらない愚痴でした。

領置係・経由の領収証は5/金午後に手元に届きました。早い時は一日で、遅いと10日、今回は月曜にお金の告知があり、金曜に領収証が届きました。まあまあでしょうか!

次便は15/月発信を予定しています。
年末へ向かって益々お仕事がご多忙になる毎日が続くことと思います。飲む機会が増える時期ですが、呉々も健康にご注意下さい。風邪をひかれませんようお気をつけ下さい。毎月、ほんとうにありがとうございます。
相変わらずの乱筆乱文にて失礼致しました。
では又書きます。

                2008.12.6(土)15:30Pm
                小田島鐵男拝

比嘉健二様

|

« 第153回 比嘉健二への手紙12/6その1  | トップページ | 第155回 「のど自慢」が聞きたい »

コメント

なんかこの人好き

投稿: リッツ | 2008年12月21日 (日) 23時58分

結構、ぐっすり寝てると、思いますよ。

投稿: | 2008年12月20日 (土) 05時30分

それにしても、小田島が今、囚われの身になってる事で、どれだけ、Rが安堵してるか、我々も安堵できるか、わからないです。
さも、世の中の事を考えてるような事を書いていても、裏を返せば、その時々、人の首を絞めて金を奪ったりする人なんだから、本当に心の奥底に鬼が潜んでるとしか思えないです。底知れない恐ろしさが、あります。

投稿: | 2008年12月20日 (土) 05時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/26322821

この記事へのトラックバック一覧です: 第154回 比嘉健二への手紙その2:

« 第153回 比嘉健二への手紙12/6その1  | トップページ | 第155回 「のど自慢」が聞きたい »