« 第141回 執行の当事者として | トップページ | 第143回 高塩正裕、久間三千年「2名死刑執行」 »

2008年11月23日 (日)

第142回 世の中のことは関係ない

10/22.水.晴のち曇
サイパンからロスに移送された直後に自殺した三浦元社長の弁護士側で、病理学者に検死させた結果「他殺」を発表。ロス死刑が反論会見。だが歯ぎれが悪い。まだこの先、ひと波乱ありそうな気配?
10/25.土.曇
連日、国内外の株価急落。金融危機対策の国際協調体制強化を発表も焼け石に水。世界同時不況の様相。妊婦の急患が、病院受け入れ拒否で死亡、の記事を読み、不良銀行に税金を何千億円も注ぎ込むなら、もっと医療対策に金を使うべきでは?(日本の医療関係費用は先進国の中で最低になっているのが現状)
全国の自治体で裏金作り、不正経理等税金の無駄遣いを会計検査院発表。年金記録の改ざん、全国の社保事務所が組織的に行い隠蔽工作。相も変わらず公務員の不正が続々発覚だが、"ゴキブリが一匹見つかれば必ず多数いる"のが常識。これらは氷山の一角に過ぎない。税金の無駄遣いというと聞こえが良いが、これは税金の横領であり、詐欺・窃盗に間違いない。(庶民個人の犯罪には目くじらを立てるが、役人の悪事には寛容というか、腰がない日本の民度の低さを、欧米のマスコミは嘲笑っているそうである)。海上自衛隊の1対15の格闘死亡は、先の大相撲シゴキ殺人と全くの同類。逮捕前提の捜査をして当然だと思うのだが、マスコミの動きは鈍い。

等と、
「死」を待つこと以外、何もすることのない死刑囚にとっては、世の中すべての出来事に「無関係」なはずなのに、放送のニュースを聞き、新聞記事を読むたびに神経を高じさせている己を、全く馬鹿丸出しだと自嘲するばかり!

トップに戻る

|

« 第141回 執行の当事者として | トップページ | 第143回 高塩正裕、久間三千年「2名死刑執行」 »

コメント

犯行も冷静沈着に行ったのかな

投稿: | 2008年12月 5日 (金) 09時52分

本当に被害者面の偽善が多いですね

まるで自分の身内が殺されたかのような罵声など
理解不能です

このブログの意味すらわかっていないのでしょうね

まともな人間なら誰でも小田島に死んでほしいみたいなことをよく言うが

まともな人間ならそれ以前に
間接的とはいえ
人を傷付けるようなことを言わないと思うし

小田島氏の方をもつわけではないが
集団心理で罵声を浴びせる人間よりは
彼の方がとても冷静でしっかりしていると思えますね

投稿: | 2008年12月 2日 (火) 01時57分

死刑囚に共感しているわけではないですが、被害者ならともかく第三者の立場で被害者面をして死刑囚を罵るのはただの偽善でしょう。これでは死んでも死にきれない死刑囚と被害者が増えるばかり・・・。

投稿: 蝉のぬけがら | 2008年12月 1日 (月) 19時07分

蝉のぬけがらさん
とても素晴らしい意見です
自分も同感です

故意に犯罪を犯したとはいえ
彼の選択肢にはそれしかなかったのでしょう

なぜここまで批判するのかと思うと
日本人のレベルの低さを感じます

小田島氏も言っていましたが

公務員が犯罪を犯し
多数の国民に被害をあたえても
黙って見過ごすわりには
彼のような一人の犯罪者には
キツくあたる

権力に弱い日本人の悪いところですね


税金の無駄とよく言うが

なら税金の不正をもっともおこなっている政府に言ってみては?


国民の金を平気で悪用する人間が国を支配している以上
犯罪はなくならないでしょうね

投稿: | 2008年11月30日 (日) 00時25分

死を意識するからこそ世の中を冷静に客観的にみつめられる。シャバで死刑囚のことを馬鹿にしたり、税金の無駄使いと罵る奴らこそ諸悪の根源。死と背中合わせの囚人のほうがまだ、人間としての理性を失っていない。

投稿: 蝉のぬけがら | 2008年11月29日 (土) 23時47分

小田島本人に今までのコメントをみせたらどんな意見を書いてくるのだろうか。実に知りたい。

投稿: | 2008年11月25日 (火) 14時11分

俺は死刑は反対しない。鳩山のスライド式も何故批判されるのか分からない。こういう奴らに生きられれば殺したもん勝ちになるって世にしちゃいけない。
普通は殺すことなんてしない。その一線を越えた奴に更正なんて期待するなんてお人好し過ぎる。

こんな日記を毎日見てると俺の考えが死刑廃止に変わることは絶対ない。

早く死ねとか、そういう事は言いたくないが、何にせよ今の自分の立場、おかした罪を理解せず、死刑だからって投げやりな振りしながら毎日のうのうと生きてる事が税金払ってる立場として許せない。
これは小田島の場合で、中には本当に反省し、謝罪し、遺族に払うために芸術をしたりする人の話も聞くから一概に言えないが、このブログは死刑囚の中でも一般の人を逆撫でする部類。これを始めた人はどんな意図があるのか。少なくとも反省しない開き直りの死刑囚のありのままの姿って意図ではないだろう。
俺みたいな意見はきっと理由を美化して聞かないし、それを小田島に気付かせもしないだろう。

投稿: | 2008年11月25日 (火) 01時33分

本当にこんな奴らが国民の税金で食べたりしてるのが許せない。死刑囚は一日も早く執行してほしい。死刑囚らの執行を早くすることが国民の税金対策にも相当関わると思う。

投稿: | 2008年11月24日 (月) 16時33分

そのとおりだと思う。最後のコメントに馬鹿丸出しとあるが明らかに謙遜しているのが見え見えである。しかし今回の厚生次官殺人事件にどのようなコメントを出すのか非常に興味深い。

投稿: | 2008年11月24日 (月) 10時09分

ホントに関係ないよ。新聞読んだり(そういう時間が豊富なんだろうが)ある意味そこら辺の奴らよりは社会に対して知識があるように見えるが、それ以前に自分がした事に対して何かする事あるんじゃないかと。本読んだり新聞読んだり、タダ飯食わせる為に俺は税金払いたくないんだよ。

可能なら今までの日記に対しての全部のコメントを本人に見せてやりたい。

どうせ俺は死刑なんだからどうでも良いなんて甘い事言わせたくない。

投稿: | 2008年11月24日 (月) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/25597033

この記事へのトラックバック一覧です: 第142回 世の中のことは関係ない:

« 第141回 執行の当事者として | トップページ | 第143回 高塩正裕、久間三千年「2名死刑執行」 »