« 第139回 獄中献立 | トップページ | 第140回 追伸・「異次元の刻印」ついて »

2008年11月 7日 (金)

比嘉氏への手紙10/3

拝復
お手紙、本とお金の郵送差入、本当にありがとうございました。

9/30(火)にお金の郵送差入の告知を受け、10/1(水)に本二冊(異次元の刻印)と手紙(書留と本に同封の)を受け取りました。

本は一度目を通してから精読するつもりで早速読み始め、上巻を読んでみての感触は広告の文章から私が漠然と期待していた内容とは違う指向のものでした。

昨夜から下巻を読み始めたところですが著者の推論に、益々興味を刺激されてこの手紙を書いた後、多分、今夜一気に読み終わりそうです。そのごに少し日数をかけて熟読しますので、その時に感想を書きたいと思っています。
(官本の「聖書入門」小塩力著 岩波新書を継続(貸与期間は1週間)して借りて、「聖書」を読んでいますが「異次元の刻印」には、聖書に関心がます内容もあります)

「秋分の日」のあと、急に涼しくなりましたが、この中も、夏期処遇として週3回だった入浴が、9/29(月)から週2回(月・木)に変更され、団扇のひきあげ等、夏の処遇が終了しました。(これでもう今生では暑い季を迎えることはないはずです)
9/30(火)、朝起床して1時間位、ランニング姿で坐っていましたが、鳥肌が立ちクシャミが出始め、長袖Tシャツを着ました。ついでに、長袖肌着上下、スエット上・下など、冬に向かう用意を終えました。

施設の生活では、5月と10月が、寒くもなく、暑くもない、最もすごしやすく、ホッとする期間です。

10/2に比からサイラの手紙が届きました。
(比で9/24(速達)発信。9/28到着。サイラの弟・エントイ、妹のマリカル・アレーの手紙が同封でした。サイラ以外の手紙は9/30付で、不許可、の告知をされ、サイラの手紙のみ受け取りました。)

英文なので、3/金朝に官本の英和辞典を「貸与願」出しました。6/月には手元に届くと思いますので、辞典片手に読むのを楽しみにしています。

3/金のうちに領置廻しの「領収証」が手元に届きませんでした。6/月の午前には届くと思いますので届き次第、記名し午後からでも発信いたします。

この度は、本当にありがとうございました。
次便は翌週の連休明けの14/火発信予定しています。

ご多忙な毎日のことと思いますが、呉々もお体にはお気をつけ下さい。
本当に毎月、お世話に相成りましてありがとうございます。
では又、書きます。

2008.10.3(金)16:00Pm
小田島鐵男 拝

比嘉健二 様

Ps.領収証の返送が遅れまして誠に申し訳ありません。
9/30、書留に同封されて到着し、領置係を経由で6/月の午前中には手元に届き、午後に発信できると思い、待っていましたが、今朝(9/木)迄に届かず、問い合わせを頼みました。
何でこんなに日数がかかるのか?以前に比べ月日を経るごとに、種々な手続きが遅くなってきている様に感じます。(死刑確定者に限ったことなのか、と思ったりしています)
やっと、先ほど、手元に届きましたので記名し、発信いたします。ありがとうございました。

2008.10.9 Am.11:00

トップに戻る

|

« 第139回 獄中献立 | トップページ | 第140回 追伸・「異次元の刻印」ついて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/25122774

この記事へのトラックバック一覧です: 比嘉氏への手紙10/3:

« 第139回 獄中献立 | トップページ | 第140回 追伸・「異次元の刻印」ついて »