« 元組員大林被告に無期懲役=「人命軽視甚だしい」-立てこもり発砲・名古屋地裁 | トップページ | 第154回 比嘉健二への手紙その2 »

2008年12月18日 (木)

第153回 比嘉健二への手紙12/6その1 

拝復

この一週間は暖かな日が続きましたが、今日(6/土)からは寒くなるとの予報です。
社会では早々とインフルエンザ流行の兆しが報じられ、師走に入りお仕事がご多忙なことと思いますが、お元気でしょうか?

12/1(月)朝にお金の郵送差入の告知を受け、翌2/火昼前にお手紙を受取り、
ピンパブ情報を大変嬉しく拝読しました。本当にありがとうございました。

世間が不景気になればなるほど、中・韓・露(ルーマニア)の店よりも格安で「ボル」ことをしない。
客の年齢・職業・服装・容姿不問で明るく、にこやかに接客するフィリピーナの店へ客が流れるのは当然(特に田舎でこそ)だと思います。

戦前・戦中にはフィリピン人の財産、命を奪い、戦後は金の力で木材等の資源を枯渇させた日本は、
もっと謙虚にフィリピンと向き合うべきではないかと思います。

戦争責任の追求など半日感情を露にする国、強硬な外交力がある国、利用価値のある資源国、などに対しては、情けないほど弱腰なくせに、弱い国には空威張りをする外交オンチな日本。
(ビザの発給は相互国間平等が原則だが)比と同様に貧しい国でもノービザ(観光ビザなど)で来日できる国が多くあるのに、比に対して、なぜ不平等なビザ発給条件を圧しつけるのか?なぜ比政府は弱腰なのか?理解に苦しみます。

しかし、比国内のゲリラ問題が解決し、資源(海底・地中の資源が豊富に実在することが確認済)の開発が始まれば、又は強靭な外交力を発揮する政権が誕生すれば、日本側から擦り寄っていかざるを得ない日が、将来必ず来ると思います。比はもっと大事に付き合うべき国だと、私は思います。
などとは、
先の無い者の愚言でした。大変失礼致しました。

|

« 元組員大林被告に無期懲役=「人命軽視甚だしい」-立てこもり発砲・名古屋地裁 | トップページ | 第154回 比嘉健二への手紙その2 »

コメント

私もトビーは小田島の子じゃないと思います

投稿: | 2009年9月24日 (木) 16時42分

すいません、リンク先、これです

フィリピーナに18年間騙された挙句、ワランペラになって殺人して自殺した哀れな男。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5762/1163933192/91

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5762/1163933192/93

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5762/1163933192/94

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5762/1163933192/95

投稿: | 2008年12月19日 (金) 20時03分

フィリピーナに18年間騙された挙句、ワランペラになって殺人して自殺した哀れな男。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5762/1163933192/91n

小田島が万が一強盗に成功してたとしても、上村昇二 という人と同じようになってたかもね。

日本に来ているフィリピーナの実態
http://www5b.biglobe.ne.jp/~v-o-t/philippin1-jiken.htm

小田島の女の子供も、誰の子か本当のことはわからないよ。
仕送りされるためなら、水商売のピナはどんな嘘でもつくから。おめでたいヤツだなぁ小田島死刑囚。。。


投稿: | 2008年12月19日 (金) 19時52分

フィリピン人を憂う気持ちがあるのなら自分が同じ日本人の罪もない人を4人も殺した人達に対して憂う気持ちを持って貰いたい。書いてある文面は極まともで頷ける部分も多々ある。だけどこの文を書いた人間が4人も殺した凶悪犯だと云う事実が全てぶち壊してしまう。解るよ。解るけど、うん!そのとおり!と、言えないのは仕方ないと思うなあ。

投稿: | 2008年12月19日 (金) 11時31分

土建屋さん★同じく私もそう思いました。。。

じゃぁ〜とかだったらあなたは?とか。。。あなた自信はどーなのよ?とか思うと、説得力がないですよね。

でも斎藤先生のレポートを読むと、元気ないんだぁと思って、若干複雑な気持ちにはなったのですが。。。

やはり、やったことは極悪!

気持ちを落ち着かせるために、外のことを考えていたいのでしょうね。

でもふと恐怖に襲われる。
死刑囚はそれの繰り返しの中で生活してるのでしょう。

投稿: | 2008年12月19日 (金) 00時55分

どんなに正しい事を書いても、殺人を犯した者の言葉は説得力に欠けるしどこか腹立たしく思う。

「自分のしたことを棚にあげて世の中を語るな」と思ってしまう。

悲しいが世間は実に冷たく厳しいもの。

やはり人を殺めるということは取り返しのつかない罪であり死をもって償うしか清算できないような気がする。

実に哀れだ。

投稿: 土建屋40才 | 2008年12月18日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/26290137

この記事へのトラックバック一覧です: 第153回 比嘉健二への手紙12/6その1 :

« 元組員大林被告に無期懲役=「人命軽視甚だしい」-立てこもり発砲・名古屋地裁 | トップページ | 第154回 比嘉健二への手紙その2 »