« 第140回 追伸・「異次元の刻印」ついて | トップページ | 比嘉氏への手紙11/2その1 »

2008年11月13日 (木)

オウム真理教の松本智津夫死刑囚が再審請求

松本サリン事件などで死刑が確定しているオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚側が、裁判のやり直しを求める再審請求を行ったことがわかりました。

関係者によりますと松本智津夫死刑囚側からの再審請求は、きのう付けで東京地方裁判所に対して行われ、請求は受理されました。

松本死刑囚は松本サリン事件や地下鉄サリン事件などで、弟子の信者に指示を出した首謀者として、おととし9月に死刑判決が確定しています。

再審請求は新しい証拠が見つかった場合などに行われ、松本死刑囚側は、他の元教団幹部の裁判で出された証拠の中から新しい証拠を見出し、主張しているものとみられます。

死刑囚に再審請求が出された場合、法務省は執行を遅らせる運用をしていて、松本死刑囚についての執行時期に影響が出ることも予想されます。

松本死刑囚の再審請求について松本サリン事件被害者の河野義行さんは「真実が出てくるのであれば意義あることだが新事実が本当にあるのか注目したい。

事件の謀議はなかったと立証するのは難しい話だと思う」と話しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/sbc/20081111/20081111-00000004-sbc-loc_all.html

トップに戻る

|

« 第140回 追伸・「異次元の刻印」ついて | トップページ | 比嘉氏への手紙11/2その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/25295445

この記事へのトラックバック一覧です: オウム真理教の松本智津夫死刑囚が再審請求:

« 第140回 追伸・「異次元の刻印」ついて | トップページ | 比嘉氏への手紙11/2その1 »