« 第138回 ロス疑惑・三浦元社長自殺 | トップページ | 比嘉氏への手紙10/3 »

2008年11月 6日 (木)

第139回 獄中献立

2008
9月


15/月
朝 丼飯、茄子菜漬け、のり佃煮、味噌汁(茄子、白菜、麩)
昼 丼飯、はりはり漬け、煮物(ジャガ芋、鶏肉、コンニャク、人参)
夕 丼飯、山菜漬、野菜炒、すまし汁(筍、さや隠元、干椎茸、人参)

16/火
朝 丼飯、うり漬、ふりかけ、味噌汁(大根、キャベツ)
昼 丼飯、魚フライ、スパゲティ炒、キャベツスープ
夕 丼飯、しその実漬、煮物(ジャガ芋、ベーコン、人参)、中華風スープ

17/水
朝 丼飯、ミニ納豆、味付のり、味噌汁(サツマ芋、油揚、長ネギ)
昼 丼飯、ビーフンカレー炒、チキンソテー、けんちん汁風(黒芋、トーフ、ゴボウ、人参、大根、サツマ揚)
夕 丼飯、春巻(一本)、さや隠元、ツナ炒、八宝菜(風)汁

18/木
朝 丼飯、鰹フレーク缶、ふりかけ、味噌汁(白菜、トーフ、玉ネギ)
昼 丼飯、ハンバーグ、南瓜甘辛煮、マカロニケチャップ煮
夕 丼飯、モツ味噌煮込、味付けモズク、キザミ昆布炒、ドリンク(ミルクイチゴ)

19/金
朝 丼飯、ミニ納豆、味付のり、味噌汁(大根、ホウレン草、麩)
昼 丼飯、塩鯖焼き、煮物(唐揚、人参、コンニャク、ゴボウ)、味噌汁(サツマ芋、油揚、長ネギ)
夕 ビビンバ、野菜炒、つけうどん、ドリンク(ミルクコーヒー)

20/土
朝 丼飯、のり佃煮、わさび漬、味噌汁(さや隠元、茄子、油揚)
昼 コッペパン、煮豆、チーズ、チョコレートジャム、シチュー
夕 丼飯、桜でんぶ、イカ野菜炒、豚汁風、バナナ

21/日
朝 丼飯、エノキ茸漬、ふりかけ、味噌汁(キャベツ、長ネギ)
昼 丼飯、昆布佃煮、里芋味噌煮、ワカメスープ
夕 丼飯、アサリシイタケ佃煮、茄子味噌煮、とき玉子汁

22/月
朝 丼飯、のり佃煮、鰹フレーク缶、味噌汁(ジャガ芋、玉ネギ、麩)
昼 丼飯、コロッケ、キャベツ、ハム炒、白滝スープ
夕 丼飯、ザンサイ、煮物(サヤ隠元、豚肉、コンニャク、人参、大根)、山菜そば、ドリンク(牛乳)

トップに戻る

|

« 第138回 ロス疑惑・三浦元社長自殺 | トップページ | 比嘉氏への手紙10/3 »

コメント

私としては、少し味気ないメニューですね…。しかし、文句は言ってられませんね。亡くなった方々は、それさえも、口にすることができないのです。ただ、彼も私たちと同じ生きた人間です。甘いものが欲しい時もあるでしょう。冷たいものが飲みたい時もあるでしょう。その時は、被害者の方々を思い出して下さい。彼らは、甘いものより、冷たい飲み物より、今あなたが呼吸をし生きているように、ただただ生きていたかったはずです。

投稿: A・M | 2010年6月 3日 (木) 23時36分

毎週献立表の記事を載せて!一番面白い!

投稿: | 2009年5月 8日 (金) 00時48分

病院に行きたくても行けない人もいる。死刑囚は病気になれば国民の税金で入院もできる。変な世の中ですね・・

投稿: | 2008年11月20日 (木) 23時03分

生活保護も受けられずに、餓死している罪もない人がいる。人を殺した挙句三食食べれるひともいる。

何か違ってますね・・・

投稿: | 2008年11月20日 (木) 10時14分

殺人等犯罪を憎みますが、天国でもない我々の社会では、殺人を犯す人間が出るのは古今東西の歴史で、ある程度の刑務所のコストは社会の負担するコストだと考えます。死刑囚以外の囚人は労働しています。

投稿: ヤン・ウインリー | 2008年11月11日 (火) 20時04分

一人当たり、100万はかかってるのでは、100万円×100人は、1億円は、かかってるかもしれないですね。

投稿: | 2008年11月10日 (月) 04時58分

法律上、死刑囚は執行まで心身ともに安定にさせなければならないとある以上、やむえない対応だろう。小田島には死刑囚の生活を執行まで伝えてもらい、死刑囚とは?死刑とは?を考える機会を作ってほしい。被害者への冥福ももちろんのこと小田島のような矯正ができず獣の道に入ってしまったらどうなるかを伝えてもらし、一人でも犯罪に手を染めないよう間接的だがやってほしい。
とはいっても、このブログにコメントは本人に届かないんですよね・・・

投稿: | 2008年11月 8日 (土) 09時53分

この人が食べてる物も全て、税金。消費税上げる前に、なんとかしてほしい。せめて自分の食費くらいは働いて欲しい。

投稿: まんまんちゃん | 2008年11月 7日 (金) 21時21分

どのblogでもそうだが、その日のご飯を書き始めたらもうネタ切れの証。
せめて食べていられる事への些細な感謝の言葉でも書いてりゃ可愛いげもあったのに。
最近は被害者への言葉もほとんど聞けないし、もう反省し尽くしたんだろう。

そろそろどうだ、法務省さん。

投稿: | 2008年11月 7日 (金) 12時46分

1日、食事が計算され何品目もの食材で献立を作られている。私達が年間、税金を払い、食事を切り詰めて暮らし寝不足になりながら、働いているというのに、でも、それでも拘禁生活よりは、幸せだと思います。

投稿: | 2008年11月 7日 (金) 05時32分

狭い独房の中で過ごす日の繰り返し。 食事は数少ない楽しみの対象なのでしょうか。献立表があらかじめ配布されるのでしょうか。
淡々と過ぎていく日々、生きていくための毎日の糧を見つめながら、彼は何を感じているのでしょうか。

投稿: きよし | 2008年11月 6日 (木) 18時34分

この食事を続ければかなり健康になるだろう。死刑囚一人に対して年間いくら税金がかかるのだろうか。

投稿: ジャスト | 2008年11月 6日 (木) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/25080315

この記事へのトラックバック一覧です: 第139回 獄中献立:

« 第138回 ロス疑惑・三浦元社長自殺 | トップページ | 比嘉氏への手紙10/3 »