« 第126回 秋の陽射し | トップページ | <刃物男><続報>警察による暴行はあったのか?拙速な死刑判決に不満の声―上海市 »

2008年10月23日 (木)

第127回 「異次元の刻印」

9/19.金.曇

先日、新聞で、本の広告"人類史の裂け目、あるいは宗教の起源。500万年もの人類進化の過程で、約4万年前、突然、人類は前例のない驚異的な進化へと足を踏み出す。ミリオンセラー「神々の指紋」の著者が考古学最大の謎に迫る"を見て興味をもち、この本「異次元の刻印」ブラハム・ハンコック著、を是非読んでみたいと思い、H氏に、購入代金を「宅下の手続き」して、差入をお願いしたが、今日午後に面会に来て下さったが「宅下」を受取らず、自費で本を郵送差入して下さる由。誠に申訳がなく恐縮の至り。

トップに戻る

|

« 第126回 秋の陽射し | トップページ | <刃物男><続報>警察による暴行はあったのか?拙速な死刑判決に不満の声―上海市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/24697397

この記事へのトラックバック一覧です: 第127回 「異次元の刻印」:

« 第126回 秋の陽射し | トップページ | <刃物男><続報>警察による暴行はあったのか?拙速な死刑判決に不満の声―上海市 »