« 第132回 夏期処遇の終り | トップページ | 第133回 冬支度 »

2008年10月29日 (水)

2女児殺害・久間死刑囚ら2人の刑執行…森法相就任後初

死刑関連ニュース
10月28日11時27分配信 読売新聞

法務省は28日、女児2人を殺害したとして殺人罪などに問われ、死刑が確定した久間三千年(くまみちとし)死刑囚(70)ら2人の刑を、同日午前に福岡拘置所と仙台拘置支所で執行したと発表した。
死刑執行は、9月11日に3人が執行されて以来で、今年に入って計15人。森法相の就任後は初めてとなる。同省によると、この日の執行で死刑確定者は103人から101人になった。

死刑が執行されたのは、久間死刑囚(福岡拘置所)のほか、強盗殺人罪が確定した高塩正裕死刑囚(55)(仙台拘置支所)。久間死刑囚は1992年2月、福岡県飯塚市の小学1年の女児2人(いずれも当時7歳)を車で連れ去り、殺害して山中に遺棄した。公判では無罪を主張したが、DNA鑑定の結果などから1、2審とも死刑となり、最高裁で06年10月に確定した。

高塩死刑囚は2004年3月、福島県いわき市内の民家に押し入り、母娘2人(当時83歳、55歳)を殺害して現金約5万円を奪った。1審は「殺害の計画性は認められない」として無期懲役を言い渡したが、2審は計画性を認めて死刑とし、06年12月に高塩死刑囚が上告を取り下げて確定した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081028-00000018-yom-soci

トップに戻る

|

« 第132回 夏期処遇の終り | トップページ | 第133回 冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/24846747

この記事へのトラックバック一覧です: 2女児殺害・久間死刑囚ら2人の刑執行…森法相就任後初:

« 第132回 夏期処遇の終り | トップページ | 第133回 冬支度 »