« 第144回 "MAKULIT!" | トップページ | 第146回 今日も聞こえる虫の音 »

2008年11月28日 (金)

第145回 今月は面会なし… 

10/31.金.晴.
H氏が見舞いに行った時点で「数日で退院」とのことなので、もうすでに退院したかもしれないが、いずれにしろ休養中の時間潰しに、と思い再読を終えた
「異次元の刻印」上・下「ストロベリーナイト」の3冊を今朝、冊子小包でS氏へ発送。

昼の休息時間(12~13時)終了のチャイムが鳴って間もなくして面会呼び出しがあり、昨日のH氏の手紙に、「S氏の入院で今月は面会に行けない」とあったから他に面会に来る人の心当たりもなく、誰だろう、と思って係官に尋ねると
H氏だった。一人で面会に来てくれたH氏から"S氏が手術をすることになった"と知らされた。これまで2年余の間、毎月面会を続けてくれ、矍鑠(かくしゃく)としていたが相応のお齢なので、手術をしたのなら年内は会えないだろうと思った。無事に回復を祈念するのみ!

トップに戻る

|

« 第144回 "MAKULIT!" | トップページ | 第146回 今日も聞こえる虫の音 »

コメント

世の人たちは、どうして被害者の立場にたって考えるても、加害者の立場、死刑囚の立場にたって考えることはしないのだろう。両方の立場にたって様々な事を考えて、初めて平等になれるのではないだろうか。自分や家族が被害者だったら?と考えると同時に、自分や家族が死刑囚になってしまったら?も考えるべきたと思う。いや、自分は絶対に犯罪など犯さない!と言うのだろう。しかし、普段の生活の中で、絶対に失敗しないようにしようと注意していたにもかかわらず、失敗を犯してしまった経験はないだろうか?そして、その失敗がまた新たな失敗を招き、連鎖してしまう。度合いが違うとは思うが、今、拘置所に収容されている死刑囚の中には、運命のいたずらとも言える、そのような連鎖に落ちていった人たちもいる。決して特殊な人だけが死刑囚になるわけではない。いつ何時、自分がその立場になるとも限らない事に気づいて欲しいのです。

投稿: A・M | 2010年6月 4日 (金) 01時58分

↓あなたがウザぃょ。

投稿: | 2008年12月 7日 (日) 06時31分

コメントウザイんで殺されてくだせぇ

投稿: | 2008年12月 6日 (土) 11時06分

>ミドルクラスで暮らしていくのは楽じゃない


確かにミドルクラスではそうだろう
自分がいってるのは学者とか才人のことなんだが
つまり日本には単細胞で文化度低い奴らしかいなくなったら死刑廃止にはますますほど遠くなる
文化度が高く経済豊かな国であれば犯罪は減るだろうし死刑もなくなる
日本はおかしい
強盗殺人なのに無期になることもある
犯人が銀行員というおかたい職業だったからだ
しかしひやといだの無職だの職転々だと間違いなく死刑判決になる
そこには職業ある人間に甘く半端な人間殺してしまえという差別がある
なぜ職業で死刑が分かれるのか
だから死刑に反対だ
裁判官の性格で決まることに納得できない

投稿: | 2008年12月 2日 (火) 01時07分

現在世界の3分の2以上の国家で死刑廃止されるか死刑執行停止になってます。アメリカでも10以上の州で死刑廃止されています。

投稿: ヤン・ウインリー | 2008年12月 1日 (月) 15時48分

いや!
その前のヤツの方が井の中の蛙でぬくぬくとしてるだろ!

投稿: | 2008年12月 1日 (月) 12時48分

↑テメーが一番薄っぺらいよタコ!
いまさら「家族が・・」とか「順番待ち」とか「死の恐怖」とか「覚悟」とかベタベタな事言ってんじゃないよ!

投稿: | 2008年12月 1日 (月) 03時36分

苦労知らずの薄っぺらすぎてヘドなコメントばかり

巻き込まれてみろよ、家族を殺されてみろよ。
反対に死刑囚みたいに 順番待ちしてる死の恐怖も知らんくせに。
しかし、殺人してしまえば己にかえる。
その時が来れば覚悟するようになる。
わからんだろな

投稿: | 2008年12月 1日 (月) 00時44分

偽善者だらけですね。
日本はまだ甘い国な方だよ
井の中の蛙のくせして
いかにぬくぬくとして甘い考えかがわかるわ

投稿: | 2008年12月 1日 (月) 00時23分

>頭のいい人たちは皆アメリカに移住していく


はぁ~?!
カリフォルニアに住んでるけど、こっちがどんなに貧富の差があるか、どんだけ医療費が高いか、知ってるのかな。国民健康保険だの、そんなもんはないよ。食料品の物価も日本と同じ。服でも電化製品でも何回か使ってから平気で返品してくるヤツばっかり。店もちゃんと確認しないから、高級デパートと呼ばれてるとこで物買ってもひどい目にあうことがよくある。ここはこういう国ですよ。ミドルクラスでも暮らしていくのは楽じゃない。しかもメキシコ人、黒人、アジア人は白人からはフツーは嫌われ者。自分の国で仕事にありつけない人間がアメリカに移住できるわけがないのだ。どこも甘くないよ。

死刑の方法は州によって決まっているから選択の余地はなしです。

投稿: | 2008年11月30日 (日) 16時53分

様々な意見がありますが

彼のような結末を迎えるということは
やはり国に問題があるのではないかと思う
刑務官が受刑者を殺しても執行猶予
一般人が人を殺せば10年、無期、死刑
公務員が国民の年金を横領
または税金を無駄使いしても
少しの間騒がれて終わるが
一個人が同じことをすれば
横領罪、詐欺罪などに問われ懲役
この差はまるで話にならない

刑務所は更正を目的としているらしいが
ゴミのように扱うあの環境での更正は難しいでしょうね


凶悪犯罪は増えていると言うが
実際はマスコミが騒ぎたてるだけで以前と変わらない

だが不思議な事に死刑判決は増える一方

このような不平等な事や矛盾が続く限り日本は変わらないでしょう

投稿: | 2008年11月30日 (日) 15時09分

死刑囚はおおむね思考能力が欠ける単細胞そうな方が多いと思うのですが、小田島さんって、なかなか頭良さそうですね。物もよく知ってるし本も好きみたいだし・・・
俺なんか小田島さんみたいに捕らわれの身になったとしても本や新聞は絶対に読まないよ。
活字嫌いなんで・・・
まぁ、実は俺も数年前些細な事で留置所に2泊しまして、くさい飯も食べました。トイレと寝床のユニットの檻の中に閉じ込められて、することもなく暇でした。
まぁ、俺も長年シャバで適当に仕事して結婚して離婚して酒も煙草も女もパチンコも自由をそれなりに満喫してますが、死刑囚でもシャバ人でも遅かれ早かれ人間いつかは死ぬ日が来ますので私も、小田島さんも、書き込みをしてるのん気で暇な諸君たちも、充実した1日1日を過ごしていきたいものですね。。。

投稿: 光輝 | 2008年11月30日 (日) 12時14分

今は自分を守ること、明日はどうなるのかわからない不安な世の中で生きてるから、心が狭くなりがちなのでしょう。死刑囚なんか社会の邪魔だ、皆殺しにしろ、そんな奴らに税金使うな、死刑執行した法務大臣にはよくやったと拍手喝采
まるで野蛮です。教育、文明の進んだ現代人とも思えない。
日本も豊かだった時代は死刑は長く執行されず、それに対して批判は全くなかった。
社会が貧しくなると自分が生き残ることしか考えなくなる
死刑囚や囚人に払われる税金が惜しいというなら、まず犯罪を最小限になくす社会づくりしかない
そのために世界の例や取り組みを参考にして考えたらどうか
それもしないでただ殺せ殺せの大合唱ではなにも変わらない
死刑囚はつぎからつぎに増える繰り返しだ

投稿: | 2008年11月30日 (日) 10時55分

国は殺人は罪としています、然るに国は死刑で殺人を実行している。矛盾以外の何物でもありませんね。

投稿: きよし | 2008年11月30日 (日) 10時50分

死刑囚の食事にしろ、彼が食べたいものではないだろう。
我々は今日は肉が食べたい、魚が食べたい、ラーメンが食べたいと思えばそれを食べることが当たり前だ
メニューといっても死刑囚を執行まで無理矢理健康な身体でいさせるための言葉は悪いがえさ同然だ
アメリカは死刑囚監房までそうかは知らないがある程度自由でバイキング形式の囚人の食事風景だった
死刑方法も自分で選択できる
これだけ格差社会、仕事にありつけない若者、すさんだ日本であればこれからますます死刑囚は増える一方な気がする
頭のいい人たちは皆アメリカに移住していく

投稿: | 2008年11月30日 (日) 10時12分

それだけの事をしたから死刑。
死刑がない国で死刑にするわけじゃないんだから、矛盾も何もない。
死刑が正しいのか間違ってるのか議論するつもりはないが、それがこの国の決まり。

殺人事件はニュースの中の話で自分が殺されたり巻き込まれる事はないなんて言える時代ではない。とても死刑になるような人を擁護できない。

ただこのブログに関しては彼は被害者かもしれない。今まで何度かコメントで質問されてたが、このブログの意図が分からない。理由が分からないからただ晒し者にされてるだけのようだから、早く殺せとか、そんなコメントも気軽に書かれたりするんだと思う。

投稿: | 2008年11月30日 (日) 02時31分

無関係の人間がここまで批判するのは本当に不思議ですね
彼の何を知り被害者の何を知ってここまで言えるのか

殺人は立派な犯罪
でも殺人犯に対し
殺せ、吊せといくら喚こうが
犯罪にはならない
人を傷付けることには変わりないのに

一般人で常識があるなら誰もが思うとよく言うが
常識があるなら
人を傷付けることに躊躇するのでは?

彼は何度も服役しています

刑務所とは懲罰、矯正を目的としているようですが
しかし彼に限らず
服役者の再犯率は高いと言われます

そのような刑務所を管理している国に問題があるのではないでしょうか?

投稿: | 2008年11月30日 (日) 00時06分

人を殺す事が絶対悪であるなら、国が人を殺す死刑も悪と言わざるをえない。死刑制度の根本的な矛盾がここにありますね。こんな奴は早く死刑にしてしまえというのは、この人を殺せと言ってる訳で、殺せ殺せの大合唱・・。


投稿: きよし | 2008年11月29日 (土) 23時35分

アメリカ兵が罪のないイラク人の家のドアを蹴り上げ皆殺ししてることは戦争だから仕方ないじゃないか、とうそぶき、こういう死刑囚には冷酷に早く死刑にしろ、とわめく大衆心理は18世紀のイギリスで公開処刑見物が大衆の娯楽だったことに通じる気がする
殺人ということに何も違いはない

投稿: | 2008年11月29日 (土) 20時59分

世の中が荒れているので、犯罪を犯した人に対してヒステリックな反応になるのでしょう。
私はこの人がどういう生まれで犯罪の道にいったのかよく知らない
このブログをささいなきっかけで読みはじめましたが。
ただ世の中の流れに対してときに鋭い意見があり興味深く思うことがある。
死刑囚なんかに税金どうのこうので当の死刑囚に当たるのはあまりに幼稚な弱いものいじめの心理でお門違いでしょう。
そういう規定にした法務省や政府に抗議すべきでしょう。
死刑囚は自殺さえ許されない。もう何も食べたくなくても食事を拒否も出来ない残せば係官に無理矢理口に押し込まれ飲み込まされるという恐ろしいことも聞きます。死んで詫びろというなら何故自殺を許さないのか、それがある意味被害者への供養になる場合もあるかと、これは保坂議員も疑問を投げかけてたことであるが

投稿: | 2008年11月29日 (土) 20時36分

壁の中と外とでは世界が違うからな。
少なくとも彼は生存競争の世界にはいない。

壁の外にいたら、自由があると同時に己の為の欲もある。生きるために金を稼がなくちゃいけないし他人のことは後回し。
「他人を思いやる気持ちが芽生えてきた」ではないと思うんだ。「壁の外にいたときは 忘れていた気持ち」なんだとおもう。
裏を返せば小田島は我々と同じ普通の人間であり、そして 自分も何時犯罪者になるかわからぬ危険を含んでいると感じる。
自暴自棄になるか、理性があるか、冷静に判断する力があるか・・そんな些細な違いだけだと思う。

投稿: | 2008年11月29日 (土) 03時35分

>無事に回復を祈念するのみ!

他人を思いやる気持ちが芽生えてきたのかな?
精神的に安定しているなら近いうちに執行されて欲しい

投稿: | 2008年11月28日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/25727900

この記事へのトラックバック一覧です: 第145回 今月は面会なし… :

« 第144回 "MAKULIT!" | トップページ | 第146回 今日も聞こえる虫の音 »