« 第129回 部屋替え | トップページ | 第131回 受刑者運動会(私は無関係) »

2008年10月26日 (日)

第130回 祥月命日、一日写経

9/24.水.晴

今度の部屋は東向きで、外壁の曇ガラス越しに朝陽が入る。起床(7時)の1時間位前から寝顔に陽が射し、眩しくて目が覚めた。室内が明るいと(9時頃まで陽が入る)埃が気になり、洗面後、拭き掃除をして汗だくになった。息切れがおさまってから、
今日は、目黒歯科医事件被害者の祥月命日なので、般若心経を唱えてから、一日、写経をして終えた。

トップに戻る

|

« 第129回 部屋替え | トップページ | 第131回 受刑者運動会(私は無関係) »

コメント

見物してるだけのくせに。何もしてないじゃん。何が見守るだ。きれいごと書くな。

投稿: | 2010年8月26日 (木) 15時14分

1日写経ですか。被害者に対する彼の気持ちを少しでも知る事ができたようで、嬉しいようなホッとしたような気持ちになりました。これからも、日々努力を重ねて立派な人間に立ち返ってください。見守っています。

投稿: A・M | 2010年6月 3日 (木) 13時33分

写経も読書も手紙も家族のことや色々考えるのも、すべては、持て余した時間を使う
『暇つぶし』
だと感じるのですが…。
一般人の通常の生活では得られない時間(余命ではなく、日々の時間)が、彼にはたくさんありすぎる。
ニートかpaperimpact

投稿: | 2008年12月21日 (日) 04時57分

教戒師から宗教を教わって改心して死刑後は極楽浄土。でも死刑執行員は地獄に堕ちかねない。

投稿: | 2008年10月28日 (火) 12時25分

形だけの写経でしょ。
真の反省心は、ないと思います。

投稿: | 2008年10月28日 (火) 12時04分

写経していたのですか。言葉にだせなくてもなんらかの反省はしていることはわかりました。小田島には「モリのアサガオ」という漫画をみてほしいと思います。

投稿: | 2008年10月28日 (火) 00時18分

形だけでも遺族の冥福を祈る姿に彼の良心をわずかですが感じました。

投稿: 土建屋40才 | 2008年10月27日 (月) 16時48分

最近必ず拝見させてもらっている者です。女性です。色々な事件に興味がありこれに最後はあたりました。小田島さんのこと知らないのでさんづけで書きます。彼が執行されるまでしていただけるんですか?多分このコメントを彼が見る事なないと思いますが。私は色々考えますが死刑賛成なのです。死刑を目の当たりにしないと変われない人間も居るからです。

投稿: | 2008年10月26日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/24764747

この記事へのトラックバック一覧です: 第130回 祥月命日、一日写経:

« 第129回 部屋替え | トップページ | 第131回 受刑者運動会(私は無関係) »